*

犬とフケ

公開日: : 犬のケア, 犬の病気


14e1b69251b5cb7c3de2ac8259b1ca29_s

愛犬の被毛に白い粉のようなものが…

それはフケの可能性があります。

そう、犬も人と同じく

フケが出る場合があります。

 

 

 

もちろん犬の場合であっても

フケは何等かの皮膚トラブルが考えられます。

 

また、皮膚トラブルではない場合では、

極度に緊張したときに

一時的にフケがでる犬や、

病気が原因で、その症状として

フケが出る犬もあるので

フケが見られたら注意が必要です。

 

 

 

そもそもフケとは何なのでしょうか?

 

 

 

実は、犬のフケは

皮膚が古くなって剥がれ落ちたもののこと。

 

 

 

犬も人と同じく

皮膚は複数の層でえきています。

犬の皮膚の奥では常に新しい細胞がうまれ、

表面の古い細胞はやがて剥がれ落ちます。

この剥がれ落ちたものがフケになり、

この流れをターンオーバーというのです。

 

 

 

犬の場合はこのターンオーバーが

だいたい3週間ほどで行われています。

 

 

 

つまり健康な犬であっても

常にフケは発生します。

しかし、

皮膚が健康な犬ならば

フケの量は少量ですし、

その少量のフケは

皮膚表面の常在菌の働きによって分解されるため

フケと認識されないことがほとんどなのです。

 

 

 

それでも犬のフケが気になる場合

それは何等かのトラブルが考えられます。

 

 

 

愛犬のフケが異常に増える場合、

それはターンオーバーの間隔が関わってきます。

通常3週間のサイクルである犬のターンオーバーが早くなると

常在菌の分解が追い付かなくなるため

フケの量が増えます。

 

 

 

ではなぜ、ターンオーバーが早くなるのでしょう?

それは皮膚の刺激に起こると考えられています。

たとえば

皮膚が炎症を起こしていたり

乾燥などの刺激を受けると

犬の皮膚は刺激から守ろうと

ターンオーバーを早くするのです。

 

 

 

その他に、犬の病気が原因でフケが増える場合があります。

まず、犬のフケのタイプには2種類あります。

カサカサとした乾燥したフケなのか

ベタベタと脂っぽくニオイのある脂性のフケなのか。

それによって原因も対処法も違うので

愛犬のフケがどちらのタイプなのか確認することが大切です!

 

 

 

白くて乾いたフケが沢山出る犬の病気の代表として、

ツメダニ症というものがあります。

これは名前の通りツメダニが感染する病気で

子犬に多い病気です。

このツメダニは犬の皮膚の表面にある

フケなどを食べて生活します。

そのため、フケを増やそうと皮膚に炎症を起こすのです。

これはツメダニ症を治療しなくては治らないので

すぐに獣医さんに診てもらい、治療してもらいましょう。

 

 

 

ベタっとした脂性のフケが増える犬の病気の代表としては、

脂漏性皮膚炎があります。

脂性のフケが増える犬の場合は

体臭が強くなる傾向もあるのでチェックしましょう。

 

 

 

これは遺伝的にかかる犬もいますが、

アトピーやアレルギー、

寄生虫などによる皮膚トラブルが原因である場合も多いです。

これにより皮膚のターンオーバーが異常に早くなり、

フケが増えてしまいます。

 

 

 

犬のフケの治療法として

もちろん原因をつきとめて

それを治療することが大切です。

 

そして同時に

薬用シャンプーを利用して

こまめに愛犬の体を洗い

フケを根気よく洗って症状の悪化を予防しましょう。

※回数などは獣医さんに相談しましょう

 

▼獣医師監修!薬用イオウシャンプー▼

0000000014612

フケ、かゆみを防ぎ、保湿効果のある薬用シャンプー!

 

 

▼ゾイック 薬用シャンプー▼

0000000012092

デリケートな皮膚を優しく洗い、ふんわりとした仕上がりに!

フレッシュフローラルの香りで薬臭さがありません!

 

▼薬用コンディショナー▼

0000000012172

ゾイック薬用シャンプーとペアで使うことで

皮膚を健康な状態へ近付けます!

保湿・静電気防止・毛玉防止・モイスチャーバランスを整えます!

 

 

 

ただし、

犬のシャンプーも方法を間違えれば

フケを増やす原因となってしまいます。

 

ポイントとしては

 

①シャンプーを直接被毛にかけるのではなく

スポンジなどで泡立てて、その泡で洗うこと。

②しっかりとゆすぐこと

③つよく擦らず、泡で優しく洗うこと

 

これらが大切です。

洗った後は自然乾燥させず

しっかり根元から乾かしてあげてください。

 

 

 

また、シャンプーのしすぎは

犬の皮膚バリアを落として

皮膚をカサカサにする場合があります。

特に病気などがない犬の場合は

個体差もありますが、

シャンプーの回数は

だいたい2~3週間に1回くらいがいいようです。

 

 

▼画像つきでわかりやすい!犬に負担のかからないシャンプー方法▼

Screenshot_1

 

 

 

病気以外にも

犬にフケが出やすい原因があります。

 

 

 

まず、乾燥する冬の季節に乾いたフケが出る犬の場合は

乾燥肌が原因の可能性があります。

この場合は犬用の保湿スプレーを使うと

皮膚を乾燥から守ってフケが改善される場合があります。

皮膚の乾燥対策をすると

皮膚のバリア機能をアップし

細菌感染予防にも繋がるためオススメです!

 

 

 

▼獣医師監修!動物病院レベルの高濃度セラミド保湿スプレー▼

pgpha111c1セラミドを高濃度に配合し、

健康的な皮膚バリア機能を保ちます!

 

 

 

また、シャンプーがあっていない場合も考えられます。

シャンプーをした2~3日後にフケが増える場合は

シャンプーの種類を見直しましょう。

肌が弱い犬の場合は

シャンプーが刺激となってしまっている場合があるので

シニア用や子犬用など

低刺激のシャンプーを選んでみましょう。

 

 

▼ペットベリーおすすめの低刺激シャンプー▼

0000000012292

子犬にも使えるほど低刺激なシャンプー!

トリートメントインシャンプーなので2回洗う必要がありません。

速乾性に優れているのでドライイングの時短効果も期待できます!

 

 

0000000012652

老犬用のシャンプー!

老化した皮膚被毛を強化する成分を配合し、

刺激性が少ない直物性アミノ酸系シャンプー基材を使用しているので

皮膚被毛のための超低刺激性シャンプーです! 

 

 

0000000012682

上記老犬用シャンプーと一緒に使用するコンディショナー

 

いかがでしょうか?

犬のフケが気になる場合は

何等かの問題がある可能性があるので

獣医さんに診てもらい

その原因を明らかにしてあげてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしをサポートする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

犬の肉球も乾燥ダメージを受ける?!

    冬は乾燥の季節ですね。 女性はハンドクリームが

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

愛犬の冬のシャンプーのポイント!

  だいぶ気温が下がってきたこのごろ。 愛犬のシャンプー 夏より

記事を読む

da5fbabfab59bc72a1133ae0125a52bb_m

犬もアトピー?知っておきたい対策

  犬は人間と同じような病気にかかりますが、 実はアトピーになる犬もい

記事を読む

a787673dcb7a3af4db3697190484dc2b_s

犬のいびきは危険信号?

  人の場合 睡眠時にいびきをかくのは 危険信号だと言われていま

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬の外耳炎は繰り返しやすい!

皮膚疾患と同じく 犬がかかりやすい病気の1つである外耳炎。 発症件数が多く、

記事を読む

9e5da0ff53c9d9181c862088edec1c4f_s

高齢の短頭種犬が長生きするポイント♪

  今まで、【小型犬】 【中・大型犬】 【胴長犬】の 長生きするための

記事を読む

P1070070

犬も肩こりになる?!

  犬用品を扱っている通販サイト店員である私は 主にデスクワークが仕事

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

老犬のアンチエイジング

  愛犬は1日1日歳をとり いずれは高齢犬となります。 私たちに

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>