*

見極めが大事!愛犬の下痢の原因と対策

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気, 犬の食事


743924ef18ccc5928ac37c447f0748f6_s

寒くなると

犬もお腹をこわして下痢になりやすくなります。

そもそも

犬が下痢になるのはよく見られる症状です。

 

 

とはいえ、

なにか不調のサインではあるので心配ですね。

今回は犬の下痢についてご紹介します。

 

 

 

まず、犬が下痢になる原因には2種類あります。

1つは大腸が原因で起こる下痢、

もう1つは小腸が原因で起こる下痢です。

 

 

 

では、犬の下痢の原因が大腸か、

それとも小腸なのかを見分けるには

どのようにすればいいでしょうか?

 

 

 

まず、ポイントとしては

症状を見分けることです。

 

 

 

大腸が原因で起こる犬の下痢の場合、

大腸は水分を吸収する働きがある器官なので

ここに問題があって下痢を起こしても

栄養の吸収には影響がありません。

そのため、体重は変化しない傾向にあります。

 

 

また、下痢にゼラチン状の粘膜が混ざったり

普通もしくは少な目の便をたくさんする傾向があります。

 

 

 

次に小腸が原因で起こる犬の下痢の場合、

小腸は栄養を吸収する働きがある器官なので

ここに問題があると栄養不足となり

体重が減少したり

貧血やタンパク質の低下を起こす場合があります。

 

 

 

また、回数は少ないものの

1回の便の量が多くなる傾向があります。

 

 

 

では、犬が下痢になる原因には

どんなものが考えられるでしょう?

 

 

 

まず考えられるのは

やはり食事ですね。

この季節はクリスマスや年末年始など

イベント事が多く続きます。

 

 

 

最近では愛犬も一緒にお祝いする場合が多いですが

食べ過ぎたり普段慣れないものを食べるほか、

人の食事を知らぬ間に食べたり

散歩中に拾い食いするなどして下痢になることがあります。

 

また、乳製品は犬が大好きと考える飼い主も多いですが

だいたいの乳製品、特に人用の乳製品は

犬が分解できない乳糖を含んでいます。

これが原因で下痢になる場合もあるのです。

 

 

▼犬も飲める♪安心のミルク▼

dsnda101c1

 

 

その他にも

食物アレルギーを起こすなどして

犬が下痢になる場合もあるので

愛犬が下痢になってしまった場合は

まずその食生活を見直してみましょう。

 

 

 

次に原因として考えられるのは寄生虫です。

回虫や条虫など寄生虫感染を起こすと

犬は下痢の症状を起こすことがあります。

 

拾い食いをしないよう注意し、

また害虫の駆虫対策をすることが

この下痢の予防法として有効です!

 

 

 

そしてウィルスや細菌感染も

犬の下痢の原因として挙げられます。

犬パルボウイルスや

犬ジステンパーウィルスは

感染すると症状として下痢を起こすこともあります。

 

日ごろから定期的なワクチン接種が

予防のカギですね♪

 

 

 

最後に犬の下痢の原因として考えられるのは

ストレスです。

環境の変化があったり

精神的に負担となることが合った場合

犬は下痢になることが多いです。

ストレスの原因を取り除いてあげましょう!

 

 

 

もし下痢になってしまったら

基本的に、獣医さんに原因を特定してもらい

正しい対処をしていただくのがベストです!

 

 

 

ただ、

原因が食事や体調不良

慣れないものを食べたことによる下痢の場合は

1日ほど絶食させることで

治るケースが多いです。

 

 

 

絶食させる場合は

下痢をすることで失われがちな

水分をしっかり補給することが大切!

お水だけでなく

電解質を補給するのも大切です♪

 

 

▼安全性抜群!消化吸収に優しいペット用の純水▼

0000000018292

 

▼吸収率を重視したハイポトニック飲料▼

0000000014552

 

 

老犬や高齢犬など

体力がない犬の場合は

一緒にブドウ糖を補給するのもいいそうですよ!

ただし、その場合

一般的に当分の多いものは

避けてあげる方がいいそうです。

 

 

▼愛犬の栄養補助のための「ブドウ糖」▼

0000000005782

 

 

絶食をさせた後は

急に普段の食事に戻すのではなく

犬のお腹に負担がかからないよう

消化の良い温かいものを

少しずつ食べさせるのがおすすめ!

こうして胃腸を休ませてあげることで

下痢を治すお手伝いをしてあげましょう♪

 

 

 

たとえば

いつも食べさせているドライフードを

お湯でふやかしてあげたり、

ウェットフードを人肌に温めたりするのがおすすめです!

 

 

▼老犬も食べやすい!胃に優しいウェットフード▼

img04

 

 

いかがでしょうか?

犬は気温差が7℃以上あると

下痢を起こしやすくなるそうですので

これからの季節は要注意です!

本日もお付き合いいただきありがとうございました♪

 

 

▼老犬との暮らしをお手伝いするサイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

877a598b14f020b3f3c5867a2d44a202_s

犬に納豆は良い?悪い??

    納豆は体に良いというのは 私たちにとっては常識

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

f5f2a10fc67ba9491f19fb703935611e_s

愛犬が長生きするための食事とは?

    私たちの体は食べたものでできている…

記事を読む

80fd01676401016c97cef886e2ea245d_s

湿度が重要!犬の暑さ対策

      日本の夏は暑いですね。 気

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_m

グレインフリードッグフードとは?

  愛犬の健康のためには 愛犬にあった安全なドッグフードを選んであげた

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

64d136e38c56c1bd9913e48a7a8336c0_s

愛犬がガンと戦うとき。その治療法の種類とは?

    獣医療の発展にともなって 犬の寿命もど

記事を読む

35

老犬と白内障

愛犬の目が光の加減で濁って見えたりしませんか? 老犬になると 目が白く濁ってしま

記事を読む

CSC_1044

犬もものもらいになるの??

  朝起きてびっくり いつもなら一重もしくは奥二重なのに パッチ

記事を読む

61c2e88f9afedaffb416d57abf941af2_s

愛犬の冬の温か対策

    気温が下がってきて 朝晩は冷え込むようになりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る