*

今から気をつけたい犬の熱中症!

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気


1 (2)

 

まだまだ大丈夫と油断しがちですが、

急激に気温も上がるこの季節

いつ愛犬が熱中症になってもおかしくありません!

 

特にお出かけの際の車内とか

お留守番中の室内とか

フッと油断すると

熱中症になって愛犬の命が危険にさらされることも!

 

私たちはまだ大丈夫と思いがちな温度でも

実は犬は私たち以上に暑さに弱い生き物です。

それは暑さへの抵抗力がない…

というわけではなく、

実は体温調節がとても苦手だから!

 

私たちは暑い時、

汗をかくことで気化熱を利用し、体温を下げます。

この体温調節をするための汗をかく汗腺が

私たち人間は全身にあるのに対し

犬には足の裏にしか存在しないのです。

 

もちろん犬の全身にも汗腺はありますが、

これは私たちでいうワキにあるのと同じもので、

臭いがある汗をかく汗腺。

…つまり体温調節機能はないのです(>_<)

 

だから犬は暑い時

体にたまっていく熱を体外へ放出するのが苦手。

そのため体温が上昇しやすく、

熱中症になりやすいのです。

犬は汗による体温調節ができないため、

日陰で休んだり

お腹を冷たい地面にくっつけて体温を下げたり

ハッハッと息をする(パンティング)ことで

舌からの気化熱を利用して体温調節をしているのです。

 

つまり犬がこれらの動作をしたら、

それは犬が暑がっている・体温が上がってきているというサイン!

すぐに涼しいところにつれていって

水分補給をしっかりしてあげましょう。

 

 

では、犬が熱中症になった際にみられるサインをご紹介します。

 

軽度の場合は

大きく口を開け舌を出し、早くて浅い呼吸をします。

この場合は風通しがよくて涼しい場所で休ませ

様子を見ましょう。

 

レベルが上がると大量のよだれが出たり

脈拍が早くなったり血圧が下がったりします。

ワキの下や内股、お腹、首周りなどを冷やすなど

体温を下げる工夫をし

水分補給をしっかりとさせましょう

 

重度な場合は呼吸不全を起こしたり

嘔吐や痙攣を起すなどのショック状態になるなどとても危険です。

早急に体を冷やしつつ病院へつれていきましょう!

 

熱中症の怖いところは

体温が高い状態が続くことで

タンパク質が変質して壊死してしまうこと…

死ぬ恐れもあるうえに

一度変質してしまったタンパク質は元に戻らないため、

助かった後に後遺症が残ってしまう危険性もあるのです(>_<)

 

 

盲点なのが湿度!

気温があまり高く感じられなくても

湿度が高いと熱中症になる危険性が高まります。

それは湿度が高いと気化熱による熱の放出がうまくできず

体温がなかなか下がりにくいから…

唯一の体温調節機能であるパンティングで体温を下げようとしても

なかなか熱が放出できず、熱中症になってしまうのです。

だから高温多湿の日本の夏は犬には大敵!

飼い主さんが温度と湿度に敏感になり

愛犬のクールダウンをこまめにしてあげてくださいね。

 

ただでさえ暑さが苦手な犬達の中でも

短頭種…つまり鼻ぺちゃ犬は

体の構造上、呼吸がうまくないため

よけいに暑さに弱いとされています。

 

また、肥満体型の犬も

皮下脂肪のせいで体内に熱がこもりやすく、

さらに気管が脂肪により圧迫され呼吸機能が低下しがちのため

体温調節がより苦手とされています。

 

そして子犬や老犬も

体温調節機能が未発達であったり低下しているため、

暑さにはとても弱いです…

 

これらの犬は特に夏場は気をつけてあげてくださいね!!

 

 

温度湿度管理はもちろんのこと

ケージやハウスを直射日光のあたるところに置かないことや

スノコを利用することで地面との間に空気を通し

熱がお腹の下にこもらないようにすること。

アルミ板やクールマットを利用することで

愛犬がクールダウンできる休憩場所をつくることなど

室内での対策にも色々とあります。

 

また、お出かけやお散歩の時間は

日中の気温の高い時間帯は避け

早朝や夜など気温がすこし落ち着く時間を選んであげましょう。

 

お出かけの場合は

絶対に愛犬から目を離さないこと!

短時間でも車内に残していくのは言語道断です。

車内は短時間でも急激に気温が上昇しますし、

そんな車内で熱中症で亡くなる犬は

残念なことに毎年います…

 

夏の愛犬の管理はとても大切です。

暑いサインが出ていないかなど様子をよく観察して

異変を感じたらすぐに対処できるようにしましょう。

 

夏はまだ少し先のイメージですが

犬にとってはもうだいぶつらい時期になりました。

しっかりと注意してあげてくださいね!

 

▼夏のアイテムもあります♪犬の通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

dsc_0155

台風と犬、何か影響はあるの?

      最近、台風が多いですね(^^;

記事を読む

2685abe16c772b67d0dc86e8baa60480_s

高齢犬・老犬のストレス事情

        &n

記事を読む

1ca917e8a22203e74c3bebf419768c1f_s

犬もドライアイになる?!

  ドライアイの人、多いですよね。 どうやら目を10秒間瞬きせずあけて

記事を読む

109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

犬が咬むのには必ず原因がある!

    犬を子犬から飼育していると 甘噛みをされる時期

記事を読む

17cfd2b670fa061fc52c88843c2ba47a_s

老犬にもおススメ!ドッグマッサージの仕方

犬は気楽に過ごしているようにみえるかもしれませんが、 私たちの暮らしに合わせて生活をす

記事を読む

402970cb768cff82217c44e2b28fba00_s

犬のしぐさ、それはクセ?SOS?

犬がよくするしぐさ、あると思います! それを癖だと決めつけていませんか? 実はそ

記事を読む

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

犬のニオイは健康パロメーター!

      夏は冷房を使用したりするので

記事を読む

DSC_0179

災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありません。 そしてもちろん、

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>