*

犬もつまずく?

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気, 犬の豆知識


b25e36ba76df92c43e72744da8f50bc1_s

 

散歩中、

愛犬の足がかくっとする瞬間

見たことありませんか?

実は犬も

つまずくことがあるのです(笑)

 

 

 

犬がつまずく原因は

老犬や高齢犬になった老化現象の場合もあれば

病気のサインである場合もあります。

しっかり観察をして

なぜつまずいたのかを見極めることも大切ですね。

 

 

 

犬は高齢犬になることで

筋肉量が減って痩せ、筋力が低下。

くわえて

足腰が弱くなったり

視力が低下したりします。

 

 

 

こうして筋力が弱まっていたり

足腰の関節が弱くなっていたり

見えにくくなっていることで

かくっとつまずくことがあるのです。

 

 

 

特に筋肉は

使わなければ

筋力の低下するスピードはグッと上がり

あっという間に歩けなくなってしまう危険性があります。

 

 

 

老犬になっても

もちろん無理のないことが前提ですが

筋肉を使うこと、

つまり体を動かすことは大切です。

 

 

 

激しい運動は筋肉が疲労しやすく

負担がかかりやすいですが、

お散歩などの適度な運動をすることで

筋力衰えを弱めてあげましょう。

 

 

 

筋力が低下すると

思ったように足をあげることができなくなり、

小さな段差にもつまずくようになります。

筋力が低下してつまずくようになると

倒れないよう踏ん張ることで

足に負担がかかりいためやすくなります。

 

 

 

犬は下半身から筋力の低下があらわれることが多いため

それをかばうように前足に負担がかかりやすくなり

前のめりにつまずくことが多いです。

 

 

 

コケそうなつまずき方をするようになったら

ハーネスなど

歩行補助アイテムでサポートしてあげると安全です。

 

 

 

ふらつくからと散歩や動くことをやめると

一気に歩くだけの筋力がなくなり

歩行が難しくなり

最終的には寝たきりになってしまいます。

 

 

 

歩行をサポートし

足を動かし続けることで

筋力の低下を弱めてあげてください

 

 

 

ハーネス型の歩行補助器は

飼い主さんが持ち上げるタイプのものです。

コケそうなつまずき方だなと感じたら、

このハーネスをつけてあげて

コケるのを予防してあげましょう。

 

▼愛犬のサポートに!歩行補助ハーネス▼

lalawalk

 

 

歩行がふらつくようになった場合は、

常に愛犬を支え、持ち上げるのは大変なので、

愛犬の自立歩行のサポートができる

犬用の車椅子もおすすめです。

 

 

▼犬用車椅子 わんだふるウォーカー オーダーメイド▼

Screenshot_2

こちらはオーダーメイドで作る

世界で1つ、愛犬のためだけの車椅子を作ることができます。

 

 

▼犬用車椅子わんだふるウォーカー 調節タイプ▼

Screenshot_1

採寸に自信がない方は

こちらの調節機能付きの犬用車椅子がオススメ。

使用中に体型の変化があってもすぐに対応でき、

またすぐに届くので

すぐ使いたい!という場合にも便利です。

 

 

 

このように

高齢犬になることでつまずく場合もありますが

実は「椎間板ヘルニア」などの

病気のサインである場合もあるのです!

 

 

 

よくつまずくなと感じたら、

まずは獣医さんに診てもらい

原因を調べてもらいましょう。

椎間板ヘルニアは

重症になるほどに完治が難しい病気です。

早期発見のためにも

気になったら診てもらうことをお勧めします。

 

 

 

特にダックスフンドやコーギーなど

足の短い犬種は腰を悪くしやすく

ヘルニアになりやすいのでご注意ください。

 

 

 

足腰を悪くしないためには

室内の段差には

ステップやスロープを利用し、

なるべくワンクッションいれるなどして

少しでも段差による負担を軽減してあげましょう。

 

 

▼段差をちいさく!ペット用ステップ&スロープ▼

0000000015282

 

 

階段があるご家庭は

なるべく会談を自由に上り下りできないようにするのが安全です。

 

 

 

また、ツメが伸びすぎていたり、

足の裏の毛が長すぎる場合は

床が滑りやすく関節をいためる原因となります。

しっかりカット、ケアをしてあげましょう。

 

▼ツメのケアに!ペット用爪切り▼

0000000011372

 

▼足裏の毛をカット! 部分カットバリカン▼

0000000011442

 

 

また肉球の角質化がひどくなると

肉球が滑り止めの役割をはたしにくくなり

地面がすべりやすくなります。

肉球クリームなど

肉球の保湿ケアをすることで

グリップ力をキープしてあげることも大切です。

 

▼愛犬が舐めても安心!肉球クリーム▼

0000000011542

 

 

最後に

肥満も足腰や関節に負担がかかる原因の1つ!

思い体重が関節にかからないよう

しっかりカロリーコントロールをしてください。

すでに肥満になっている場合は

運動が関節に負担をかける場合があるので

獣医さんと相談しつつ、

健康的なダイエット計画をたててあげましょう!

 

fat

 

いかがでしょうか?

足腰が弱くなることでおこるつまずき、

病気のサインであるつまずき…

気になる場合は獣医さんに相談して

愛犬の健康的な歩行のサポートをしてあげてくださいね!

本日もありがとうございました!

 

ペットベリー本店

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは 首輪(カラー)ですか?

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬も花粉症で苦しむの?

  花粉がつらい季節となりました。 今は杉花粉ですね(^_^;)

記事を読む

743924ef18ccc5928ac37c447f0748f6_s

見極めが大事!愛犬の下痢の原因と対策

寒くなると 犬もお腹をこわして下痢になりやすくなります。 そもそも 犬が下

記事を読む

b8d2281159020c6392f7526d70c9d728_s

愛犬とのお散歩のお悩みあるある!

  こちらの地方は久々のお天気です♪ さて、犬にとってもやっとお散歩日

記事を読む

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s

犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら 残ったご飯にお味噌汁をかけてあ

記事を読む

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s

犬の便秘とデトックス

人は汗をかくことで 体内の毒を排出してデトックスします。 しかし犬の場合は

記事を読む

inu26

犬のヘルニアとその種類

    コーギーやダックスなど 足の短い犬はヘルニアに

記事を読む

P1020081

焦げる?暖房器具と犬の低温やけど

  春の陽気かと思いきや 冷たい風で寒さを感じる日が続いていますね。

記事を読む

d2355b31076797aa589440bf57722a7d_s

犬は鏡を理解できる?

  鏡って女性の皆さんは毎日見ていますよね? あれ、男性ももち

記事を読む

DSC_0179

災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありません。 そしてもちろん、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>