*

犬に野菜、調理法にも注意が必要?

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識, 犬の食事


0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

 

健康のために

野菜をたくさん食べる!!

というのは私たちの常識ですが、

犬はどうでしょう?

 

 

 

犬はもともと肉食ですが

野菜もうまく利用すれば

その効果を犬に活用することができます!

 

 

 

しかし一方で

ネギ類など犬には合わない野菜

食べさせてはいけない野菜

犬によっては体質的にダメな野菜などもあります。

 

 

 

例えばナスをはじめとする

ピーマントマトなどのナス科の野菜。

これらにはアルカロイドという成分が含まれます。

 

 

このアルカロイドにアレルギー反応を起こし

ひどい場合は下痢や嘔吐といった症状が出る場合も・・・

 

 

しかしこれらの野菜には

ビタミンやカロチンが豊富に含まれていて

抗酸化作用抗ガン作用など

老犬には嬉しい効果もあります。

 

 

 

これをうまく愛犬にも活かしたいですよね?

健康な犬の場合は

これらの野菜は火を通すと良いとも言われているので、

愛犬の様子を見て問題がないようなら

火を入れて与えてあげましょう♪

 

 

 

ただし、

関節炎や呼吸器疾患を持つ犬の場合は

これらの食材は避けたほうがいいとされているので

老犬などは特に注意が必要です。

 

 

 

次に

大根キャベツ、ブロッコリーなどの

アブラナ科の野菜。

これらを与えている方も多いですが、

グルコシノレートという成分が含まれます。

 

 

これは適量を摂取すると

ガンに有効という説があるのです!

 

 

しかしグルコシノレートは

ゴイトリンに変化する恐れがあります。

 

 

このゴイトリンとは

ヨウ素という甲状腺ホルモンになる成分を阻害する

と言われているため

甲状腺の病気を持つ犬の場合は与えない方がいいようです。

 

 

 

せっかく素敵な栄養を持つお野菜なので

適切に与えることで

その効果を愛犬に活かしてあげたいですね!

 

 

いくつかリスクを挙げましたが

例えばナス科の野菜なら火を通すこと。

アブラナ科の野菜なら

甲状腺の病気がある犬は避けること

など、

ポイントをおさえることが大事なのです♪

 

 

上手にお野菜を使って

犬の食事をより健康的なものにアレンジしてみてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との食生活も応援する通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

犬にもニキビができる?!

  若いころに悩まされたニキビ… 思春期の頃にお肌にプツンとあるのがイ

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら 残ったご飯にお味噌汁をかけてあ

記事を読む

57beb2d0d418446cefc787768c78ce18_s

犬もインフルエンザになる?

  インフルエンザが大流行していますね。 みなさま予防はバッチリですか

記事を読む

inu26

犬のヘルニアとその種類

    コーギーやダックスなど 足の短い犬はヘルニアに

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

c8611581dd6aec11ee7beed374c7f5af_s

犬にお豆腐は大丈夫か

      夏は冷奴が美味しいお豆腐

記事を読む

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s

犬の便秘とデトックス

人は汗をかくことで 体内の毒を排出してデトックスします。 しかし犬の場合は

記事を読む

fc61c11390544cbd69b4e21d6a30e505_s

犬の結膜炎とちょっとした目のお話。

    嗅覚や聴覚が私たちよりも良いとされる犬ですが

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>