*

愛犬のブラッシングとブラシの種類

公開日: : 犬のケア


P1050126

 

私たちも身だしなみを毎日整えるように

犬も毎日ブラッシングをしますよね♪

しかし犬のブラッシングの場合

綺麗な被毛を保つという目的の他にも

色々な効果があり、

それはとっても重要なことなのです!

 

 

まず、ブラッシングは

マッサージ効果も期待できるので、

血行がよくなります(*^^*)

これは健康の上では大切なことですし

寒い季節は体温をあげる助けにもなりますね!

 

そしてブラッシングは愛犬とのコミュニケーションの1つにもなり

愛犬との絆を深めるのにとても大切なことなのです♪

ブラッシングってどうしても全身を触りますよね?

愛犬が全身を触らせてくれること

飼い主に体をあずけてくれること

これらは信頼の証にもなりますし

全身を触れるようになると

病院やサロンなどあらゆるところでの対応の際に

犬に負担やストレスがかかりにくくなるので

とても大切なことなのです!

 

 

慣れない内は急に全身をブラッシングしようとせずに

少しずつ愛犬の負担にならないように

数日に分けて全身をブラシするイメージでもOK!

飼い主さんがリラックスして

愛犬に緊張が伝わらないようにするのもコツですね(*^^*)

またブラッシングしている最中は優しく声掛けをして

褒めてあげるとなおGOOD!

大人しくできたらご褒美をあげるなどして

ブラッシングを好きになるように工夫してみましょう♪

 

 

さて、それでは肝心のブラッシング方法!

…に入る前にブラシの種類の説明を☆

犬の毛の長さや質、ブラッシングをする部分によって

適切なブラシがあるので参考にしてみてください。

 

○スリッカーブラシ

pgpca103c1

毛のもつれや毛玉、抜け毛(死毛)、ホコリやフケなどのゴミを取り除く、

一般的なブラシです。

ピンが硬いもの(ハード)と柔らかいもの(ソフト)がありますが、

もつれた毛を梳くには硬いタイプがオススメですが、

日常のお手入れでは柔らかい方を使ったほうが皮膚にやさしいです。

櫛のようにガシガシと梳いてしまう方が多いですが

それだと人より弱い皮膚を持つ犬には強すぎます^^;

皮膚はこすらないように、被毛だけを梳いてあげましょう

 

○ピンブラシ

pgpca110c1

毛先が丸くなっているブラシ。

被毛や皮膚を傷つけにくいのが嬉しいポイントですね。

これは主に毛の長い犬で使用し、

用途はスリッカーブラシと同様に被毛のもつれや死毛・ゴミの除去に使います。

 

○コーム

pgpca128c1

ブラッシングの仕上げに使用するブラシ。

基本的には毛の長い犬種で使用します。

 

○ラバーブラシ

pgpca108c1

梳かす部分がゴム製のブラシです。

抜け毛を絡めとって除去することができます。

短毛の犬種の死毛処理にオススメです。

また、マッサージ効果もあります

 

○獣毛ブラシ

pgpca116c1

イノシシや豚の毛でできているものが多いブラシです。

短毛の犬種の抜け毛を取り除いたり

マッサージ効果も期待できます。

また毛に艶を出すのにもオススメです。

 

 

こうやってみると色んな種類のブラシがありますね!

愛犬には一体どれを使えばいいのか…

と、悩む方も多いと思います^^;

 

目安としては

長毛の犬種の場合は「スリッカー」「ピンブラシ」「コーム」

短毛の犬種の場合は「スリッカー」「獣毛ブラシ」

超短毛の犬種の場合は「獣毛ブラシ」「ラバーブラシ」

これらを使ってあげるのがオススメですよ(*^^*)

 

 

さて、それでは肝心のブラッシング方法です!

 

もちろんこのブラッシング方法も

犬種によって少しずつ変わりますね。

パグやピンシャーなどの超短毛の犬と

プードルやヨークシャテリアのような長毛の犬が

同じブラッシング方法なわけありません^^;

 

まずは超短毛の犬種の場合。

毛は抜けますがお手入れは簡単♪

毛玉なんてできないので

死毛を取り除くのが主です。

だからラバーブラシで抜け毛やゴミを落とし

最後に獣毛ブラシで艶を出してあげましょう♪

 

 

続いてコーギーなど多少毛の長さはあるけど短毛の犬種の場合

スリッカーもしくはピンブラシで死毛を除去したり

もつれた毛をやさしくほぐしていきます。

最後にコームで梳かしてチェックして完成です♪

 

最後に長毛の犬種の場合。

この犬たちが一番大変でブラッシングがとても重要!

まずスリッカーやピンブラシで梳かします。

毛が長い分根本が梳かしにくいので

毛を持ち上げてしっかりとほぐしてくださいね。

最後にコームで整えて完成です。

 

長毛の犬種はもつれどころか

毛玉がとてもできやすいです。

ワキや耳の付け根などはとくにできやすいので

日々のブラッシングを丁寧にやって予防をしましょう。

 

毛玉ができた場合は

コームやスリッカーを使って

優しく丁寧にほぐしていきましょう。

無理にやると犬が痛がってブラッシング嫌いになるので

ゆっくり少しずつ行うことが大切です。

 

毛玉が大きくなってカッチリ固まり

フェルトのようになってしまったら…

もうこれは素人には対応できません^^;

犬の皮膚を傷つけないよう細心の注意をはらいながらカットしてしまうか、

もしくはサロンでプロにお任せしましょう!

 

毛玉は汚れがたまりやすいうえに

濡れた場合はその部分が乾きにくくなり

皮膚炎や皮膚病の原因となりやすくなってしまいます。

 

毛玉ができないようにするためにも

とくに毛の長い犬は毎日のブラッシングを丁寧に行い

綺麗な被毛をキープしてあげてくださいね!

 

▼色々なブラシも揃えています!ペット用品サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

夏のダメージに気を付けたい、犬の肉球

    犬の肉球って 何とも言えない気持ちよさですよね♪

記事を読む

6620ff719af3d45190fbb573d2fdf815_s

春に気を付けたい犬にストレスがかかる特徴

  地域によっては とっても暖かくなってきましたね。 むしろすで

記事を読む

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

犬の肉球も乾燥ダメージを受ける?!

    冬は乾燥の季節ですね。 女性はハンドクリームが

記事を読む

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

14e1b69251b5cb7c3de2ac8259b1ca29_s

犬とフケ

愛犬の被毛に白い粉のようなものが… それはフケの可能性があります。 そう、犬も人

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬の外耳炎は繰り返しやすい!

皮膚疾患と同じく 犬がかかりやすい病気の1つである外耳炎。 発症件数が多く、

記事を読む

d0cf303986eca3850a350e384b21d12a_s

犬も紫外線で被毛が傷む??

      女性なら分かると思いますが、

記事を読む

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s

犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。 そんな犬との外出手段として

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>