*

マダニが犬の命を脅かす?!

公開日: : 犬の病気


DSC_0124

 

暖かくなると

様々な生き物が活発に活動を始めますね。

その中には活発になられると嬉しくないものもいます(^_^;)

 

そんな暖かくなって活発になる嫌なもののひとつに

マダニが挙げられます。

 

実はこのマダニ、一般的にいうダニとは別物です。

ダニって0.5mm以下と目に見えないイメージがありますが

マダニは2~3mmと目に見えるくらい大きいのです!

しかも吸血すればその分大きくなるので

一見ダニとは思えないくらいの大きさになります(^_^;)

 

このマダニのやっかいなところは

人畜共通感染症の病原体を持っているところ!

 

この人畜共通感染症とは

人と人以外の動物の両方に寄生したり

感染する病原体によって起こってしまう感染症のこと。

つまり犬がマダニで感染したら

飼い主さんにも感染する危険性があるのです!!

 

 

御存知の通り

犬は草むらとか自然の中を歩くのが大好きですね。

ガサゴソと雑草の中を歩いたりします。

マダニは森や林だけでなく

このようなそこら辺にある普通の草むらにもいます。

つまり犬はマダニの恰好の獲物!

 

マダニが寄生すれば当然犬は痒がります。

この時皮膚に引っかき傷ができるとその傷口から細菌感染を起こし

化膿してしまったりすることもあるのです(>_<)

 

これから暑くなれば

犬も抵抗力が落ちやすくなりますし

老犬はそもそも抵抗力が低下しやすいので

これが悪化する危険性が高いです。

十分に気を付けてあげましょう!

 

 

また、マダニは痒くなるだけでなく

血を吸うため長い間放っておけば

大量出血で犬が貧血を起こしたりもします。

ダニで貧血?!と思うかもしれませんが

マダニは長ければ1週間以上吸血しつづけることも有り、

また吸血前の体重の100倍ほどの血液を吸うとも言われているため

小型犬などは特に貧血の可能性が大いにあるのです(>_<)

 

ダニは吸血の前に唾液を犬の血液に出します。

この唾液の中に病原体は潜んでいるので

吸血によって人獣共通感染症にかかってしまうのです。

 

その中で有名なのは「ライム病」や「バベシア病」

 

ライム病は発熱や痙攣、歩行以上などの症状が見られ、

もちろんこれは人間にも感染してしまう恐ろしい感染症です!

しかしこれを媒介するのは「シカダニ」というダニです。

 

バベシア病は貧血や発熱などの症状が表れ

最悪、愛犬が死に至る可能性もあります…

これは犬を吸血する時に感染するものですが、

ダニから犬の体内へと移動するのには36~48時間ほどかかると言われています。

そのため、ダニに吸血される前に取り除いてしまえば

感染の危険性がぐっと低くなるのです♪

 

 

とはいえ、吸血前に取り除くなんて…

と思うかもしれませんね。

しかしマダニは寄生後すぐに吸血にとりかかる訳ではなく

2~3時間くらいは犬の体の表面を

皮膚が薄く吸血しやすい場所を探して歩きまわり

その後吸血を開始することが多いそうです。

 

そのため、ダニが寄生しやすいお散歩後

愛犬の体を徹底的にチェックして

マダニがついていないか調べることが大切!

お散歩後のブラッシングなどのケアを念入りにして確認。

頭や耳やお腹、足の指など細かいところまでチェックを忘れずに!

 

最初に述べたようにマダニは目にみえるほど大きいので

黒いぷつっとしたものがある(いる)場合は

すぐに病院で診てもらいましょう。

なぜならもし犬の皮膚にすでに食らいついている場合

ちょっとやそっとでは離れないうえに

無理にとればマダニの口の部分が皮膚内に残り

化膿をして感染症にかかりやすくなったりしてしまうのです(>_<)

 

 

マダニの予防は100%は難しいです。

犬を散歩させないわけにもいきませんし、

外のどこにマダニがいてもおかしくないからです。

お散歩時の洋服着用や

虫よけスプレーの使用は

もちろんマダニを寄せ付けにくくすることはできます。

しかし、それで確実に寄生されないかというと

そうとは言えないのです…

 

だから予防をしつつ

帰宅後のケアしながらのチェックが重要!

そして発見してしまったら

自分で処理するよりすぐに獣医さんにとってもらうのが大切です。

 

駆除は動物病院で駆除薬を処方してもらうのが一番。

犬の体についたダニを駆除できても

実は卵や蛹、幼虫はその辺に潜んでいる可能性がありますね(^_^;)

だから根絶のカギは

住環境を清潔に保つよう心がけることや

ダニがつきそうな愛犬の寝床や毛布の洗濯の際は

60℃以上のお湯で洗う、

直射日光で日干しするなどが効果的です♪

 

 

暖かくなってノミやダニが活動的になる季節

お散歩後のチェックをしっかりすることで

愛犬はもちろん

自分の健康のためにも気を付けてくださいね!

 

▼防虫アイテムも揃う犬用品通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

NEC_0034

犬も紫外線対策は必要なの?

  紫外線といったら私たちは夏に対策するものと思いがちですが、 3月か

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

老犬の気になる口臭

    老犬になると口臭が強くなる・・・ そんなイメー

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

1

高齢犬がかかりやすい病気とは??

  犬も高齢になると 体力や免疫力の低下から 様々な病気にかかり

記事を読む

inu26

犬のヘルニアってどういう病気?

  ウェルシュ・コーギーや ダックスフンドのように 足の短い犬は

記事を読む

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

d0cf303986eca3850a350e384b21d12a_s

犬も紫外線で被毛が傷む??

      女性なら分かると思いますが、

記事を読む

sigone_02

歯周病とデンタルケア

  昨日は口臭についてのお話をしました。 その中で 犬の口臭の原

記事を読む

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

愛犬のフィラリアは飼い主が100%防げる!

  フィラリアは犬を飼育する飼い主さんなら 必ず耳にしたことがある病気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>