*

犬にもニキビができる?!

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 犬の病気


9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

 

若いころに悩まされたニキビ…

思春期の頃にお肌にプツンとあるのがイヤでしたね(>_<)

そんな憂鬱な存在ですが

実は犬にもニキビができるってご存知でしたか??

犬の場合は「膿皮症」と呼ばれていて

顔…というよりも

お腹やワキなどにできやすいと言われています。

(もちろん皮膚であれば顔をはじめ、色んな場所にできる可能性があります)

 

 

原因は皮膚に細菌が繁殖するために起こるそうです。

だから菌が繁殖しやすい環境である、湿気の多い季節や

汚れがつきやすい場所の皮膚にできやすいと言われています。

もしくはアレルギー症状などが原因でできやすくなる場合もあるそうです。

 

そのため、お散歩の後など汚れた足でかきやすい

お腹部分やワキに細菌が繁殖し、

ひっかいた傷口から菌が入り込んで

ニキビができやすいとされているのです(>_<)

 

 

この犬のニキビ…膿皮症は

感染がどんどん進んで症状も変化する皮膚病です。

実は膿皮症は犬にはとても多い皮膚病の1つ(^_^;)

 

感染が浅いうちは皮膚の表面にニキビのようなおできができますが、

感染が進むと毛の根元の角質層や表皮にまで広がります。

ニキビのようなおできももちろんありますが、

それがはじけて炎症が起こり、

脱毛症状が出る場合もあります。

 

そして更に感染が進むと

もっと深い真皮というところまで感染が広がります。

こうなってしまうと痒みも強くなります(>_<)

また炎症もひどくなり出血することもあります…

これが原因で体調をくずすこともあり、

治療にも時間がかかります(´;ω;`)

 

 

人のニキビと同じく

犬のニキビである膿皮症も

どんな犬種でもできることがあります。

しかも人間と同じく

2歳くらいまでの若い犬に多いとされています!

…まぁ、これは

若い犬は皮膚が弱いということが理由だそうですが(^_^;)

 

ちなみにどんな犬でもなりますが、

特にダックスフンドやゴールデンレトリバー、ピンシャー、キャバリアなどは

犬のニキビである膿皮症になりやすいと言われています。

 

 

この犬のニキビの治療法は

抗生物質を飲ませるのがほとんどのようです。

痒みが強いと悪化させやすいので

一緒に痒み止めを処方される場合もあります。

初期でまだ感染度も浅い場合は

シャンプー療法のみで治療をしたり

放っておいて自然と治るケースもあるそうです。

つまりできるだけ早い治療が大切ですね♪

 

愛犬とのスキンシップの際に

ボディチェックをして

体にプチッとニキビのようなものを見つけたら

獣医さんに診てもらいましょう!

早期であるほど治療はラクですし

犬もつらい思いをしなくてすみます。

 

また膿皮症だと思っていたら腫瘍だった…

ということもあるかもしれません(>_<)

考えたくないことですが

もしそうだった場合も早期発見によって

恐ろしい病気から愛犬を守ってあげられる可能性を高められます!

気になるおできは必ず診てもらってくださいね♪

 

 

愛犬がニキビ…膿皮症にならないために大切なのは

汚れやすい足やお腹部分を

お散歩後にしっかりとケアしてあげたり、

食後汚れやすい口周りや

排泄物で汚れやすいお尻周りなどを

常に清潔にすることを心がけてあげることです♪

また湿度が高くなって菌が繁殖する環境を皮膚に作らないために、

ブラッシングで死毛をしっかりと取り除き

風通しを良くしてあげることや

雨散歩の後、シャンプーの後、水遊びの後など

被毛が濡れたらしっかりと根本から乾かしてあげることが大切です!

 

ニキビってできると憂鬱だしつらいですよね…

愛犬にニキビができないために

ぜひ意識してみてください♪

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

439939886_c9202633b9_o

犬も花粉症で苦しむの?

  花粉がつらい季節となりました。 今は杉花粉ですね(^_^;)

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

14e1b69251b5cb7c3de2ac8259b1ca29_s

犬とフケ

愛犬の被毛に白い粉のようなものが… それはフケの可能性があります。 そう、犬も人

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

犬の肥満とダイエット!

  肥満になると 人間でも健康診断で注意を受けますね(^_^;)

記事を読む

P1020081

焦げる?暖房器具と犬の低温やけど

  春の陽気かと思いきや 冷たい風で寒さを感じる日が続いていますね。

記事を読む

NEC_0034

犬の雪目と紫外線!

  皆さまあけましておめでとうございます! 2016年がスター

記事を読む

fc61c11390544cbd69b4e21d6a30e505_s

犬の結膜炎とちょっとした目のお話。

    嗅覚や聴覚が私たちよりも良いとされる犬ですが

記事を読む

inu24

老犬が下痢になったときの対処法

  老犬が下痢になりやすい原因は 前回の記事にてご紹介しました。

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

犬の老化と酸化の関係

    あまり馴染みのない言葉ですが 物質を酸化する力

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>