*

愛犬のフィラリアは飼い主が100%防げる!

公開日: : 犬の病気


e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

 

フィラリアは犬を飼育する飼い主さんなら

必ず耳にしたことがある病気だと思います。

…が、それがいったいどんなものなのか。

それをしっかり把握している方は

多くはないのではないでしょうか?

今日はそんな「フィラリア」についてご紹介します。

 

 

フィラリアはいわゆる「寄生虫」です。

そしてこのフィラリアを媒介するのが「蚊」なのです(>_<)

フィラリアに寄生された犬の血を吸った蚊が

体内にフィラリアの幼虫をとりこみ

その状態で別の犬の血を吸うことで

血を吸われた犬もフィラリアに感染してしまうのです…

 

やがてフィラリアの幼虫は

犬の体内を移動しながら成長し続け

肺動脈や心臓に寄生し、成虫へと成長をしていきます。

 

フィラリアの幼虫は

犬の体内に入ってすぐに異変を起こさせるわけではありません。

ひっそりと体をめぐり、心臓や肺で成長して

血管がボロボロになってようやく気付くことが多いのです。

 

フィラリアは和名が犬糸状虫といって、

その名の通り成長すると15~30cmほどの長さの糸のようになります。

これが長い時間をかけて血管などを傷つけ、

まずは「咳がでる」「元気がなくなる」「食欲低下」などの症状が表れ

後々「お腹が膨らむ」「尿が赤くなる」などの症状が見られるようになります。

 

このように初めは軽い症状がみられるだけなのですが

気付けば重症になっていた…ということも多いです。

最後は心臓や肺、腎臓や肝臓などが機能しなくなり、

相当苦しい思いをした後に命を落とします…

 

フィラリアにかかってしまった犬は

その症状と犬の年齢や体力から

治療法がいくつかに分かれます。

 

  • 手術によって成虫を取り出す
  • 薬によって幼虫・成虫を死滅させる
  • 薬で幼虫を死滅させるが、成虫はそのままにする
  • フィラリアを死滅させるのではなく、咳を抑えるなどの症状に対処する

 

なぜこのような方法にわかれるかというと

手術を行う場合、

犬には全身麻酔をかけることになり、

さらに喉を切り開いて血管に管を通し、

それによって成虫をつまみ出すという、

犬の体にとても負担のかかる手術となるのです。

血管はフィラリアによって脆くなっている可能性もあり、

その場合血管が破損するという危険性もあります。

 

かといって薬によって成虫と幼虫どちらも死滅させる場合は、

薬剤による負担が犬の体に大きくかかることとなります。

また、死滅させたフィラリアが血管に詰まる恐れもあるのです。

…とはいえ、体力のある犬の場合はこの方法を選択することが多いです。

 

しかし、この薬でかかる負担に犬が耐えられないと判断された場合は

フィラリアを体内から駆逐するのを諦め

フィラリアによって発症した症状を抑える対症療法がとられることとなります。

…つまり、フィラリアはいなくなりますので

完治はされないということです。

 

いずれの方法をとるかというのは

犬の状態と飼い主さんの判断次第です。

獣医さんとよく相談して決めましょう。

 

そんな恐ろしいフィラリアですが、

それはフィラリア予防薬によって

飼い主さんが100%予防してあげることができます。

これは名前が予防薬となっていますが

けして蚊に刺されなくなるための予防薬でも、

フィラリアを体内に入れないようにするための薬でもありません(^_^;)

 

実はフィラリア予防薬というのは

名前からちょっと誤解しやすいのですが

予防というよりは「駆虫薬」なのです!

 

そう、どんな虫よけなどを使っても

蚊を100%防御することは不可能…

どうしても体内にフィラリアをいれてしまう可能性はあるのです(_ _;)

 

そのため、定期的に駆虫薬を飲むことで

犬の体内に侵入したフィラリアの幼虫が

血管から心臓などに行き着く前に

死滅させてしまうことで

フィラリア症を予防する…というものなのです!

 

だから定期的に飲み続けることが大事なうえに

その内服期間はとても重要です!

フィラリアは体内に入ってから心臓などに移動するまでに

約2ヶ月ほど時間がかかります。

つまりその間に死滅させれば発症を防ぐことができるのです!

 

蚊がいなくなったら安心してしまい

どうしても薬を飲むことをやめてしまいますが、

先程説明したとおりフィラリア予防薬は

犬の体内に入った幼虫を駆逐するもの!

飲んでから1ヶ月の間駆逐効果が持続して

その間幼虫を死滅させ続けているわけではありません…

つまり蚊がいなくなった一ヶ月後に薬を飲んで

犬の体内の幼虫を死滅させてから、やっと終了なのです。

この最後の1回を忘れることで

それまで投薬してきたのが無駄になることも…

だからフィラリア予防薬の投薬は

蚊が現れた1か月後~蚊がいなくなってから1ヶ月後まで!

獣医さんの指示にしたがって

正しい期間投薬を続けてくださいね(*^^*)

 

フィラリア予防薬は「薬」なので

犬の体重などで処方される量が違います。

獣医さんに処方された量をしっかり与えて、

間違っても他の犬に使用しないようにしてください(^_^;)

 

 

いかがでしょうか?

フィラリアについて軽視していた方もいらっしゃるのでは??

意見によっては

近くにフィラリア感染している犬がいなければ

感染の危険性は低いし

予防薬も薬だから

一定期間与え続けるのは…という意見もあります。

しかしそういう考えが広がって

フィラリア感染の犬が増えると

あっという間に感染率は高くなりますよね。

 

とはいえ、薬による負担が心配だという気持ちもわかります。

その場合は獣医さんに相談し、

愛犬に一番あった方法を選んであげてください。

愛犬が苦しい思いをしないためにも

ぜひこれからの季節予防を意識してくださいね!

 

▼虫よけ対策企画を開催中♪犬用品サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

CSC_1044

犬もものもらいになるの??

  朝起きてびっくり いつもなら一重もしくは奥二重なのに パッチ

記事を読む

a49077be64e968b4c3017feb3271c6ad_s

犬とデトックス

  私たち人間も健康のために 体内から毒素を出す 「デトックス」

記事を読む

dsc_0155

台風と犬、何か影響はあるの?

      最近、台風が多いですね(^^;

記事を読む

P1020081

焦げる?暖房器具と犬の低温やけど

  春の陽気かと思いきや 冷たい風で寒さを感じる日が続いていますね。

記事を読む

73458dd628eaa8d60e6841f9a9fa7887_s

知っておきたい犬とカルシウムの関係

    皆さんの犬のイメージって 丈夫ですか?それとも

記事を読む

35

老犬と白内障

愛犬の目が光の加減で濁って見えたりしませんか? 老犬になると 目が白く濁ってしま

記事を読む

64d136e38c56c1bd9913e48a7a8336c0_s

愛犬がガンと戦うとき。その治療法の種類とは?

    獣医療の発展にともなって 犬の寿命もど

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

「愛犬が風邪っぽい」は要注意?

  愛犬が咳やくしゃみをしたり鼻水がでたり… そんな症状が出て

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

短頭犬種が気をつけること!

    パグちゃんやフレンチブルドッグちゃんなど ファ

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気になる犬の口臭の原因とは?

  愛犬の口がちょっとにおう? 特に高齢犬・老犬になって 口臭が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>