*

犬の外耳炎は繰り返しやすい!

公開日: : 犬のケア, 犬の病気


ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

皮膚疾患と同じく

犬がかかりやすい病気の1つである外耳炎。

発症件数が多く、

また再発するケースが多い病気です。

 

 

 

外耳炎というのは

外耳が炎症を起こすことですが、

この外耳というのは、

鼓膜より外側の耳の部分になります。

 

216445

 

上のイラストを見てわかるように

犬の耳の中はL字に曲がっています。

ココが炎症を起こすと

外耳炎と診断されることになります。

 

 

このL字に曲がっている

犬の耳の構造が

外耳炎を起こしやすい原因の1つ。

こうなっていることで通気性が悪く、

汚れがたまりやすくや湿気がこもりやすいのです!

 

 

垂れ耳の犬の場合は

さらに通気性が悪くなりますし

毛が抜けない犬種の場合は

耳の中にもけが生えてしまうことで

さらに汚れやすく湿気がこもりやすくなります。

 

 

 

この高温多湿な状態は

実は菌が住みやすく増えやすい環境。

そのため

耳垢がたまって汚れることで

菌に感染しやすくなり、

犬は外耳炎になりやすく

また再発しやすいのです。

 

 

 

また、その他にも

体質で外耳炎になりやすい犬もいます。

食物アレルギーがあったり

肌がべたつきやすい犬も

菌が繁殖しやすく外耳炎になりやすい傾向にあります。

 

 

 

その他にも考えられる原因がありますが、

詳しくはこちらのコラムで

獣医さんが丁寧に説明しているので

ぜひ参考にしてみてください!

 

▼獣医師わんにゃんコラム▼

wainyan_column_9

 

 

 

犬が外耳炎になったサインとして

耳を痒がってかくのはもちろん、

頭をブルブルっとよくふっていたり、

耳を擦りつけようとするほか、

耳垢が増えたり

異臭がするなどの変化があれば、

愛犬が外耳炎になっているサインです。

 

 

 

予防をするためには

「適切な頻度で」愛犬の耳掃除をすること!

 

 

 

この頻度はかなり重要です。

犬の皮膚はとてもデリケートなので

頻繁に耳掃除をしてしまうと

耳の中を痛めてしまい

それが炎症の原因になることがあります。

 

 

 

ペースは大体1週間に1度くらい。

綿棒は耳を傷付けるので絶対にNG!

冒頭で説明したように

犬の耳はL字に曲がっているので

綿棒で掃除しても汚れはとれません。

 

 

 

オススメは洗浄液でのケアです。

犬の耳掃除用の洗浄液を使用し、

汚れを浮かして、

コットンなどで拭きとるのがベスト!

 

 

▼獣医師監修!耳のケアの洗浄液▼

Screenshot_1

 

▼デリケートな犬の耳にも優しい!拭き取りにおすすめのオーガニックコットン▼

Screenshot_2

 

 

 

洗浄液でのケアは

マッサージ法を利用するのがおすすめ。

方法はこちらのコラムでもくわしく紹介しています!

 

▼獣医師わんにゃんコラムの「外耳炎の治療」を参照!▼

wainyan_column_9

 

 

 

 

繰り返しやすい外耳炎は

獣医さんの適切な治療が大切!

耳のトラブルを感じたら

獣医さんに診てもらってくださいね。

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

87b76579aeb51c5c6949c8d8287f6a77_s

老犬が痙攣を起こした際の対処法

  前回は老犬が痙攣を起こす原因についてご紹介しました。 そこで今回は

記事を読む

1 (2)

犬も夏バテ!その症状と解消法

      犬は体温を下げるのが苦手なので

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

犬の老化と酸化の関係

    あまり馴染みのない言葉ですが 物質を酸化する力

記事を読む

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは考えないですよね(^^;

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり知られていない?犬とガンの関係

  私たち人間はもちろん 今では犬の間でも恐れられている「ガン」

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_l

犬の乳がん

    私たち人間の女性で 今とても恐れられている「乳

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

c23b35966e329e6277bac7f815d67027_s

犬と乳がん

  女性の病気として騒がれている「乳がん」 実はこれ、人間だけの病気で

記事を読む

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

高齢犬と白内障

  高齢犬になると多く見られる症状の1つに 「目が白っぽくにごる」とい

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>