*

犬の避妊・去勢は必要なものなの?

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識


8a4dfef42aa49fa07ae8784aef25a35f_s

 

愛犬に避妊・去勢をさせるべきかどうか…

犬を飼っている方は必ず悩むと思います。

 

愛犬に避妊手術・去勢手術をする、しないは

賛否両論あります。

それには色々な理由がありますが、

一番なのは飼い主さんが愛犬に一番あった方を選ぶということ。

 

犬の避妊・去勢手術には

メリット・デメリットがあります。

それぞれを理解したうえで、

愛犬に一番いいと思う道を

飼い主さんが選んであげましょう。

 

 

まず、避妊去勢手術のイメージは

過剰な繁殖を防ぐ、

望まない繁殖を防ぐということではないでしょうか。

 

これに関しての賛否両論は

犬の繁殖本能を人の都合で左右してはいけない。

という倫理的な意見や

飼い主のあてがなく行き場のない犬を増やさないために

予定外の妊娠を避けるべきという意見があります。

 

これは、難しい問題ですね。

確かに「私たちの都合」と言われてしまうと

そうなのかもしれません。

しかし確かなのは

産まれてから「飼い主がいないから」と

無責任に放り出しては絶対にいけないということですね。

 

 

このような「妊娠」に関する問題のほかに

犬の避妊・去勢には「病気の予防」という考えがあります。

 

実は避妊・去勢をすることで

ホルモンに関わる病気を予防することができるのです。

多くの人が愛犬に避妊・去勢をさせるのは

愛犬に出産させる予定がない場合に

出来る限り病気にならないため

行うという場合が多いのです。

 

 

たとえばオスの犬の場合は

前立腺肥大や睾丸腫瘍、会陰ヘルニアなどの予防があげられます。

これらは高齢になることで発症率がグンと上がる

比較的オス犬にかかりやすい病気ですが、

幼いころに去勢手術を受けていることで

発症する可能性をかなり低くすることができます。

 

また、オスの場合は

マーキング行動の抑制に繋がることがあります。

足を上げてオシッコをする…いわゆるマーキング行動をする前に

去勢手術を行った犬は

マーキングや排尿時の足上げをしにくくなると言われています。

(100%しなくなるというわけではありません)

 

 

続いてメスの場合は

乳腺腫瘍や子宮蓄膿症、卵巣腫瘍などの予防になるとされています。

出産をしたことのない7歳以上の高齢のメス犬は

子宮蓄膿症になる可能性がかなり高いとされています。

進みがはやければ2週間ほどで命を落とすこともありますが、

避妊手術を行った犬は子宮蓄膿症になる心配が100%ありません。

500頭に1頭の雌犬が発症するとされる乳腺腫瘍は

発情回数が増すごとに発症率も高くなると言われていて、

初期発情前に避妊手術をした犬は発症率が極端に低いとされています。

 

また、メスの場合は、

発情時期のソワソワや精神不安定な行動がなくなりやすいと言われます。

犬は閉経がないとされているため

生理期間中のケアや外出時の危険面もなくなりますね。

 

 

しかし、もちろん去勢手術も避妊手術も

犬にとってデメリットとなる部分はあります。

なんといっても体にメスをいれるのですから

犬の体に負担がかからないということはありません。

 

オスの場合もメスの場合も去勢・避妊手術には全身麻酔をします。

しかし、メスの場合は卵巣か子宮、あるいは両方を摘出するため

開腹手術を行う必要があるのです。

そのため体にかかる負担や体力的にも

できるかぎり若いこと、そして健康であることが大事です。

 

通常は卵巣も子宮もどちらも摘出するのが一般的です。

ただしこれだと切開する面積も広くなり、

出血量も多くなるため、

体力のことも考えて、

子宮は残して切開面積も比較的狭くて済む

卵巣のみ摘出する場合が現在では多くなりつつあるようです。

愛犬の年齢や体力などを考慮し

獣医さんと相談して選んであげましょう。

 

また、避妊手術を行った犬は肥満になりやすいといわれています。

これは卵巣や子宮の活動によって消費されていたカロリーが

消費されなくなるからだと考えられています。

 

その他、もちろん今まで分泌されていたホルモンがなくなることから、

尿失禁を起こしやすくなるという意見や

ホルモンバランスの乱れによって皮膚病の発症率が上がることがあるようです。

 

避妊・去勢手術については

メリット・デメリットがあって

なかなか「どちらが良い」とは言いがたいのが本当のところですね。

飼い主さんそれぞれに意見があることと思います。

そしてそれはすべて、間違いではありません。

飼い主さんが愛犬を想って出した答えは「正解」だと私は思っています。

 

妊娠・出産させたくて手術を行わず、

出産後の年齢や体力などを考慮して

手術を行わないという選択も、

愛犬に出産をさせる予定がはじめからなく、

今後の病気予防のために手術をするという選択も

どちらも愛犬のために飼い主さんが選んだ答えです。

それが愛犬にとって一番の道なんだと私は思います。

 

避妊・去勢をするかどうかを考える際に

愛犬の将来を考えること

愛犬の体質や体力を考えること、

これらが一番重要ですね!

ぜひ、この選択にせまられたとき

今回の内容を参考に一番の道を選んであげてください(*^^*)

 

▼愛犬のことを考えたい…さまざまな情報発信をしている「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

439939886_c9202633b9_o

犬も口内炎になるの??

  これから夏バテなどを起こして 体調不良になりやすい季節となりますね

記事を読む

1 (2)

今から気をつけたい犬の熱中症!

  まだまだ大丈夫と油断しがちですが、 急激に気温も上がるこの季節

記事を読む

877a598b14f020b3f3c5867a2d44a202_s

犬に納豆は良い?悪い??

    納豆は体に良いというのは 私たちにとっては常識

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬も花粉症で苦しむの?

  花粉がつらい季節となりました。 今は杉花粉ですね(^_^;)

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬も水虫になる?!

  人間だけのものと思っていた「水虫」 実は犬も水虫になるのだそうです

記事を読む

DSC_0398

愛犬が交通事故に合わないために

  交通事故。 それは私たちと暮らしをともにする犬にだって 起こ

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_s

人とは違う?犬の妊娠と出産について

  犬も私たちと同じ哺乳類なので お母さんのお腹から産まれてきます。

記事を読む

0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

犬に野菜、調理法にも注意が必要?

  健康のために 野菜をたくさん食べる!! というのは私たちの常

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>