*

愛犬の冬のシャンプーのポイント!

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 犬のケア


27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

 

だいぶ気温が下がってきたこのごろ。

愛犬のシャンプー

夏よりも自分で行う頻度って下がりませんか?

 

原因はやっぱり気温ですよね。

洗っている飼い主さんも寒いということもありますが、

やはり愛犬が湯冷めして体調を崩しやすくなります。

特に高齢犬や老犬は体力も落ちやすいこともあり

シャンプーには慎重になる方が多いと思います。

 

 

とはいえ、

シャンプーは犬の皮膚の代謝促進や

皮膚被毛を清潔にし、衛生管理をする上でも大切!

シャンプーのしすぎは犬の肌トラブルにも繋がると言われていますが

だいたい1ヶ月に1度くらいは

愛犬をシャンプーしてあげるのがオススメ。

(皮膚病など病気によってはその頻度は変わります)

 

冬のシャンプーが愛犬にとって大切な理由として

冬の防寒対策として重要なその毛のコートが

ちゃんとシャンプーしてふわっふわであると

保温効果がアップするということ♪

キレイで健康な毛並みは

冬の寒さから愛犬を守ってくれるのですね(*^^*)

 

 

さて、それではここで

少しでも愛犬に負担のかからない

高齢犬や老犬にもオススメなシャンプー方法をご紹介!

ひとつひとつの作業に

ちょっとした工夫をするだけなので

ぜひぜひ取り入れてみてください♪

 

愛犬に負担をかけないために重要なのは

何よりもシャンプーの時間を短くすること!!

これがポイントになります。

 

そのためにもまず必須なのが

愛犬のシャンプー前の事前ブラッシング!

女性は髪を洗う時を思い出していただければ分かるかと思いますが

髪が絡まっていると洗いにくいですよね?

同じく犬も、毛玉があると汚れが溜まりやすく

また汚れを落としにくいのです(>_<)

ブラッシングで前もって毛玉をほぐし

毛の奥の汚れを浮かしておくことで

シャンプーのスピードや仕上がりが格段に変わります☆

小さな一手間ですが、大事な一手間ですよ♪

 

 

次に大切なのが

シャンプー前にしっかりと毛の奥まで濡らすこと!

ささっとシャワーでお湯をかけてすぐシャンプー…

というのはNGです(^_^;)

表面をシャワーで流しても、実は中々毛の奥までは濡れないもの…

シャワーヘッドを犬の体に近付けて

毛の奥までお湯が行き渡るように意識しましょう♪

これによってシャンプーの泡立ちが良くなります!

 

 

そしてここでやっとシャンプー!

しかし現役をそのまま犬の毛に垂らして

そこから泡立てるのはオススメしません。

スポンジなどでシャンプーを泡立てて

その泡を使って優しく犬の被毛を洗ってあげてください(*^^*)

 

 

シャンプーが終わったら

またシャワーヘッドを近付けて毛の奥までしっかり洗い流し

必要な場合は続いてリンス。

こちらも被毛に行き渡らせたらしっかりと洗い流し

すすぎ残しがないよう気を付けてくださいね!

 

 

洗い終わったからといって気を抜いてはダメ!

ドライもスピードアップのポイントがいくつかあります♪

まずはタオルドライ。

ささっとタオルで拭いてドライヤー…は、NG。

ここでしっかりと水分を拭き取るのがポイント♪

吸水タオルなどを利用することで時短になりますよ(*^^*)

 

生乾きや自然乾燥は

実は皮膚トラブルの原因にもなるため

ドライヤーでしっかりと毛の奥まで乾かすのは大切!

…ただ、ドライヤーの熱は

長時間あてれば犬の皮膚被毛に負担がかかるので

できればその時間は短くしたいものです。

なので、最初のタオルドライが重要なポイントになるのですね♪

ドライヤーをかけるポイントは

まずは冷えやすい犬のお腹からするのがオススメ♪

ブラシなどを使ってしっかりと毛の奥から乾かしましょう!

 

 

いかがでしょうか?

これから寒い季節は

なかなか愛犬のシャンプーが難しい季節になりますが、

愛犬の健康のため、

そして高齢犬や老犬の体の負担を最小限にするため、

ぜひこれらのポイントを意識してみてくださいね(*^^*)

 

▼写真でわかりやすい!犬のシャンプーの仕方▼

Screenshot_1

 

▼高齢犬にオススメの低刺激シャンプーあります!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_m

犬も虫歯になるの??

  食後は歯みがき! 怠れば虫歯になる… というのは私たちの中で

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

P1050126

愛犬のブラッシングとブラシの種類

  私たちも身だしなみを毎日整えるように 犬も毎日ブラッシングをします

記事を読む

DSC_0124

愛犬にも虫よけ対策を

  あたたかくなると 虫もたくさん出現してきますね・・・ 犬はど

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬のニオイは健康パロメーター!

      夏は冷房を使用したりするので

記事を読む

d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s

愛犬のクールビズ??夏のための換毛期!

  暑くなってくると世間で言われる「クールビズ」 犬たちは毛皮を年中ま

記事を読む

35

犬のドライアイ

    人は10秒間以上目をあけていられなかったり 目

記事を読む

1

愛犬の涙やけの対処法は?

長毛の犬や毛の色が薄い犬 特に白い毛並みの犬を悩ませているのが 涙やけですね(^

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る