*

犬にもニキビができる?!

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 犬の病気


9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

 

若いころに悩まされたニキビ…

思春期の頃にお肌にプツンとあるのがイヤでしたね(>_<)

そんな憂鬱な存在ですが

実は犬にもニキビができるってご存知でしたか??

犬の場合は「膿皮症」と呼ばれていて

顔…というよりも

お腹やワキなどにできやすいと言われています。

(もちろん皮膚であれば顔をはじめ、色んな場所にできる可能性があります)

 

 

原因は皮膚に細菌が繁殖するために起こるそうです。

だから菌が繁殖しやすい環境である、湿気の多い季節や

汚れがつきやすい場所の皮膚にできやすいと言われています。

もしくはアレルギー症状などが原因でできやすくなる場合もあるそうです。

 

そのため、お散歩の後など汚れた足でかきやすい

お腹部分やワキに細菌が繁殖し、

ひっかいた傷口から菌が入り込んで

ニキビができやすいとされているのです(>_<)

 

 

この犬のニキビ…膿皮症は

感染がどんどん進んで症状も変化する皮膚病です。

実は膿皮症は犬にはとても多い皮膚病の1つ(^_^;)

 

感染が浅いうちは皮膚の表面にニキビのようなおできができますが、

感染が進むと毛の根元の角質層や表皮にまで広がります。

ニキビのようなおできももちろんありますが、

それがはじけて炎症が起こり、

脱毛症状が出る場合もあります。

 

そして更に感染が進むと

もっと深い真皮というところまで感染が広がります。

こうなってしまうと痒みも強くなります(>_<)

また炎症もひどくなり出血することもあります…

これが原因で体調をくずすこともあり、

治療にも時間がかかります(´;ω;`)

 

 

人のニキビと同じく

犬のニキビである膿皮症も

どんな犬種でもできることがあります。

しかも人間と同じく

2歳くらいまでの若い犬に多いとされています!

…まぁ、これは

若い犬は皮膚が弱いということが理由だそうですが(^_^;)

 

ちなみにどんな犬でもなりますが、

特にダックスフンドやゴールデンレトリバー、ピンシャー、キャバリアなどは

犬のニキビである膿皮症になりやすいと言われています。

 

 

この犬のニキビの治療法は

抗生物質を飲ませるのがほとんどのようです。

痒みが強いと悪化させやすいので

一緒に痒み止めを処方される場合もあります。

初期でまだ感染度も浅い場合は

シャンプー療法のみで治療をしたり

放っておいて自然と治るケースもあるそうです。

つまりできるだけ早い治療が大切ですね♪

 

愛犬とのスキンシップの際に

ボディチェックをして

体にプチッとニキビのようなものを見つけたら

獣医さんに診てもらいましょう!

早期であるほど治療はラクですし

犬もつらい思いをしなくてすみます。

 

また膿皮症だと思っていたら腫瘍だった…

ということもあるかもしれません(>_<)

考えたくないことですが

もしそうだった場合も早期発見によって

恐ろしい病気から愛犬を守ってあげられる可能性を高められます!

気になるおできは必ず診てもらってくださいね♪

 

 

愛犬がニキビ…膿皮症にならないために大切なのは

汚れやすい足やお腹部分を

お散歩後にしっかりとケアしてあげたり、

食後汚れやすい口周りや

排泄物で汚れやすいお尻周りなどを

常に清潔にすることを心がけてあげることです♪

また湿度が高くなって菌が繁殖する環境を皮膚に作らないために、

ブラッシングで死毛をしっかりと取り除き

風通しを良くしてあげることや

雨散歩の後、シャンプーの後、水遊びの後など

被毛が濡れたらしっかりと根本から乾かしてあげることが大切です!

 

ニキビってできると憂鬱だしつらいですよね…

愛犬にニキビができないために

ぜひ意識してみてください♪

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s

犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同じで 犬はいくつになって

記事を読む

64d136e38c56c1bd9913e48a7a8336c0_s

愛犬がガンと戦うとき。その治療法の種類とは?

    獣医療の発展にともなって 犬の寿命もど

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

愛犬を老化させる「酸化」って何??

    よく犬の健康についての記事で 「酸化」が良くな

記事を読む

NEC_0034

犬と紫外線の注意点

    日中は日差しが強い日も増えてきましたね。 この

記事を読む

062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s

犬と肥満と糖尿病

  可愛い可愛い愛犬が ちょーだいと可愛くおねだりするままに お

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

a49077be64e968b4c3017feb3271c6ad_s

犬とデトックス

  私たち人間も健康のために 体内から毒素を出す 「デトックス」

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬としゃっくり

    しゃっくりをしたことない人っていないと思います。

記事を読む

3d69d176e987ef5bb2a6f49e867ed3e0_s

大型犬は特に注意!犬と胃捻転

      犬の胃捻転って、ご存知でしょうか

記事を読む

b3d079967d12d9b2b1743ef9eb7fa8af_s

犬種別、老犬の長生きの秘訣!

  「犬」とひとくくりにしても 私達以上に犬には個体差があります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る