*

犬の爪切りどうやるの?

公開日: : 犬のケア


95da6d07c834b654942524cfdcbc5de1_s
気付いたら爪が伸びてる…

それは人と同じく

犬にも言えることです。

 

 

 

犬がフローリングを歩く音が

カチャカチャと聞こえ始めたら

爪が伸びてる可能性が高いです。

 

 

 

爪はすぐのびるので

できればこまめにカットしてあげたいところです。

家で愛犬の爪切りができるならしたい…

そう思ってる方も多いと思いますが、

愛犬の爪切りは怖い!

という飼い主さんも多いと思います。

 

 

 

もちろん無理にやる必要はありません。

愛犬がじっとしてないタイプで

爪切りが難しい場合なんかは特に

無理せず獣医師やトリマーさんにお願いしてしまいましょう!

 

 

 

なぜこまめに爪切りが必要になる犬がいるのかというと

実は昔に比べて

外を歩くことが少ない犬が増えたからです。

 

 

 

外を歩くことで

自然と爪が削れて

伸びる速度が遅くなる一方で

お散歩の時間が短かったり

老犬になって散歩時間が短くなった犬は

どうしても爪が伸びやすくなります。

 

 

 

爪が伸びすぎると

ずっとまっすぐ伸び続けるのではなく

丸く肉球側に巻き込んで伸びていくため

いずれ肉球に刺さってしまう危険性があります。

 

 

 

また、

犬の爪は人と違い、

爪が伸びるのと一緒に

血管や神経も伸びていきます。

 

 

 

そのため、伸びすぎてから短く爪を切ると

血管や神経も切ってしまうことになるので

ちょっと切っても出血をしたり

犬が痛がるようになるのです。

 

 

 

神経や血管が伸びてしまったら

もう無理やり1度血管や神経ごと切ってしまうしか

爪を短くする方法はありません。

愛犬に痛い思いをさせないためにも

こまめに爪の長さをチェックして

爪切りをすることが大切です。

 

 

 

では、犬の爪切りのタイミングは

どのくらい伸びたら切ったほうがいいのでしょうか?

 

 

 

目安としては

爪が地面より飛び出したくらいのタイミングがおすすめ。

常に爪が地面につくかつかないかという長さにしておくのがベスト!

地面を歩く音に爪の音が混じったら

そろそろ爪が長くなってきたと思ったほうがいいかもしれません。

 

 

 

もちろん個体差はあると思いますが、

小型犬は1ヶ月に1度くらいのペースが

大体爪が伸びてくる期間なのでおすすめ。

大型犬は小型犬より伸びが遅いと言われているので

様子を見ながら爪を切ってあげましょう。

 

 

 

それでは

自宅で爪を切る場合の方法をご紹介します。

 

 

 

必要なものは

【爪切り】【止血剤】

そして

「勇気」が大事!!!!笑

 

▼爪切り(ギロチンタイプ)やすり付き▼

0000000011372

深爪しにくいギロチンタイプの犬用爪切り

 

▼爪切り(ハサミタイプ)やすり付き▼

pgpca124c1

力が入れやすいハサミタイプの犬用爪切り

 

▼切った後の爪先のケアに!電動ネイルヤスリ▼

0000000011402

ダイヤモンドコートのヤスリで少しずつ磨ける!

爪切りが苦手な犬でも安心です☆

 

 

 

爪を切る時は

爪の付け根を親指と人差指でしっかり抑え、固定しましょう。

こうすることで万が一出血しても

出血量を抑えることもできるので一石二鳥です。

 

 

 

犬の爪には

白色と黒色の2タイプがあります。

 

 

 

白い爪の犬の場合は

血管が透けて見えやすいため

それを切らないように少しずつ爪を切っていきましょう。

 

黒い爪の犬の場合は

血管が見えないので

少しずつ角を落とすように切って短くしていきましょう。

血管までの目安としては

爪の断面の中心に白い芯が見えたらストップ!

 

 

 

爪を切るときはそーっと切ると

犬が動いて逆に危ないので

切る位置を決めたら勇気を持って

パチンと切ってしまったほうが安心です。

 

 

 

もし出血してしまった場合は

止血剤を適量指にとり、

犬の爪に5秒ほど押し当ててあげると

止血することができます。

 

 

 

とはいえ

ジッとしていられない犬や

足先に触れられるのを嫌がる犬の場合は

爪切りは危険なので

プロにまかせてしまったほうが安心ですね。

 

 

 

よかったら参考に爪切りチャレンジしてみてください!

本日もおつきあいいただきありがとうございました!

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

d980e717caf0377534822f7eabedb1e3_s

老犬のおむつ活用法!

    老犬になると介護が必要な犬が増えてきます。 ま

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_m

犬も虫歯になるの??

  食後は歯みがき! 怠れば虫歯になる… というのは私たちの中で

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬に負担のかからないシャンプーの仕方

  まだまだ寒い日が続いていますね。 しかし寒いからといって シ

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

犬が雷を怖がる時は?

      雷を怖がる犬は実は多いです。

記事を読む

454bd41e7c5bfde08a9828520e067c8c_s

犬が地面にお尻を擦りつけるのは何故?

      愛犬が何やらゴソゴソ・・・

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>