*

老犬が気をつけたいクッシング症候群

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気


8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

 

 

 

みなさんは

クッシング症候群という病気をご存知ですか?

人では難病と言われる病気ですが、

実は犬もクッシング症候群になり、

しかも珍しい病気ではないと言われています。

 

 

 

クッシング症候群は

約7歳以上の高齢犬にかかりやすい病気で、

副腎という腎臓の近くにある臓器から、

コルチゾールというホルモンが、

過剰に分泌されてしまう病気です。

 

 

 

そもそもコルチゾールというホルモンは

血糖を上昇させて一定に保つなど、

体が活発になる状態を保つために働きます。

そのため、コルチゾールが過剰に分泌されると

どんどん血糖が上がってしまうのです。

 

 

 

それによって

多飲多尿になったり

血糖をあげるために筋肉や脂肪が分解されるため

筋肉量が減った

沢山食べていても痩せていったり

脱毛毛が薄くなったり

お腹が膨れたりします。

 

 

 

毛が薄くなったり

お腹がぽっこりしてくるのは

高齢犬だと老化現象だと勘違いして

見過ごしてしまうケースも多いです。

しかし、お腹がぽっこりしてきても

その他が痩せてきている場合は

クッシング症候群の可能性があるので注意が必要です!

 

 

 

また、クッシング症候群になると

常に血糖値が高い状態になるため

糖尿病膀胱炎皮膚炎など

別の病気を併発しやすくなってしまいます。

 

 

 

では、なぜクッシング症候群になってしまうかというと、

その原因にはいくつかの種類があります。

 

 

 

まず、副腎にコルチゾールを分泌する指令を出す

「下垂体」という部分に腫瘍ができる場合や、

コルチゾール自体を作っている副腎に腫瘍がある場合など、

自然に発症するケースがあります。

 

 

 

その他に、

アトピー性皮膚炎の治療などのために

長期もしくは多量にステロイド剤を投与していた場合、

その副作用として発症するケースがあります。

 

 

 

クッシング症候群になってしまった場合、

その治療法は薬物治療

腫瘍が原因の場合は

手術や放射線治療を行う場合もあります。

 

 

 

残念ながら

クッシング症候群の予防法というものはありません

そのため、いかに早く発見ができるか

早く治療を開始できるかがポイントとなってきます!

 

 

 

そのためにも

愛犬の普段の様子をしっかりと観察すること。

小さな変化を感じ取り、見逃さないことが大切です。

とくに高齢犬や老犬になると

小さな変化は「老化現象」として見過ごしがちになりますが、

老化だと決めつけず、

おかしいなと思ったら獣医師に相談してみましょう

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬をクッシング症候群から守るために

ぜひこの病気がどんなものなのか、

どんな症状なのかを頭にいれておき、

愛犬の小さなサインを見逃さないようにしてくださいね!

本日もお付き合い頂きありがとうございました♪

 

 

 

▼高齢犬に係る様々な情報も発信します!ペットベリー♪▼

ペットベリー本店

 

関連記事

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_m

犬に扇風機は効果がないの?

  これから暑くなると 様々な冷房器具が活躍しますね! まずはな

記事を読む

73458dd628eaa8d60e6841f9a9fa7887_s

知っておきたい犬とカルシウムの関係

    皆さんの犬のイメージって 丈夫ですか?それとも

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

老犬とワクチン

    愛犬を様々な病気から守るため 定期的に「予防接

記事を読む

DSC_0124

愛犬にも虫よけ対策を

  あたたかくなると 虫もたくさん出現してきますね・・・ 犬はど

記事を読む

IMG_2898

間違えやすい?愛犬の上手な褒め方!

  みなさんはどのように愛犬を褒めているでしょう? しつけにおいて、「

記事を読む

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

犬にもニキビができる?!

  若いころに悩まされたニキビ… 思春期の頃にお肌にプツンとあるのがイ

記事を読む

P1050098

犬もレム睡眠をする?

  私たちの睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですが、 実

記事を読む

458c74d4b3df5742739792fd88f04665_s

老犬のために考えたい「湿度」

  土日は暑かったですね。 このままジメジメ暑い梅雨になるのでしょうか

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る