*

犬が地面にお尻を擦りつけるのは何故?

公開日: : 犬のケア, 犬の病気


454bd41e7c5bfde08a9828520e067c8c_s

 

 

 

愛犬が何やらゴソゴソ・・・

地面にお尻を擦りつけているってことありませんか?

見た目はちょっと滑稽で

なにやら笑ってしまう行動なのですが、

なんでかな?と思う方も多いと思います。

 

 

 

 

長毛の犬種の場合に多いのですが

単純にお尻の毛に何かが絡まってしまっていて

それが違和感で擦りつけている場合があります。

 

 

 

また、トイレの後で

お尻にウンチがまだついてしまっていたり、

ちょっと痒いんだけど足が届かないから・・・

と、地面に擦りつけている場合もあります。

飼い主さんにとってはちょっと悲鳴あげたくなりますね(^^;

そんな時はそっとお尻を拭いてあげてください笑

 

 

 

▼天然の消臭・除菌成分配合のウェットティッシュ▼

0000000013712

ヒアルロン酸配合でお肌にも優しい♪

コスパ抜群のウェットティッシュ!

 

 

 

しかし、

実はこの行動が

病気やトラブルのサインという場合もあります(>_<)

 

 

 

お尻を地面に擦りつけるだけでなく

お尻を舐めていたり

尻尾を追いかけるような行動も見られる場合は

もしかしたらそれは肛門周辺にトラブルがある可能性があります!

 

 

 

もしお尻を擦りつけている他に

お尻を舐めている様子が見られるなら

肛門腺が溜まっている可能性があります。

 

 

 

肛門腺ってご存知ですか?

これは犬のお尻にある、肛門膿という臭い液体を貯めるところです。

 

 

 

通常はウンチと一緒に排泄されていくものですが、

最近は定期的に絞り出さないと

溜まっていってしまう犬が多いです。

実はトリマーさんにトリミングを任せている場合は

この肛門腺をちゃんと絞ってくれます。

 

 

 

しかし、お家シャンプー派の場合はこれをしなかったり

不十分で肛門膿がたまってしまい

肛門腺が破裂してしまう危険性があります。

絞っているつもりでも

絞り切れていない場合もあります・・・

そのため、もしかしたらこの肛門膿がたまっているせいで

絞り出そうとしてお尻を擦りつけている場合があるのです!

 

 

 

心当たりがある場合は

獣医さんやトリマーさんに絞ってもらってみてくださいね!

 

 

 

その他考えられる原因の1つとして

寄生虫がいる場合があります。

 

 

 

寄生虫がいると

もちろんお尻がムズムズするので

それを掻こうとしてお尻を擦りつけている可能性があります。

もちろん、その場合は動物病院で検便をしてもらいましょう!

 

 

 

 

また、肛門周辺に腫瘍がある場合もあります。

未去勢の雄犬

肛門腺ガンなど腫瘍ができやすいとされているので注意が必要です。

 

 

 

腫瘍が大きくなると排便が困難になったり

大きくなった腫瘍を切除すると

肛門の締まりが悪くなってしまい

手術後の管理が大変になってしまうこともあります。

 

 

 

腫瘍が大きくなるスピードは速いので

小さいうちに発見して

すぐに取り除いてもらうことが大切です。

未去勢の雄は特に、肛門周辺のチェックはこまめにしましょう!

 

 

 

そして、肛門のう炎という病気の可能性もあります。

これは肛門腺が炎症を起こしてしまう病気で、

悪化すると化膿してしまうので注意が必要です。

 

 

 

小型犬に多く見られると言われていますが、

老犬になると肛門の筋力が低下し、

ウンチのきれが悪くなり

肛門周辺が汚れやすくなります。

また、寝たきりの老犬の場合も

排泄介護で肛門周辺が汚れやすくなるので

炎症を起こしやすくなります。

 

 

 

そのため、肛門のう炎を予防するためには

肛門周辺を清潔にすることが大切!

そして一番最初にもご紹介したように

肛門腺を定期的に絞ってあげることが大切です。

 

 

▼全身のお手入れに大活躍の天然成分ケアスプレー♪▼

0000000013742

植物成分と食品添加物レベルの天然由来成分のみだから舐めても安全!

手足や顔周り、お尻周りなど全身のお手入れに♪

 

 

 

愛犬がお尻を擦りつけていたら

まずは何か異変はないかチェックして

定期的に肛門周りのケアと

肛門腺をしぼってスッキリさせてあげてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼ケアアイテムも充実♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

P1000171

夏は犬も食中毒にご注意を!

  これから高温多湿の夏がやってきますね… 梅雨になれば湿度はぐぐっと

記事を読む

35

老犬と白内障

愛犬の目が光の加減で濁って見えたりしませんか? 老犬になると 目が白く濁ってしま

記事を読む

inu24

老犬の更年期障害?

人間は40歳後半から50歳前半くらいの年齢を「更年期」としていて このくらいの時にホル

記事を読む

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

老犬が痙攣を起こした際の対処法

  前回は老犬が痙攣を起こす原因についてご紹介しました。 そこで今回は

記事を読む

NEC_0034

犬も紫外線対策は必要なの?

  紫外線といったら私たちは夏に対策するものと思いがちですが、 3月か

記事を読む

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

inu11

夏の湿気と愛犬の耳掃除

  これから夏本番になるにつれて 日本の気候は高温多湿になりますね(^

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>