*

老犬が気をつけたいクッシング症候群

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気


8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

 

 

 

みなさんは

クッシング症候群という病気をご存知ですか?

人では難病と言われる病気ですが、

実は犬もクッシング症候群になり、

しかも珍しい病気ではないと言われています。

 

 

 

クッシング症候群は

約7歳以上の高齢犬にかかりやすい病気で、

副腎という腎臓の近くにある臓器から、

コルチゾールというホルモンが、

過剰に分泌されてしまう病気です。

 

 

 

そもそもコルチゾールというホルモンは

血糖を上昇させて一定に保つなど、

体が活発になる状態を保つために働きます。

そのため、コルチゾールが過剰に分泌されると

どんどん血糖が上がってしまうのです。

 

 

 

それによって

多飲多尿になったり

血糖をあげるために筋肉や脂肪が分解されるため

筋肉量が減った

沢山食べていても痩せていったり

脱毛毛が薄くなったり

お腹が膨れたりします。

 

 

 

毛が薄くなったり

お腹がぽっこりしてくるのは

高齢犬だと老化現象だと勘違いして

見過ごしてしまうケースも多いです。

しかし、お腹がぽっこりしてきても

その他が痩せてきている場合は

クッシング症候群の可能性があるので注意が必要です!

 

 

 

また、クッシング症候群になると

常に血糖値が高い状態になるため

糖尿病膀胱炎皮膚炎など

別の病気を併発しやすくなってしまいます。

 

 

 

では、なぜクッシング症候群になってしまうかというと、

その原因にはいくつかの種類があります。

 

 

 

まず、副腎にコルチゾールを分泌する指令を出す

「下垂体」という部分に腫瘍ができる場合や、

コルチゾール自体を作っている副腎に腫瘍がある場合など、

自然に発症するケースがあります。

 

 

 

その他に、

アトピー性皮膚炎の治療などのために

長期もしくは多量にステロイド剤を投与していた場合、

その副作用として発症するケースがあります。

 

 

 

クッシング症候群になってしまった場合、

その治療法は薬物治療

腫瘍が原因の場合は

手術や放射線治療を行う場合もあります。

 

 

 

残念ながら

クッシング症候群の予防法というものはありません

そのため、いかに早く発見ができるか

早く治療を開始できるかがポイントとなってきます!

 

 

 

そのためにも

愛犬の普段の様子をしっかりと観察すること。

小さな変化を感じ取り、見逃さないことが大切です。

とくに高齢犬や老犬になると

小さな変化は「老化現象」として見過ごしがちになりますが、

老化だと決めつけず、

おかしいなと思ったら獣医師に相談してみましょう

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬をクッシング症候群から守るために

ぜひこの病気がどんなものなのか、

どんな症状なのかを頭にいれておき、

愛犬の小さなサインを見逃さないようにしてくださいね!

本日もお付き合い頂きありがとうございました♪

 

 

 

▼高齢犬に係る様々な情報も発信します!ペットベリー♪▼

ペットベリー本店

 

関連記事

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬が便秘になったら?

    女性に多いお悩みのひとつ、「便秘」! 実は犬も

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

老犬のアンチエイジング

  愛犬は1日1日歳をとり いずれは高齢犬となります。 私たちに

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

愛犬が老犬になるということ

  はじめましての方も、そうでない方も、こんにちは! ペット用品サイト

記事を読む

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

老犬が痙攣を起こした際の対処法

  前回は老犬が痙攣を起こす原因についてご紹介しました。 そこで今回は

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

短頭犬種が気をつけること!

    パグちゃんやフレンチブルドッグちゃんなど ファ

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る