*

犬の乳がん

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識


4873186cea85721f76d192f120013ce9_s

女性が心配する病気の1つ、「乳がん」

これは人間だけでなく

犬もかかる病気です。

 

 

人と同じく

犬の乳がんの場合も

乳腺に「しこり」ができます。

 

 

人の場合、胸は2つですが

犬は左右に5個ずつあり、

それぞれに乳腺があります。

(犬によって数は多少前後します)

その乳腺に腫瘍ができてしまうのが「乳腺腫瘍」ですね。

実は犬の場合も乳腺腫瘍は

メスの犬にとても多くみられる腫瘍の1つなのです。

 

 

 

犬の場合の乳腺は

脇の下から足の付け根まで

広い範囲に延びています。

そのため、胸のまわりだけでなく

お腹の辺りも腫瘍ができておかしくありません。

しこりを感じたらすぐに獣医さんに相談しましょう。

 

 

 

さて、乳腺腫瘍といっても

すべてが悪性なわけではなく

乳腺腫瘍が悪性のガンである確率は約半分で

良性である場合も多いです。

 

 

良性の腫瘍は転移をすることはありませんが、

悪性の乳腺腫瘍の場合は

およそ5割が転移をすると言われています。

乳がんになりやすいのは

犬の場合も10歳前後と

老犬であることが多いです。

 

 

 

犬の場合も

乳がんは早期であるほどに根治の可能性が高くなります。

日ごろからよく愛犬と触れ合い

ボディチェックをしましょう。

 

 

 

乳がんでできる「しこり」は

犬の場合も大きさや硬さは様々。

しかし小さいほど良性の可能性が高く

逆を言えば大きいと悪性や転移の危険性が上がります。

 

 

 

また、良性の場合は痛みを伴わないのに比べ

悪性は痛みや違和感から

胸やお腹に触られるのを嫌がるようになることもあります。

そのほか乳腺の張りや腫れ、

乳腺孔から分泌物や膿が出る場合もあり、

またしこりが熱を持っていたりすることもあります。

 

 

 

とはいえ、

乳がんの良性と悪性の見分けは難しいので

気になるしこりを発見したら

すぐに獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

犬の乳がんの予防として

よく挙げられているのは「避妊手術」です。

これは乳がんの原因として

ホルモンの影響があるからだと考えられているからです。

 

 

 

実際に、初めて発情期を迎える前に

避妊手術をした犬の場合

乳がんの発生率はグッと低くなるという報告があります。

しかし、

発情期を数回経験している場合

その後で避妊手術を受けても

乳がんの発生率はあまり低下しないという報告もあるのです。

 

 

 

そのため、一概に「乳がん予防のためにも避妊手術を!」

ということはできません。

飼い主さんひとりひとりに

避妊手術に対する考えも違うと思いますので

こればかりはタイミングも含め

飼い主さんが最善と思う方法をとることが一番です。

 

 

 

何よりも早期発見のために大切なのは

やはり日々愛犬に触れることで

ボディチェックをすることですね。

最低、1か月に1回は

乳腺付近を念入りに触って確かめましょう!

 

 

 

また、肥満も乳がんの危険性を高めると言われています。

愛犬のカロリーコントロールをしっかりし、

適度な運動と食事を心がけることで

愛犬の体重管理をしっかりしてあげてください!

 

 

▼肥満が気になる愛犬に!肥満対策アイテム▼

fat

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

私たちにとっても身近な「乳がん」ですが

実は犬にとっても身近なものなのです。

愛犬の命をまもるためにも

ぜひ意識してあげてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました♪

 

 

 

▼老犬との暮らしをサポートするサイト「ペットベリー」はこちら▼

ペットベリー本店

関連記事

1ca917e8a22203e74c3bebf419768c1f_s

犬もドライアイになる?!

  ドライアイの人、多いですよね。 どうやら目を10秒間瞬きせずあけて

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり知られていない?犬とガンの関係

  私たち人間はもちろん 今では犬の間でも恐れられている「ガン」

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬の外耳炎は繰り返しやすい!

皮膚疾患と同じく 犬がかかりやすい病気の1つである外耳炎。 発症件数が多く、

記事を読む

80fd01676401016c97cef886e2ea245d_s

湿度が重要!犬の暑さ対策

      日本の夏は暑いですね。 気

記事を読む

1 (2)

高齢犬の暑さ対策に クールダウンの方法

    最近急に暑くなってきましたね! とはいえ、

記事を読む

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s

犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同じで 犬はいくつになって

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

愛犬の便秘、どうすればいい??

  人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」! 実は犬も便秘になるってご

記事を読む

8a17105824fa09d6224245fdec2fd32b_s

愛犬が焦げる?冬の低温やけど

  冬になって寒くなると 人だけでなく愛犬のためにも ストーブや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>