*

愛犬の涙やけの対処法は?

公開日: : 犬のケア


1

長毛の犬や毛の色が薄い犬

特に白い毛並みの犬を悩ませているのが

涙やけですね(^^;

 

 

 

涙やけによって

目の周りが赤茶っぽくなってしまうと

可愛いお顔がもったいないですよね(>_<)

 

 

 

そもそも涙やけというのは

涙が過剰に出ることで

涙の成分で目の周りの被毛が変色してしまうこと。

涙やけによって変色してしまうと

お手入れはとても大変です・・・

 

 

 

では、なぜ涙やけになるのか?

というか、過剰に涙が出てしまうのかというと、

その原因は色々あります。

その原因によって対処法も変わってくるので

今回は代表的なものをいくつかご紹介します!

 

 

 

まず、逆さまつげ長い被毛によって

目を刺激してしまっている場合。

 

 

 

逆さまつげの場合は、

病院へ行って獣医さんに診てもらいましょう。

これはまぶたが内側に巻き込んでしまう病気で、

生まれつきの場合や

目の病気が原因で起こることが多いです。

毛が長くて目に入ってる場合は

トリマーさんに目に入らないようカットしてもらってください♪

 

 

 

次に、涙が通る鼻涙管

狭いなどの理由で詰まりやすい場合。

 

 

 

運動不足ストレスなどが原因で

鼻涙管が詰まりやすくなることがあります。

愛犬の生活環境を見直し

ストレスがなるべくかからない環境を目指しましょう。

 

 

 

運動不足はストレスの原因になるだけでなく、

犬の代謝も悪くなります。

すると体液の循環が悪くなり

体に老廃物が溜まりやすくなってしまいます…

すると涙がベタっとしやすくなり、

鼻涙管を通りにくくなるため、

涙やけが起こりやすくなるのです。

 

 

 

そして、フードやおやつなど

食べている物の成分が体に合わない場合。

 

 

 

鼻涙管が詰まりやすくなるのは、

分解できなかったタンパク質老廃物のせいで

涙がサラサラと水っぽいのではなく、

ベタっと脂っぽくなるため。

そのため、添加物のない食事を意識することが大切です♪

 

 

 

▼アボカドを主成分にしたプレミアムフード「アボダーム」▼

avoderm

消化吸収に優れていて、皮膚被毛トラブルや涙やけの軽減に良いと評判のフード♪

 

 

 

 

 

また、アレルギーを持つ犬の場合、

アレルギーで炎症が起きて

涙が大量に出てしまい、

涙やけを起こすこともあります。

 

 

 

涙やけ予防には

愛犬の食事の見直しはとても大切!

 

 

 

涙やけをしやすい犬種の場合は、

おやつにジャーキーは避けるのがおススメ。

実は乾燥したお肉のタンパク質は

無添加でナチュラルなものであっても

消化しにくいので涙やけになりやすいのです・・・

 

 

 

その他に

糖分が高いもの高カロリーのものも

涙やけになりやすいので気を付けましょう!

涙やけ予防としておすすめなのは

低タンパク質低脂肪低カロリーの食材です!

 

 

 

また、酸化した食材も涙やけになりやすいです。

ドライフードは日持ちしますが、

開封後は酸素に触れることでどんどん酸化してしまいます。

小分けになっているフードを選んだり、

なるべく大量のフードを長期間与えるのではなく、

少量のフードを短期間で与え切った方が

酸化しにくくおすすめです。

大袋を買った場合は小分けにして

密封された袋で保存するなどすると酸化しにくくなります!

 

 

 

そして、食事内容だけでなく、

いらないタンパク質や老廃物などの代謝を促すためにも

水分補給をしっかり意識しましょう!

 

 

 

「涙やけって毛の色が変わるだけでしょ?気にしない!」

という方もいらっしゃるかもしれませんが笑

実は涙やけはそのままにしておくと

雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなります・・・

これは最悪、感染症の原因にもなってしまうので、

ちゃんとケアをして

愛犬の目の周りを清潔にすることが大切です!

 

 

 

目の周りのケアは

涙やけ用のローションや

目のケアローションを使って

コットンやガーゼで優しくふき取ってあげます♪

 

 

 

▼100%天然成分の洗浄液▼

0000000020132000000002013_1_thumb

愛犬の目の周りの汚れを洗い流して涙やけ・ドライアイ予防♪

 

 

 

▼100%オーガニックコットンシート▼

0000000020122

目や口などデリケートな部分のふき取りケアにおすすめ☆

 

 

 

 

目の周りはデリケートな部分ですし

嫌がる犬も多いですが

飼い主の緊張は愛犬にも伝わってしまうので、

まずは飼い主さんがリラックス

優しく顔を固定して

そっとふき取ってあげましょう!

ちゃんと拭かせてくれたら

たっぷり褒めてあげてくださいね♪♪

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬がいつまでも可愛くキラキラな瞳でいられるように

ぜひ目のチェックとケアをしてあげてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼目のケアアイテムも充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

2685abe16c772b67d0dc86e8baa60480_s

高齢犬・老犬のストレス事情

        &n

記事を読む

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

犬が雷を怖がる時は?

      雷を怖がる犬は実は多いです。

記事を読む

d0cf303986eca3850a350e384b21d12a_s

犬も紫外線で被毛が傷む??

      女性なら分かると思いますが、

記事を読む

P1050126

愛犬のブラッシングとブラシの種類

  私たちも身だしなみを毎日整えるように 犬も毎日ブラッシングをします

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

1d548e8d21d73f613341061bb9dcc90b_s

冬の犬のしもやけにご注意を!

  寒い季節になると 悩まされる「しもやけ」… 実は犬も

記事を読む

6620ff719af3d45190fbb573d2fdf815_s

春に気を付けたい犬にストレスがかかる特徴

  地域によっては とっても暖かくなってきましたね。 むしろすで

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>