*

犬の味覚?犬は味の違いを理解しているの?

公開日: : 犬の豆知識, 犬の食事


DSC_0473

 

私たちが食べ物に味を感じるように

犬たちにだって味覚はあります。

美味しいとかまずいとか

犬も感じているわけですね(*^^*)

 

そもそも味覚というものは

舌の表面に存在する「味蕾(みらい)細胞」によって

甘い・辛い・苦い・すっぱい

これらを感じ取っているのです。

 

 

確かに犬にも味蕾細胞はあります。

だから味覚があることも確かです。

…しかし!

実は犬の味蕾細胞は人の1/5ほどしかありません!

 

つまり私たちよりは味覚には鈍感なのですね。

味蕾は「甘い」「辛い」「苦い」「すっぱい」

これらをそれぞれ感じる味蕾細胞があり、

犬の場合は一番多いのは「甘い」を感じ取る味蕾細胞。

だから犬は甘いものが大好きなのです♪

 

ざっくりと「甘い」とくくってしまうと

どうしても私たちはお砂糖などの「甘さ」を想像しますが、

実はこの甘味を感じる味蕾細胞では

肉類に豊富に含まれるアミノ酸も感じ取ることができます。

そのため、さつまいもなどイモ類の甘さの他にも

肉類を好む傾向にあるのですね(*^^*)

 

さて、それでは逆に犬が苦手な味は?というと、

実は犬が一番苦手なのは「苦味」です。

これは野生を生き抜く上で毒を摂取しないためでしょうか?

腐敗した食べ物などに含まれる有害な成分など

多くの体に悪いものは「苦味」なので

本能的に危険と判断して摂取したがらないのかもしれません。

でもこの「苦味」を感じ取る味蕾細胞も

甘みを感じる味蕾細胞と同じくらい多く

犬は苦味に敏感だと言われています。

 

そして意外なことに

「辛い」…ここでいう辛いは「しょっぱい」ということですが

犬はこれは感じにくいと言われています。

そもそも「辛い」を感じ取る味蕾細胞が

他のものと比較して少ないと言われているのです。

 

これも犬の食生活が関係していると考えられていて

犬はもともと野生の頃は肉を主食としていましたよね。

その際もちろん自分で調理して食事をしていたわけではありません(^_^;)

お肉はそのまま血などと一緒に摂取していました。

そうなると血液には塩分が多く含まれています。

これによって犬は塩分をバランスよく摂取していたともされているので

効率よく食事をするためにも塩分に敏感だと困ってしまいます。

だから塩分の辛味には鈍感であったという考えがあるそうですね。

 

 

つまり私たちのように細かく味を分類して

味覚を楽しんでいるというよりは

甘い!→好き♪

苦い!→危険?食べたくない!

みたいに大雑把な感覚しかないようです(^_^;)

 

そもそも犬にとって味は

食欲を促進するうえでの優先順位は高くありません。

食べたいと判断する決定打は味ではなく

一番は「ニオイ」だとされているのです。

私たちより鈍感な味覚より

私たちより優れている嗅覚で左右されるのは納得ですよね。

 

実は食べたいかどうかの判断の際に

まずはニオイで判断をしますが、

その次にくるのは実は「食感」

そしてやっと「味」となるのです。

 

とはいえ、これは「食べるかどうか」の判断基準。

「ニオイ」で食べれると判断すると

食感や味をゆっくり楽しむことなく

飲み込めるくらいに噛み砕くことができたら

早急に胃の中へと流し込んでしまいます。

それゆえ早食いの犬が多いのですが

これは美味しいから早く食べたとは言い切れないのです。

 

犬は狩りをして生活をしていた頃の本能から

食べれる時に食べれるだけ食べたいという習性があるのです。

そのため食べれると判断したものを次々と飲み込み

満腹と感じる前にまた食べて、を繰り返すため

犬が求めるだけ食べ物を与えると肥満になってしまいます。

給餌量はしっかり守り、

間食の量は飼い主さんが調節して太らないよう気を付けましょう!

 

 

…とはいえ、

色々と説明をしてきましたが

味覚が人より鈍感とは言え

犬に嗜好性がないわけではもちろんありません。

甘ければなんでも好きで食べれる

…とも言い切れないのです(^_^;)

研究からは、犬はだいたい6ヶ月までの食生活が

その犬の嗜好性に影響を与えるとされています。

これまでに様々な食べ物を経験すると

その後色んな物を食べるようになりますが、

決まったものばかりを食べていた場合

好き嫌いが激しくなる…という研究結果があるそうです。

 

 

今は犬用に色んな食べ物がありますし

人間のものに近い味付けの美味しいおやつもありますね。

これらを食べ慣れていて

好き嫌いをするようになった…

という犬がいるのも確かです。

 

愛犬に美味しいものを与えたいという気持ちはわかりますが

何よりまずはニオイで判断することと

私たちほど敏感な味覚でないことからも

そこまで味や見た目にこだわって食事を用意する必要はないのかもしれませんね(笑)

 

まだまだ不明な点も多い犬の味覚ですが、

犬の好き嫌いや食事の参考にしてみてください♪

 

▼愛犬との暮らしのサポートに♪犬用品通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

6

老犬とDHA・EPA

  DHAやEPAってよく耳にすると思います♪ 健康に良いイメージはあ

記事を読む

d980e717caf0377534822f7eabedb1e3_s

老犬のおむつ活用法!

    老犬になると介護が必要な犬が増えてきます。 ま

記事を読む

P1050050

老犬の介護食にも便利な「ゼラチン」

      暑い夏に ゼリーが食べたく

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

高齢犬・老犬と不飽和脂肪酸

  愛犬が健康でいてくれるために 犬の体にいいものをあげたい…

記事を読む

inu26

犬のヘルニアとその種類

    コーギーやダックスなど 足の短い犬はヘルニアに

記事を読む

4383cc1c8f0b6b9cb55495d47336ca3e_s

犬のおもちゃ、種類と特徴♪

    犬はおもちゃで遊ぶのが大好き♪ もちろん「遊ぶ

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

老犬とワクチン

    愛犬を様々な病気から守るため 定期的に「予防接

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る