*

犬も花粉症で苦しむの?

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気


439939886_c9202633b9_o

 

花粉がつらい季節となりました。

今は杉花粉ですね(^_^;)

実は私たちと同じく

犬も花粉症になると言われています。

 

ただ、花粉症の症状は

私たちと犬とでは少し違います。

私たちは鼻詰まりや鼻水、くしゃみや

喉の痛みや咳などの呼吸器系の症状が主ですが、

犬の場合これらの症状が出るのはまれです。

犬の花粉症の症状は

主に皮膚症状となってあらわれます。

 

鼻や目などの粘膜に炎症が起こったり

皮膚がかゆくなったりすることで

全身が皮膚炎になったりしてしまうことがあります…

 

犬は痒みを我慢するという認識がないので

体がかゆければかき続けてしまい

膿んだり炎症を悪化させるなどしてひどい状態になってしまうことも(>_<)

 

犬は皮膚トラブルの多い動物なので

体に炎症があらわれたからといって

それが花粉によるものなのか判断するのは難しいとされています。

ハウスダストや食物に反応している場合もあるので

どんな時に症状が出ているのか観察しましょう。

決まった季節に皮膚トラブルが起こる場合は

花粉症である可能性が高いです。

動物病院でアレルギー検査を行ってみるのもオススメです。

 

症状は違えど

花粉に体が反応し

アレルギー反応を起こしているという点は同じなので

花粉症対策は犬も人も似ています(*^^*)

 

 

まず大前提に

私たちは花粉が跳ぶ時期はざっくりと春のイメージが強いですが

実は花粉にも色々な種類があり

幅広い季節で飛んでいるのです(^_^;)

 

 

たとえば今、3月末くらいまではスギ花粉が多く飛びますが

実は4月から5月にかけてはヒノキ花粉が多く飛ぶのです!

ひとまとめにして「春の花粉症」と思っていますが

実はスギからヒノキへと変わっていたのですね(^_^;)

ただ、スギとヒノキの花粉は構造が似ているため

スギ花粉の花粉症の人はヒノキもアウトな場合が多いのだとか…

だからまとめて、春は花粉症の季節となってしまうのですね(_ _;)

 

さて、それが終わって5月に入ると

今度はイネ科植物の花粉が舞っているそうです。

これはさほど反応している人をみかけないので

あまり意識されていないのかもしれませんね。

 

8月から秋の間はキク科の植物であるブタクサやヨモギなどの花粉が飛びます。

これは最近ではけっこう有名ですね(^_^;)

秋の花粉症の到来です…

 

こうやって見ると年中花粉に悩まされますね。

花粉症の怖いところは

いつなってもおかしくないというところ。

最初にお話したように

花粉症は一種のアレルギー反応です。

体が花粉を「異物」と判断して

いつアレルギー症状を起こしてもおかしくありません。

 

症状がある人もそうでない人も

できれば花粉対策は意識してくださいね。

 

花粉症予防は冒頭で言ったように私たちと似ています。

 

まずはとにかく物理的に花粉を避けること!

 

花粉はお昼頃と夕方6時頃が多いとされているので

そのくらいの時間帯のお散歩は避けてあげましょう。

また雨天の翌日も飛散量が多くなると言われているので要注意です!

 

皮膚被毛に付着しないように

お散歩の際には体を覆う服を着せたり

表面がツルツルしているレインコートを着せるのもオススメ♪

また外出から帰ってきたら服をそとではたいたり、

体を拭いたりブラッシングをすることで

被毛に付着してしまった花粉を取り除いて

毛の奥にもぐりこんでしまうのを防いであげましょう(*^^*)

 

被毛に付着した花粉は

クイック○ワイパーみたいな

フローリング用の床拭き用シート(ドライタイプのもの)で

体を乾拭きするのもオススメだそうです♪

※顔は粘膜の多い部分なので

体を拭いたのとは別のタオルで拭いてあげましょう!

※手足に花粉がつきやすいので特に念入りに!

 

▼アレルゲンを包み込むアレルギー対策ウェットティッシュ▼

pgwna106c1

 

また、生活空間に出来る限り花粉を持ち込まないように

こまめな掃除や空気清浄機などを利用して

室内に侵入した花粉を除去してあげるのも大切!

 

▼特許技術のオゾンを利用した空気洗浄機 JYUNFU▼

jyunfu_r

 

花粉症になってしまった犬は

こまめなシャンプーで花粉を落としてあげましょう。

すすぎはしっかりと!洗浄液が残らないようにして

また毛の奥までしっかりと乾かしてくださいね。

 

 

いかがでしょうか?

症状が違えど花粉症の苦しみはわかりますよね…

愛犬がつらい思いをしないためにも

ぜひ花粉対策を意識してみてくださいね♪

 

▼愛犬のお悩みもサポートする通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

IMG_2898

犬は飼い主の笑顔を認識できる?!

  私たちは相手が「笑ってる」って どうやって識別しているでしょう?

記事を読む

seibutu085

犬の気持ちがわかる「カーミングシグナル」

  犬と人は 残念ながら言葉でコミュニケーションをとることができません

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬のためのアンチエイジングって?

  愛犬が歳を取るのは当たり前のことで そして避けられないことですね

記事を読む

NEC_0034

犬も紫外線対策は必要なの?

  紫外線といったら私たちは夏に対策するものと思いがちですが、 3月か

記事を読む

IMG_2898

間違えやすい?愛犬の上手な褒め方!

  みなさんはどのように愛犬を褒めているでしょう? しつけにおいて、「

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

0ae56c3bc10eb5f5286b3631c8a423e3_s

胴長犬が長生きするポイント♪

  「小型犬が長生きするポイント」 「中・大型犬が長生きするポイント」

記事を読む

1d548e8d21d73f613341061bb9dcc90b_s

冬の犬のしもやけにご注意を!

  寒い季節になると 悩まされる「しもやけ」… 実は犬も

記事を読む

73ce992f81ff57771c53dc2bebfe2f05_s

犬と夏のドッグラン

    お天気のいい日は 愛犬とお出かけする方も多いで

記事を読む

2685abe16c772b67d0dc86e8baa60480_s

高齢犬・老犬のストレス事情

        &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る