*

寒い時季の犬の水分補給

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 愛犬との暮らし, 犬の病気, 犬の食事


cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

 

 

気温が下がり寒くなると

愛犬の防寒対策をする飼い主さんは多いですが

愛犬の水分補給量をチェックする方って

実は少ないのではないでしょうか?

 

「え・・・飲んだ水の量?」

「そんなの基本的にチェックしてない!」

 

そういう方が多いと思いますが

チェックしなくても飲んでいるという思い込みは実は危険です!

なぜなら夏は確かに水分補給を積極的にしていても

寒くなるとその水分補給量は減ります。

それは私たちも同じなのではないでしょうか?

夏は暑くて脱水症状予防のためにも

意識的に水を飲み、そして愛犬にも飲ませていたと思います。

では冬なら安心なのか?実はここが盲点!

 

夏と違ってそこまで喉がかわかない冬は

冷たい水はとくに

犬はあまり飲まなくなる傾向にあるのです。

喉が渇かなければ水を飲もうとしないのは当然で

私たちは意識的に喉が渇かなくても水分補給をしますが

犬は喉が渇かなければもちろん飲もうとは思いません。

 

だから実は冬の犬の水分補給量は

飼い主がチェックして把握しておく必要があるのです!

常に常備されている給水器の減り方から

愛犬の水分補給量をしっかりとチェックしましょう(*^^*)

 

 

この水分補給不足で起こりやすいのが

犬の尿結石や膀胱炎です(>_<)

お水を飲まないことで

尿が正常なpH(酸性度)を保つことができなくなり

尿が濃縮されて膀胱に結晶ができてしまいます。

これが結石となって

尿道に詰まるなどして痛みを伴うのです…

 

 

・トイレに行く回数が増える

・オシッコの時でも力むような仕草が見られる

・食欲が低下する

・お腹を触られるのを嫌がるようになる

・トイレを我慢できなくなる

・オシッコに血がまじることがある

これらの症状が見られたら

尿結石の危険性があるので要注意!

獣医さんに診てもらってください。

 

 

尿結石を予防するためにも

しっかりお水を飲ませること。

そして犬と比較して塩分が多い人間の食べ物を与えないことが重要!

 

 

…とはいえ

人間のものを与えないということはともかく

お水を飲むのは犬の意思なので

なかなか飲もうとしない場合は困ってしまいますね(^_^;)

そんなときに犬に水分補給をさせるポイントをご紹介!

 

 

1つとしては

お水に風味をつけることで

犬が水を美味しそうと思わせること。

味気なくて、しかも冬にのむ冷たい水は

どうしても犬とっては魅力がないのです(^_^;)

そこで味付けをしないお肉や野菜の茹で汁を水に混ぜて

風味をプラスしてみるのがおすすめ♪

もちろんその分腐食しやすくなるため

定期的にあげて、残したらすぐに処分して

新鮮なお水を常備することは忘れずに!

 

また、高齢犬や老犬の場合

ヤギミルクや犬用のミルクなどを与えると

健康のためにエネルギー補給や栄養補給にもなるので

一石二鳥ですね(*^^*)

 

 

なかなか犬が水を飲んでくれない場合は

食事も工夫することで水分補給をすることができます!

 

例えばドッグフードをお湯でふやかすことで

ごはんを食べつつ水分補給にもなりますね!

お湯をかけることで温められ

フードのにおいも強くなるため

食欲増進も狙うことが出来ます!

またふやかすことで消化もしやすくなるため

高齢犬や老犬などは消化吸収率もアップしてオススメです♪♪

 

もしくは、お湯でふやかすのではなく、

そもそもウェットフードを与えると

ウェットフードはおよそ80%が水分なので

水分補給としてはピッタリです!

 

 

いかがでしょうか?

夏は意識した水分補給ですが

引き続き冬も1日の給水量をチェックして

愛犬がしっかりお水を飲むようコントロールしてあげてください!

 

▼ウェットフードやヤギミルクも充実!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

高齢犬と白内障

  高齢犬になると多く見られる症状の1つに 「目が白っぽくにごる」とい

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬の口臭はお口の危険信号?!

    愛犬の口がにおう? 口臭が強いな~と感じること

記事を読む

DSC_0398

愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持っていますか? 室内犬が多くな

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬のためのアンチエイジングって?

  愛犬が歳を取るのは当たり前のことで そして避けられないことですね

記事を読む

2d28ec453697cc36feb7c87b2396035e_s

愛犬と安全にドライブを楽しむために♪

  愛犬とお出かけをするには丁度いい気温になりましたね。 そうなるとお

記事を読む

P1050098

犬もレム睡眠をする?

  私たちの睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですが、 実

記事を読む

b5d22f9ebe7efe29ec45edc9d1262b50_m

グレインフリードッグフードとは?

  愛犬の健康のためには 愛犬にあった安全なドッグフードを選んであげた

記事を読む

IMG_2898

間違えやすい?愛犬の上手な褒め方!

  みなさんはどのように愛犬を褒めているでしょう? しつけにおいて、「

記事を読む

1399294413886

静電気が犬に及ぼす悪影響!

  乾燥の季節になると フワフワ被毛の犬も セーターを着ている私

記事を読む

1

老犬の病気のサイン

  愛犬を観察していると 「あれ、いつもと違う?」 という違和感

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>