*

犬に野菜、調理法にも注意が必要?

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識, 犬の食事


0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

 

健康のために

野菜をたくさん食べる!!

というのは私たちの常識ですが、

犬はどうでしょう?

 

 

 

犬はもともと肉食ですが

野菜もうまく利用すれば

その効果を犬に活用することができます!

 

 

 

しかし一方で

ネギ類など犬には合わない野菜

食べさせてはいけない野菜

犬によっては体質的にダメな野菜などもあります。

 

 

 

例えばナスをはじめとする

ピーマントマトなどのナス科の野菜。

これらにはアルカロイドという成分が含まれます。

 

 

このアルカロイドにアレルギー反応を起こし

ひどい場合は下痢や嘔吐といった症状が出る場合も・・・

 

 

しかしこれらの野菜には

ビタミンやカロチンが豊富に含まれていて

抗酸化作用抗ガン作用など

老犬には嬉しい効果もあります。

 

 

 

これをうまく愛犬にも活かしたいですよね?

健康な犬の場合は

これらの野菜は火を通すと良いとも言われているので、

愛犬の様子を見て問題がないようなら

火を入れて与えてあげましょう♪

 

 

 

ただし、

関節炎や呼吸器疾患を持つ犬の場合は

これらの食材は避けたほうがいいとされているので

老犬などは特に注意が必要です。

 

 

 

次に

大根キャベツ、ブロッコリーなどの

アブラナ科の野菜。

これらを与えている方も多いですが、

グルコシノレートという成分が含まれます。

 

 

これは適量を摂取すると

ガンに有効という説があるのです!

 

 

しかしグルコシノレートは

ゴイトリンに変化する恐れがあります。

 

 

このゴイトリンとは

ヨウ素という甲状腺ホルモンになる成分を阻害する

と言われているため

甲状腺の病気を持つ犬の場合は与えない方がいいようです。

 

 

 

せっかく素敵な栄養を持つお野菜なので

適切に与えることで

その効果を愛犬に活かしてあげたいですね!

 

 

いくつかリスクを挙げましたが

例えばナス科の野菜なら火を通すこと。

アブラナ科の野菜なら

甲状腺の病気がある犬は避けること

など、

ポイントをおさえることが大事なのです♪

 

 

上手にお野菜を使って

犬の食事をより健康的なものにアレンジしてみてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との食生活も応援する通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

73458dd628eaa8d60e6841f9a9fa7887_s

知っておきたい犬とカルシウムの関係

    皆さんの犬のイメージって 丈夫ですか?それとも

記事を読む

454bd41e7c5bfde08a9828520e067c8c_s

犬が地面にお尻を擦りつけるのは何故?

      愛犬が何やらゴソゴソ・・・

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

老犬と睡眠

    犬って気付くと寝てませんか? 実は犬の平均睡眠

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

高齢犬が咳をするのは何のサイン?

  人間と同じく犬も咳をします。 それは気道に入った異物や菌を外へ出そ

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>