*

犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

公開日: : 犬の豆知識, 犬の食事


a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s

日本の食卓で大活躍する「梅干し」

実は栄養面でとても優秀!

梅干しはミネラルやカルシウム、

鉄分などを豊富に含んでいます。

 

 

 

また、クエン酸やリンゴ酸、

ビタミンEなどの抗酸化成分の効果から

梅干しには疲労回復老廃物の蓄積予防

老化防止なども期待できるのです♪

 

 

 

加えて、

梅干しにはピルビン酸という成分が含まれ、

これは肝機能アップに効果があると言われています!

 

 

 

人にとっては健康食品としても有名な梅干しですが、

犬は食べても大丈夫なものなのでしょうか?

 

 

 

気を付けたいのは

「梅干し」ではなく「生の梅」

加熱していないもの

熟成していない生の梅には

アミグダリンという成分が含まれています。

これが犬の体内で分解されると毒になってしまうのです!

 

 

68da2d87edb760b12544d670bd442be1_s

 

 

この毒によって起こる症状としては

・めまい

・頭痛

・痙攣

・呼吸困難

これらが挙げられ、

最悪の場合は死に至るケースもあるので

庭で梅を育てているなど

生の梅がある環境は

愛犬が誤って食べないよう気を付けましょう。

 

 

 

また、生の梅だけでなく

気を付けたいのは「梅の種」

 

 

 

人が食べた後に残った梅干しの種などを

犬が誤って飲み込んでしまう場合があります。

小さな種ですし

そのうち便と一緒に出てくると

安易に考えていては危険です!

 

 

 

待てど暮らせど

うんちと一緒に出てこない・・・

そもそも、

出てくると思って気にしておらず

実は排泄されていないことに気付かなかった!

というケースは実は多くあります。

 

 

 

排泄されないと

「きっと消化されたんだろう」

と考えてしまいがちですが、

実は梅干しの種が消化されることはないのです!

 

 

 

そのため、

うんちと一緒に出てきていないということは

まだ犬の体内に残っているということ!

 

 

 

飲み込んだ梅干しの種が出てこない場合は

胃や腸に潜んでいることが多いです。

そのまま放っておくと

その種が犬の体に悪影響を及ぼすこともあります!

 

 

 

梅干しの種の誤飲による事故で多いのが

腸に詰まってしまうこと!

梅干しの種が腸に詰まると

嘔吐下痢便秘などを起こします。

もし完全に詰まってしまった場合は

腹痛から最悪の場合

腸の血流が悪くなることで

腸管が壊死してしまい

死に至る危険性もあるのです!

 

 

 

梅干しの種を飲み込んでも

すぐに症状が出ない場合も多いですが

消化もされず残った梅干しの種は

体内をうろうろ彷徨い、

何かの拍子に

どこかの器官に詰まってしまう危険性はあり得るのです!

 

 

 

特に小型犬の場合は

いずれの器官も小さく狭いので

よけいに詰まりやすい・・・

注意が必要です。

 

 

 

また、梅干しの種は先が尖っていることも多いため、

体内を移動する際に傷をつける危険性もあります。

 

 

 

万が一愛犬が梅干しの種を飲み込んでしまったら

体内から出てくるまで様子見…という方法もありますが

動物病院で早めに吐き出してもらうのも手です。

 

 

 

というのも、

万が一腸に入って詰まってしまった場合、

吐き出させることはできないので

開腹手術によって取り出さなければなりません…

それは犬の体には大きな負担となります。

 

 

 

もちろん

梅干しの種を誤飲し

それを吐き出させるのも

犬にとっては負担となりますし、

梅干しの種が詰まったり

胃や腸を傷つけることで

体調不良にさせてしまうのも避けたいですね。

 

 

 

愛犬が梅干しで苦しまないためには

やはり飼い主さんが細心の注意を払うことが大切です!

 

 

 

たかが梅干しの種と見過ごさず

誤飲してしまわないよう気を付けること

そして万が一飲んでしまったら

ちゃんと排出されたことを確かめることが大切です!

 

 

 

しかし、

生の梅と梅干しの種に気を付ければ

実は梅干しの果肉自体は特に問題はなく

犬の健康に良い影響を与える可能性もあります♪

 

 

 

ただし、やはり梅干しは塩分が高いので

与える場合はその量などにも気を付けてあげてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました♪

 

 

▼高齢犬との暮らしをサポートする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

8d58fc7eb82cf5c4ca69d1f2e981b9c2_s

犬もヤキモチをやく?

    他の犬と触れ合おうとすると 愛犬がヤキモチをや

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

犬の肥満とダイエット!

  肥満になると 人間でも健康診断で注意を受けますね(^_^;)

記事を読む

877a598b14f020b3f3c5867a2d44a202_s

犬に納豆は良い?悪い??

    納豆は体に良いというのは 私たちにとっては常識

記事を読む

P1000171

老犬介護の仕方~食事の介護~

  老犬になると 食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。 その

記事を読む

図1

老犬のマットは低反発?高反発??

  老犬になると寝ている時間も増えてきて、 筋力の衰えなどが進むと

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬にも温泉の効果?

  GWはみなさんどこかお出かけしましたか? 日々の疲れを癒しに温泉に

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

高齢犬の食事で注意すること

    高齢犬は寝ている時間が増え また運動量が減る傾

記事を読む

8a4dfef42aa49fa07ae8784aef25a35f_s

犬の避妊・去勢は必要なものなの?

  愛犬に避妊・去勢をさせるべきかどうか… 犬を飼っている方は必ず悩む

記事を読む

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

a49077be64e968b4c3017feb3271c6ad_s

犬とデトックス

  私たち人間も健康のために 体内から毒素を出す 「デトックス」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る