*

愛犬のクールビズ??夏のための換毛期!

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬のケア


d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s

 

暑くなってくると世間で言われる「クールビズ」

犬たちは毛皮を年中まとっているわけですから

暑さはもしかしたら私たち以上に感じているかもしれませんね(^_^;)

 

そこで!愛犬にもクールビズを(笑)

というか、犬のクールビズと言ってもいいのが「換毛」です。

夏に向けて愛犬の抜け毛が多くなる…

と思いませんか??

それは夏の暑さに向けて

犬たちも毛の衣替えを行っているのです♪

 

…と、いっても

全ての犬種が同じ被毛の構造をしているわけではありません。

それによって換毛も変わってきます。

多くの犬の毛は

皮膚を守るためのツンツンと硬い上毛(オーバーコート)と

体温調節をするフワフワと柔らかい下毛(アンダーコート)の2層になっています。

これらの呼び方はよく耳にするのではないでしょうか?

この上毛と下毛の両方を持つ犬種をダブルコートと言い、

上毛のみの犬種をシングルコートと言います。

 

実はこれから説明する【換毛】は

いわゆる気温にあわせて被毛が生え変わるので

体温調節を主とするアンダーコートの生え変わりのこと。

つまりダブルコートの犬種に起こる現象で、

シングルコートはあまり換毛は起こりません。

 

…とは言っても

シングルコートだって換毛期がないだけで、

通常の毛の生え変わりは起こります。

ただ、その抜け毛の量はダブルコートより圧倒的に少ないです。

 

 

換毛期は暑い夏と寒い冬に備えて

春や秋に起こります。

夏に向けて起こる換毛は

フワフワで保温性が高いアンダーコートがガッツリ抜けて

通気性を良くして暑さ対策を行うのです。

 

汗をかかない犬にとって

体温調節の要と言えるこの換毛期…毛のクールビズ化はとても重要です!

放っておけば自然と変わるかというと

これがすこしやっかいなところ。

 

換毛期になると古い毛…いわゆる死毛がどんどん抜けていきますが

それが周囲の毛にくっついてちゃんと抜け落ちなかったりして

犬の体にとどまっているものも多いのです。

これでは通気性も悪いままで

皮膚の衛生面でも良くありません。

 

そのため換毛期の際は特に丁寧に

ブラッシングを行ってあげる必要があります!

 

死毛をしっかり取り除くことは

換毛を促すことにもつながりますし

血行促進から被毛の清潔・健康にも繋がります!

 

また、ブラッシングとあわせて

シャンプーも抜け毛の除去に効果的。

シャンプーのしすぎはもちろん皮膚への負担が大きくなるのですが、

定期的なシャンプーで被毛をスッキリさせてあげましょう!

その際は出来る限り低刺激で保湿性の高いシャンプーを使用すると

愛犬の皮膚被毛にもいいですよ♪♪

 

 

換毛期という犬のクールビズ♪

ではより涼しくなるために

カットもサマーカットに!

という飼い主さんも多いですね(*^^*)

 

しかしサマーカットは少し注意が必要です。

確かに毛の通気性は良くなるかもしれませんが、

被毛を保護しているオーバーコートが短くなり

地肌が紫外線ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

そのため適度な長さの被毛を残す工夫や

外出の際に犬用の服を着させるなどして

直射日光が皮膚にあたらないようにしてあげてください!

 

 

また実は犬にとって暮らしやすい住環境になるとともに

換毛が起こりにくくなっているという現実も…

換毛は気温の変化に反応して起こりますが

今は室内が犬にとって快適温度に保たれているため

毛がその温度変化に気づかず

換毛が起こりにくくなっているという話もあるのです。

 

そのため、適度な外出

外の空気に触れること

陽の光にあたることなどは

犬の体に季節の変化を伝えるためにも必要ですね♪

 

老犬になってくるとなかなか外出は難しいかもしれませんが、

日向ぼっこや無理のない程度の散歩は

犬の健康のためにもとてもオススメです。

 

 

いかがでしょうか?

私たちは洋服を自由に脱ぎ着でき

しかもその素材だって変えられますが

犬はなかなかそうはいきません(^_^;)

暑い夏もその毛皮とつきあっていかなければならない…

ただでさえ体温調節が苦手な犬たちにとって

換毛は唯一体感温度を変えられる重要な手段です!!

ぜひブラッシングをこまめにして

換毛をしっかりできるようお手伝いしてあげてくださいね♪

 

▼犬のブラッシングアイテムも充実♪「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

IMG_2898

犬は飼い主の笑顔を認識できる?!

  私たちは相手が「笑ってる」って どうやって識別しているでしょう?

記事を読む

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

老犬介護の仕方

  ペットの医学も発達し、 特に犬の平均寿命はのびています。 ペ

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

1 (2)

犬も夏バテ!その症状と解消法

      犬は体温を下げるのが苦手なので

記事を読む

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

犬の肉球も乾燥ダメージを受ける?!

    冬は乾燥の季節ですね。 女性はハンドクリームが

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

老犬のアンチエイジング

  愛犬は1日1日歳をとり いずれは高齢犬となります。 私たちに

記事を読む

d980e717caf0377534822f7eabedb1e3_s

老犬のおむつ活用法!

    老犬になると介護が必要な犬が増えてきます。 ま

記事を読む

3041661343_a179411fa8_o

老犬介護の仕方~寝たきりの床ずれ予防~

  老犬になり筋力が低下していくと 最悪、自分で立つことができなくなり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る