*

バレンタイン♪犬がチョコを食べると?

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識, 犬の食事


d951c70e0c5b4449784e65e8193baf55_s

今日はバレンタイン!

チョコが手元にある人も多いのでは?

 

しかし愛犬家の皆様はご注意を。

ちょっと目を離した隙に

愛犬がチョコを食べてしまった!

ということのないように気を付けてください。

 

 

 

おそらくすでに

犬にチョコレートは危険だということは

もう多くの愛犬家の方がご存知かと思います。

しかし

何故犬にチョコはダメなのか

どれほどチョコを食べたら犬は危険なのか

万が一、犬がチョコを食べてしまったらどうすればいいのか

知らない方はまだまだ多いかと思います。

 

 

 

まず第一に

なぜ犬がチョコを食べると危険なのか。

これは犬はチョコレートを食べることで

中毒を起こすからです。

 

 

 

犬はチョコレートの原料である

カカオに含まれるテオブロミンという成分に反応し、

中毒を起こすと言われています。

中毒症状が出ると、

主に下痢や嘔吐が見られ、

その他に

頻尿や痙攣などの症状があらわれます。

 

徐脈や頻脈、不整脈など脈が乱れたり、

精神が不安定となり

興奮、痙攣、最終的には昏睡に陥り、

最悪、24時間以内に死に至る危険性があることからも

絶対に犬にチョコレートを与えてはいけません。

 

 

 

では、

どれくらいチョコレートを食べると犬が危険かというと

それには個体差があります。

だいたいの目安で言えば

犬の体重1kgあたり100mgほどのチョコレートを摂取すると

中毒症状があらわれると言われていて、

250~500mgのチョコレートが致死量だとされています。

 

もちろんチョコレートに含まれるカカオの含有量も異なりますし

犬によっては敏感で少量で危険な状態になる場合もあります。

 

犬にとって有害となるテオブロミンの含有量は

一番多いのがダークチョコレートで

100gにおよそ559mgのテオブロミンが含まれています。

次いでミルクチョコレートは100gあたりおよそ177mg、

ホワイトチョコレートは100gあたりおよそ0.8mgです。

 

テオブロミンでみる致死量は

犬の体重1kgあたりテオブロミン120~150mgと言われています。

つまり小型犬だと

ミルクチョコの板チョコ1枚でも致死量になる危険性がありますね。

 

 

 

では、万が一犬がチョコレートを食べてしまったら

どうすればいいのでしょうか?

個体差があるため

すぐに症状がでる犬もいますが

チョコレートが吸収される時間を考えると

6~8時間後に中毒症状が出る危険性もあります。

食べた後けろっとしているからと言って

油断をしてはいけません。

念のために数日は愛犬に異変がないかチェックしましょう。

 

 

 

犬がチョコレートを食べてしまった場合

基本的に解毒剤というものは存在しません。

処置としては「吐かせる」ことです。

吐かせるだけでは不十分な場合は

胃洗浄を行います。

 

食べた後4~6時間経過してしまったとしても

吐かせることは効果的だと言われています。

ただ、これは難しいため

獣医さんに任せるのが一番です。

チョコレートを食べてしまったら

すぐに動物病院へつれていき

獣医さんに吐かせてもらいましょう。

 

 

 

緊急の場合も

獣医師に電話などで緊急処置法を聞き、対処してください。

獣医師がすぐに現状を判断できるためにも

飼い主さんは細かい状況を説明できるようにしておくことが大切です。

食べてしまったもののパッケージや

残っていた物質などを持っていくと

獣医さんも状況を判断しやすいです。

いつ食べたのか、どのくらい食べたのか、どのような状況で食べたのか

これらも説明できるようにしておきましょう。

 

 

 

バレンタインの季節は

家庭にチョコレートがあふれますね。

犬はチョコレートが危険だなんてわかりません。

目を離した隙にパクっと食べてしまいます。

「このあたりなら届かないかな~」

「普段は大丈夫だから」

など油断は禁物!

チョコレートによる中毒は命にかかわるので

冷蔵庫など絶対に犬が食べられない場所で管理をしてくださいね。

 

 

また、チョコレートだけでなく

タマネギも犬が中毒を起こす危険な食べ物です。

タマネギ中毒については

こちらで獣医さんが詳しく解説しているので

あわせて読んでみてください!

column_15

 

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

犬と酵素の関係の落とし穴!

  健康に良いとかダイエットに良いとか 何かと騒がれている「酵

記事を読む

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

402970cb768cff82217c44e2b28fba00_s

犬のしぐさ、それはクセ?SOS?

犬がよくするしぐさ、あると思います! それを癖だと決めつけていませんか? 実はそ

記事を読む

DSC_0179

災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありません。 そしてもちろん、

記事を読む

9deac7c2cbb55d361f329aed985f0bb0_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(オスの場合)

女の子の犬の発情期サイクルについてご紹介しましたが、 今回は男の子の発情期について。 &

記事を読む

DSC_0542 (2)

愛犬の手作りごはんの作り方

  先日、犬に食べさせてはいけないものをご紹介して、 その際手作りは難

記事を読む

2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

愛犬の便秘、どうすればいい??

  人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」! 実は犬も便秘になるってご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>