*

夏のダメージに気を付けたい、犬の肉球

公開日: : 犬のケア, 犬の病気, 犬の豆知識


cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s
 

 

犬の肉球って

何とも言えない気持ちよさですよね♪

触るのが好きな人も多いのでは??

 

 

 

しかし、子犬の頃は気持ちよくて触っていた肉球も

そういえば成犬~老犬になるにつれ

だんだん触らなくなっていませんか?

改めて触ってみると

子犬の頃のぷにっと感がなくなっている!

と実感する方も多いのでは??

 

 

 

実は犬の肉球も

きちんとケアしなければ

荒れたり硬くなったりしていきます

それは老化と言ってもいいのですが、

見過ごしていい現象とはいいがたいです。

 

 

 

そもそも肉球というものは

犬にとって

人で言う靴の役割を担っています。

靴は足を守ったり

歩行のサポートをしてくれるものですね。

 

 

 

同じく犬の肉球も

その弾力で足にかかる衝撃を吸収したり、

足元が滑らないための滑り止めの役割を果たします。

 

 

 

それが角質によって硬くなった

カサカサに乾燥したりすると

そのグリップ力が低下してしまい、

衝撃を吸収しにくくなり、

足元も滑りやすくなってしまうため、

老犬の足腰や関節に負担がかかりやすくなってしまいます。

 

 

 

また夏の季節は

熱いアスファルトを歩くことで

火傷をしてしまったり

石などで肉球が傷付いてしまうこともあります。

 

 

▼夏の熱い地面から愛犬の足を守る!ウルトラパウブーツ▼

Screenshot_2

外トイレ派など、どうしても夏のアスファルトを歩く犬に!

 

 

 

実は肉球は再生力が弱いため、

肉球をケガしてしまうと

治りにくいと言われています・・・

また肉球は足の裏という場所にあるため

どうしても傷を安静にしにくい場所でもあります。

 

 

 

さらに犬は肉球をケガすると

その違和感から舐めてしまうため

よけいに治りが遅くなったり

悪化させてしまう場合もあるのです

 

 

 

そのため、

万が一肉球に傷を発見したら

獣医さんに診てもらってくださいね!!

 

 

▼トラブルを抱えた愛犬の足を守る!メディカルブーツ▼

Screenshot_1

 

 

 

夏の肉球ダメージや

老化による肉球ダメージから

プニプニ感を守るためには

肉球ケアが大切です♪

 

 

 

散歩から帰ったら

足の裏をケガしていないか

肉球の間にゴミなど汚れが溜まっていないかチェックしましょう!

 

 

 

散歩後など肉球の汚れを洗ったり

濡れタオルで拭う方が多いですが

濡れたままだと乾燥や炎症の原因になる可能性があるので

濡らした後は必ずしっかり乾燥をさせてください!

 

 

 

ただし、

肉球のケアのためといって

あまりにこまめに洗ったり

濡れたタオルやウェットティッシュで拭ったりすると

必要な脂も取り除いてしまったり

逆に摩擦により乾燥

肉球のひび割れの原因となることがあります。

愛犬の肉球ケアは

多くて1日に1回程度ほどがいいようです。

 

 

 

また、爪が伸びすぎている

内巻きになって肉球を傷付けることもあるので

長くなりすぎないよう定期的にカットしてください。

 

 

▼愛犬の爪を優しくカット♪深爪しにくいギロチン型ツメきり(やすりつき)▼

0000000011372

 

 

 

実は長毛犬種の場合

足の裏の毛も長く伸びてきます。

すると肉球を覆ってしまい

足元が滑りやすくなることがあるので、

これも肉球に被らないようにカットしましょう。

 

 

 

また、肉球用の保湿クリームもあるので

これをぬって保湿ケアをしてあげることで

肉球のカサつきを防ぎましょう!

老化などで角質化したカサカサの肉球は

バリア機能が低下して傷付きやすくなります!

保湿してバリア機能をとりもどし

プニプニで傷付きにくい肉球を目指しましょう♪

 

 

 

まずは足の裏の汚れをふきとって

肉球用のクリームやローションを

優しくマッサージしながら塗り込んでください。

足を舐める犬も多いので

舐めても安全なクリームを選ぶことが大切です!

 

 

▼愛犬が舐めても安全!天然成分の肉球&関節ローション▼

pgtka118c1

 

 

▼飼い主と一緒に使える!食品レベルの素材で安心の保湿クリーム▼

0000000011542

 

 

 

ただ、犬がしきりに肉球を舐めてる場合

それはストレスやケガ、病気が原因の場合もあります。

 

 

 

犬はストレスがたまったときに

ストレス発散をしようと

ずっと肉球を舐める場合があります。

ストレスサインである場合は見逃さず

何が原因なのかを追究し

ストレスの原因を取り除いてくださいね。

 

 

 

また、アレルギーなどで炎症を起こしていたり

ケガをしていると

その違和感からずっと肉球を舐めていることがあります。

アレルギーの場合は

もちろんその原因を絶たないといけません。

ケガの場合もしかるべき治療が必要となりますので、

獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬のぷにっとした肉球のために

ぜひ意識してみてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼ケア用品も充実♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

 

関連記事

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬の痙攣はなぜ起こる?

  老犬が急に痙攣をおこせば もちろん飼い主さんは驚き、不安になります

記事を読む

DSC_0048

ダニは愛犬の命にかかわる?

    暖かくなってきました。 すると活発になる虫・・

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬が便秘になったら?

    女性に多いお悩みのひとつ、「便秘」! 実は犬も

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s

犬と肥満と糖尿病

  可愛い可愛い愛犬が ちょーだいと可愛くおねだりするままに お

記事を読む

1 (2)

犬も夏バテ!その症状と解消法

      犬は体温を下げるのが苦手なので

記事を読む

a49077be64e968b4c3017feb3271c6ad_s

犬とデトックス

  私たち人間も健康のために 体内から毒素を出す 「デトックス」

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

愛犬のフィラリアは飼い主が100%防げる!

  フィラリアは犬を飼育する飼い主さんなら 必ず耳にしたことがある病気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る