*

愛犬の涙やけの対処法は?

公開日: : 犬のケア


1

長毛の犬や毛の色が薄い犬

特に白い毛並みの犬を悩ませているのが

涙やけですね(^^;

 

 

 

涙やけによって

目の周りが赤茶っぽくなってしまうと

可愛いお顔がもったいないですよね(>_<)

 

 

 

そもそも涙やけというのは

涙が過剰に出ることで

涙の成分で目の周りの被毛が変色してしまうこと。

涙やけによって変色してしまうと

お手入れはとても大変です・・・

 

 

 

では、なぜ涙やけになるのか?

というか、過剰に涙が出てしまうのかというと、

その原因は色々あります。

その原因によって対処法も変わってくるので

今回は代表的なものをいくつかご紹介します!

 

 

 

まず、逆さまつげ長い被毛によって

目を刺激してしまっている場合。

 

 

 

逆さまつげの場合は、

病院へ行って獣医さんに診てもらいましょう。

これはまぶたが内側に巻き込んでしまう病気で、

生まれつきの場合や

目の病気が原因で起こることが多いです。

毛が長くて目に入ってる場合は

トリマーさんに目に入らないようカットしてもらってください♪

 

 

 

次に、涙が通る鼻涙管

狭いなどの理由で詰まりやすい場合。

 

 

 

運動不足ストレスなどが原因で

鼻涙管が詰まりやすくなることがあります。

愛犬の生活環境を見直し

ストレスがなるべくかからない環境を目指しましょう。

 

 

 

運動不足はストレスの原因になるだけでなく、

犬の代謝も悪くなります。

すると体液の循環が悪くなり

体に老廃物が溜まりやすくなってしまいます…

すると涙がベタっとしやすくなり、

鼻涙管を通りにくくなるため、

涙やけが起こりやすくなるのです。

 

 

 

そして、フードやおやつなど

食べている物の成分が体に合わない場合。

 

 

 

鼻涙管が詰まりやすくなるのは、

分解できなかったタンパク質老廃物のせいで

涙がサラサラと水っぽいのではなく、

ベタっと脂っぽくなるため。

そのため、添加物のない食事を意識することが大切です♪

 

 

 

▼アボカドを主成分にしたプレミアムフード「アボダーム」▼

avoderm

消化吸収に優れていて、皮膚被毛トラブルや涙やけの軽減に良いと評判のフード♪

 

 

 

 

 

また、アレルギーを持つ犬の場合、

アレルギーで炎症が起きて

涙が大量に出てしまい、

涙やけを起こすこともあります。

 

 

 

涙やけ予防には

愛犬の食事の見直しはとても大切!

 

 

 

涙やけをしやすい犬種の場合は、

おやつにジャーキーは避けるのがおススメ。

実は乾燥したお肉のタンパク質は

無添加でナチュラルなものであっても

消化しにくいので涙やけになりやすいのです・・・

 

 

 

その他に

糖分が高いもの高カロリーのものも

涙やけになりやすいので気を付けましょう!

涙やけ予防としておすすめなのは

低タンパク質低脂肪低カロリーの食材です!

 

 

 

また、酸化した食材も涙やけになりやすいです。

ドライフードは日持ちしますが、

開封後は酸素に触れることでどんどん酸化してしまいます。

小分けになっているフードを選んだり、

なるべく大量のフードを長期間与えるのではなく、

少量のフードを短期間で与え切った方が

酸化しにくくおすすめです。

大袋を買った場合は小分けにして

密封された袋で保存するなどすると酸化しにくくなります!

 

 

 

そして、食事内容だけでなく、

いらないタンパク質や老廃物などの代謝を促すためにも

水分補給をしっかり意識しましょう!

 

 

 

「涙やけって毛の色が変わるだけでしょ?気にしない!」

という方もいらっしゃるかもしれませんが笑

実は涙やけはそのままにしておくと

雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなります・・・

これは最悪、感染症の原因にもなってしまうので、

ちゃんとケアをして

愛犬の目の周りを清潔にすることが大切です!

 

 

 

目の周りのケアは

涙やけ用のローションや

目のケアローションを使って

コットンやガーゼで優しくふき取ってあげます♪

 

 

 

▼100%天然成分の洗浄液▼

0000000020132000000002013_1_thumb

愛犬の目の周りの汚れを洗い流して涙やけ・ドライアイ予防♪

 

 

 

▼100%オーガニックコットンシート▼

0000000020122

目や口などデリケートな部分のふき取りケアにおすすめ☆

 

 

 

 

目の周りはデリケートな部分ですし

嫌がる犬も多いですが

飼い主の緊張は愛犬にも伝わってしまうので、

まずは飼い主さんがリラックス

優しく顔を固定して

そっとふき取ってあげましょう!

ちゃんと拭かせてくれたら

たっぷり褒めてあげてくださいね♪♪

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬がいつまでも可愛くキラキラな瞳でいられるように

ぜひ目のチェックとケアをしてあげてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼目のケアアイテムも充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

1d548e8d21d73f613341061bb9dcc90b_s

冬の犬のしもやけにご注意を!

  寒い季節になると 悩まされる「しもやけ」… 実は犬も

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

inu11

夏の湿気と愛犬の耳掃除

  これから夏本番になるにつれて 日本の気候は高温多湿になりますね(^

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

fc61c11390544cbd69b4e21d6a30e505_s

犬の結膜炎とちょっとした目のお話。

    嗅覚や聴覚が私たちよりも良いとされる犬ですが

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬にも温泉の効果?

  GWはみなさんどこかお出かけしましたか? 日々の疲れを癒しに温泉に

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬のニオイは健康パロメーター!

      夏は冷房を使用したりするので

記事を読む

sigone_02

歯周病とデンタルケア

  昨日は口臭についてのお話をしました。 その中で 犬の口臭の原

記事を読む

DSC_0124

愛犬にも虫よけ対策を

  あたたかくなると 虫もたくさん出現してきますね・・・ 犬はど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>