*

バレンタイン♪犬がチョコを食べると?

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識, 犬の食事


d951c70e0c5b4449784e65e8193baf55_s

今日はバレンタイン!

チョコが手元にある人も多いのでは?

 

しかし愛犬家の皆様はご注意を。

ちょっと目を離した隙に

愛犬がチョコを食べてしまった!

ということのないように気を付けてください。

 

 

 

おそらくすでに

犬にチョコレートは危険だということは

もう多くの愛犬家の方がご存知かと思います。

しかし

何故犬にチョコはダメなのか

どれほどチョコを食べたら犬は危険なのか

万が一、犬がチョコを食べてしまったらどうすればいいのか

知らない方はまだまだ多いかと思います。

 

 

 

まず第一に

なぜ犬がチョコを食べると危険なのか。

これは犬はチョコレートを食べることで

中毒を起こすからです。

 

 

 

犬はチョコレートの原料である

カカオに含まれるテオブロミンという成分に反応し、

中毒を起こすと言われています。

中毒症状が出ると、

主に下痢や嘔吐が見られ、

その他に

頻尿や痙攣などの症状があらわれます。

 

徐脈や頻脈、不整脈など脈が乱れたり、

精神が不安定となり

興奮、痙攣、最終的には昏睡に陥り、

最悪、24時間以内に死に至る危険性があることからも

絶対に犬にチョコレートを与えてはいけません。

 

 

 

では、

どれくらいチョコレートを食べると犬が危険かというと

それには個体差があります。

だいたいの目安で言えば

犬の体重1kgあたり100mgほどのチョコレートを摂取すると

中毒症状があらわれると言われていて、

250~500mgのチョコレートが致死量だとされています。

 

もちろんチョコレートに含まれるカカオの含有量も異なりますし

犬によっては敏感で少量で危険な状態になる場合もあります。

 

犬にとって有害となるテオブロミンの含有量は

一番多いのがダークチョコレートで

100gにおよそ559mgのテオブロミンが含まれています。

次いでミルクチョコレートは100gあたりおよそ177mg、

ホワイトチョコレートは100gあたりおよそ0.8mgです。

 

テオブロミンでみる致死量は

犬の体重1kgあたりテオブロミン120~150mgと言われています。

つまり小型犬だと

ミルクチョコの板チョコ1枚でも致死量になる危険性がありますね。

 

 

 

では、万が一犬がチョコレートを食べてしまったら

どうすればいいのでしょうか?

個体差があるため

すぐに症状がでる犬もいますが

チョコレートが吸収される時間を考えると

6~8時間後に中毒症状が出る危険性もあります。

食べた後けろっとしているからと言って

油断をしてはいけません。

念のために数日は愛犬に異変がないかチェックしましょう。

 

 

 

犬がチョコレートを食べてしまった場合

基本的に解毒剤というものは存在しません。

処置としては「吐かせる」ことです。

吐かせるだけでは不十分な場合は

胃洗浄を行います。

 

食べた後4~6時間経過してしまったとしても

吐かせることは効果的だと言われています。

ただ、これは難しいため

獣医さんに任せるのが一番です。

チョコレートを食べてしまったら

すぐに動物病院へつれていき

獣医さんに吐かせてもらいましょう。

 

 

 

緊急の場合も

獣医師に電話などで緊急処置法を聞き、対処してください。

獣医師がすぐに現状を判断できるためにも

飼い主さんは細かい状況を説明できるようにしておくことが大切です。

食べてしまったもののパッケージや

残っていた物質などを持っていくと

獣医さんも状況を判断しやすいです。

いつ食べたのか、どのくらい食べたのか、どのような状況で食べたのか

これらも説明できるようにしておきましょう。

 

 

 

バレンタインの季節は

家庭にチョコレートがあふれますね。

犬はチョコレートが危険だなんてわかりません。

目を離した隙にパクっと食べてしまいます。

「このあたりなら届かないかな~」

「普段は大丈夫だから」

など油断は禁物!

チョコレートによる中毒は命にかかわるので

冷蔵庫など絶対に犬が食べられない場所で管理をしてくださいね。

 

 

また、チョコレートだけでなく

タマネギも犬が中毒を起こす危険な食べ物です。

タマネギ中毒については

こちらで獣医さんが詳しく解説しているので

あわせて読んでみてください!

column_15

 

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

1b271177b8d17f641d4744505ad4afed_s

犬とカボチャ

  10月になってしまいました… 最近時間が経つのがあっという間で困り

記事を読む

04499c78e1b2243fde22910406d4db80_s

老犬とヤギミルク

  冬は厳しい寒さから 老犬の体力も低下しやすく 免疫力が低下し

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬の外耳炎は繰り返しやすい!

皮膚疾患と同じく 犬がかかりやすい病気の1つである外耳炎。 発症件数が多く、

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

高齢犬の食事で注意すること

    高齢犬は寝ている時間が増え また運動量が減る傾

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

7c0fc0ed26f2a1e4a0e5b20ded9eb839_m

犬が甘えてる時のサインとは?

  愛犬に甘えられると嬉しいですよね(*^^*) かまって~♪というア

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

老犬のアンチエイジング

  愛犬は1日1日歳をとり いずれは高齢犬となります。 私たちに

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

「愛犬が風邪っぽい」は要注意?

  愛犬が咳やくしゃみをしたり鼻水がでたり… そんな症状が出て

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

犬と蚊とフィラリア、これってどんな関係?

    夏になるとやっかいなのが 蚊ですよね 人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る