*

愛犬の手作りごはんの作り方

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 犬の食事


DSC_0542 (2)

 

先日、犬に食べさせてはいけないものをご紹介して、

その際手作りは難しいというお話をしましたね。

しかし食物アレルギーが多かったり

やっぱり安心安全のためにも

愛犬には手作りごはんをあげたいという方も多いです。

また、ご飯をたべない犬にも

手作りをすると食べてくれる場合が多く

フードを買って食べてくれなかったという失敗もありません。

そこで今日は犬の手作りごはんのポイントをご紹介します!

 

 

まずは何より、

先日の記事を参考に「与えてはだめ」な食材を勉強しましょう!

それから食材選びに移ります♪

 

アレルギーがある犬の場合は特に慎重に。

そして添加物が入っていないものを選ぶのがオススメです。

健康重視で作る場合はオーガニック食材を選んで

なるべく化学肥料や農薬が含まれないことを意識するといいですね♪

 

 

また、体にいいものを好きなだけ入れればいいというものでもありません。

大切なのは愛犬に適した栄養バランスですね。

これが偏らないように食材を選ぶのも大切なことですよ♪

 

カルシウム・カリウム・セレン・亜鉛・胴・ナトリウム・リン・鉄

これらは体に必要なミネラルです。

このミネラルは体の中で作ることができないうえに

運動やストレスなどから常に排出されてしまっています。

だから食べ物、そして水分補給などを利用し

これらを補って上げる必要があるのです。

だから愛犬の手作りごはんにもこれらを取り入れる意識をするのが大切です。

 

 

その他の重要な栄養素は

目の健康や皮膚トラブル予防、免疫力アップの「ビタミンA」

死亡をエネルギーに変えてくれる「ビタミンB」

抵抗力を高め感染症を予防する「ビタミンC」

免疫力アップやアンチエイジング効果のある「ビタミンE」

などのビタミン類もあります。

 

これらは一例で他にも色んな栄養素がありますが

愛犬の体調や年齢、体質などを考慮し

必要な栄養素を模索してあげてください♪

 

 

さて、次に気になるのは「量」ですね。

これが犬の手作り食で一番気になるところかもしれません(^_^;)

 

愛犬の手作りごはんの量の目安は体重で決まります。

1日に摂取する量は

【体重:1日の食事量】

2kg:80g

3kg:110g

5kg:150g

10kg:300g

30kg:900g

※1回の食事量ではないので、これを数回に分けて与えてください

 

大体の目安ではありますが、

上記を参考に給餌量を計算してみてください♪

運動量が多めで消費カロリーが多ければ増やし、

また肥満気味なら減らすなど調節をしてくださいね。

 

 

様々な食材を使って犬の手作りごはんを作ると思いますが、

その食材配分の目安は

 

ご飯やイモ類などの「有機穀類」が50%

お肉もしくはお魚が30%

有機野菜やフルーツが10%

卵や納豆、ヨーグルトやはちみつなどの栄養補助食材は5%

サプリメント(必要なら)が5%

 

これが大体の目安です。

参考としての配分なので

愛犬にあわせた配分を考えてあげてくださいね(*^^*)

 

また味付けは「愛犬目線」で!!

私たちが「美味しい」と感じる味付けだと

犬には濃すぎる場合が多いです(^_^;)

 

 

これらを気をつければ、あとは調理するだけ!

調理法としてレンジはとっても楽ちんなのですが

栄養素を壊しやすいので

土鍋やステンレス、ホーローなどのお鍋を使うのがオススメです!

 

愛犬の体の大きさにあわせて

食材は食べやすい大きさに切りましょう。

老犬の場合は消化機能が低下している傾向にあるので

すりおろすのもオススメ♪

ご飯もできれば柔らかく炊いてあげるのがいいですね。

 

最近食欲がなくなった老犬の中には

食べにくくなって食が細くなっただけで

このように食べやすくすることで

食欲が回復する老犬もいます!

 

あとは普通のお料理と感覚は同じです。

火が通りにくいお野菜から煮込んで

次にお肉、そして葉物を煮ましょう。

ご飯の上にかけてもご飯も一緒に煮てもOK。

愛犬が食べやすいよう工夫してあげてください。

老犬は必要な栄養バランスも変わってくるので

食べやすい調理法や

消化しやすい調理法を意識してあげてくださいね♪

 

これで基本的には大丈夫ですが

温度には十分ご注意を!

私たちはアツアツを食べたいですが

それでは愛犬が火傷をする危険もあるので

人肌まで冷ましてから与えてください。

 

 

いかがでしょうか?

愛犬の手作りごはんは調理法はそんなに難しくありません。

しかし与えても大丈夫な食材の見極めや

栄養バランス、そして給餌量の見定めが難しいところ。

でもこれさえ気をつければ

愛犬に一番適した安全な食事をあたえることができますね♪

よかったら参考にしてみてください(*^^*)

 

▼手作りごはんにプラスするサプリも充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

P1000171

老犬介護の仕方~食事の介護~

  老犬になると 食欲が低下して食べなくなる犬も増えます。 その

記事を読む

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

73458dd628eaa8d60e6841f9a9fa7887_s

知っておきたい犬とカルシウムの関係

    皆さんの犬のイメージって 丈夫ですか?それとも

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_s

老犬がご飯を食べない時原因は?

  老犬になると 食欲が低下する犬が多いですが それには様々な原

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

高齢犬の食事を見直す

    高齢犬と言われ始める年齢は だいたい7歳以上で

記事を読む

DSC_0473

犬に海苔はあげてもいい?

  本日2月6日は海苔の日だそうです。 海藻は毛艶にいいとも言いますし

記事を読む

ea0cdb11a84c679026a8571e2abee1ec_s

老犬にDHAとEPA、どんな働き?

    DHAとEPAは 現在はよく耳にしますね。

記事を読む

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

高齢犬や老犬の夏の疲れをケアしよう!

  涼しくなってきました。 もう秋の気配がただよっていますね(*^^*

記事を読む

IMG_3248

犬に食べさせてはいけない危険なもの!

  私たちと同じく犬は雑食ではありますが、 しかし私たちと同じものを同

記事を読む

04499c78e1b2243fde22910406d4db80_s

老犬とヤギミルク

  冬は厳しい寒さから 老犬の体力も低下しやすく 免疫力が低下し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る