*

高齢犬の食事で注意すること

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の食事


3d943ebd89338c39427892574027930b_s

 

 

高齢犬は寝ている時間が増え

また運動量が減る傾向にあるため、

1日に必要とするエネルギー量も低下します。

 

 

 

そのため、ずっと同じ食事内容のままだと

摂取するエネルギー量と

消費するエネルギー量のバランスがとれなくなり

肥満になってしまうことがあるのです。

 

 

 

肥満は万病の原因になりますが、

高齢犬の場合は

筋力の低下や関節が弱くなることから

体重をささえきれなくなり

肥満は体にかかる負担が大きくなります。

 

 

 

大切なのは愛犬の状態を見極めることです。

高齢犬になっても食欲が衰えず

記載通りの食事量で体重が増えるようなら

ライトフードに切り替えるなど

カロリーコントロールをする必要がありますね。

 

▼ペットベリーのライトフード▼

fat

 

 

 

 

急激な体重増加は病気のサインの恐れもありますし、

安易にフード量を少なくする

必要な栄養まで補えなくなるので、

ダイエットの際は獣医師に相談してみましょう。

 

 

 

逆に食欲が多少低下しても

高齢犬の体重の変化が見られない場合

エネルギーのバランスがとれているため、

さほど気にしなくてもいい場合もあります。

愛犬の様子をしっかり観察して

異常がないかチェックしてあげてくださいね。

 

 

食欲が低下して

体重も減っている場合は、

獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

特に問題がなくても

高齢犬になることで消化吸収機能が低下し、

うまくエネルギーが吸収できず痩せてしまう場合もあります。

 

 

 

その場合は小食になった犬でも

必要なエネルギーを摂取できるよう

エネルギー量の高い食事を取り入れてあげるのもオススメです。

 

▼エネルギーを補給するサポートアイテム エナジーチャージ▼

0000000014602

 

 

高齢犬の場合

タンパク質のとりすぎは腎臓に負担がかかるとも言われますが

しかしタンパク質は

筋肉の維持体のあらゆる細胞の生成に不可欠です。

そのため、タンパク質を制限してしまうと

筋肉量の低下にもつながってしまいます。

 

 

 

また、高齢犬はタンパク質の吸収能力も低下してくるので

タンパク質の摂取を減らすと

よりタンパク質不足になる危険性もあります。

 

 

 

そのため、高齢犬の食事に大切なのは

消化吸収に良い高品質なタンパク質を与えること、

また植物性よりも動物性のタンパク質が良いと言われています。

 

 

 

 

塩分などミネラルを過剰に摂取するのも

心臓や腎臓に負担がかかり、

病気を進行させる原因になってしまいます。

人が食べるもは特に塩分が多いですし

犬用のおやつにも塩分が多く含まれているものがあるので、

与えるおやつとその量には気を付けてあげましょう。

 

 

 

気を付けたいのはごはんだけではありません。

実は高齢犬になると

水を飲む量も減る傾向にあります。

 

 

 

これは体をあまり動かさなくなるというのもありますが、

のどの渇きを自覚する機能が低下して

あまりのどが渇いたと認識しなくなるのが原因の1つでもあります。

 

くわえて老化によって腎臓の機能が低下するため

高齢犬は脱水を起こしやすいのです。

 

 

 

夏は暑さで水を飲む機会も増えますが、

寒い季節はより水をのまなくなる傾向にあります。

 

 

犬は脱水を防ぐために

意識的に水を飲んでくれたりはしてくれません。

飲みたくなければ飲まないのでやっかいです。

 

 

その場合はウェットフード

フードを水でふやかしてあげることで

水分をなるべくとるように促したり

 

 

野菜や肉のゆで汁犬用ミルクなど

犬の嗜好性があがる工夫をすると

犬が積極的に水分をとりやすくなるのでオススメです。

 

 

▼犬のお腹にも優しい犬用ヤギミルク▼

0000000007442

 

 

▼老犬介護の水分補給にも便利なミルクボトル▼

0000000014512

 

 

高齢犬になったら

飲み水の減っている量もしっかりチェックして

愛犬がちゃんと水分補給をしているか確認をしてあげましょう。

 

 

 

いかがでしょうか?

元気に食事をしている愛犬も

もしかしたら高齢犬の変化に適応していない可能性があるので

ぜひ飼い主さんが気を付けてあげてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼高齢犬の暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬のアレルギー~食物アレルギー~

  人間でも問題になるアレルギー アレルギーというのは免疫反応が過剰に

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_s

犬にヨーグルト、NGそれとも…??

  朝ヨーグルトを食べる方は多いですね♪ 食べ終わったカップについたヨ

記事を読む

1

老犬の病気のサイン

  愛犬を観察していると 「あれ、いつもと違う?」 という違和感

記事を読む

3d69d176e987ef5bb2a6f49e867ed3e0_s

大型犬は特に注意!犬と胃捻転

      犬の胃捻転って、ご存知でしょうか

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

e5879062b9659548f87866e1ea72568a_s

老犬介護の仕方~夜鳴き・吠えの介護~

  老犬になることで 「吠える」という行為が増える犬がいます。

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>