*

高齢犬と白内障

公開日: : 犬の病気


31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

 

高齢犬になると多く見られる症状の1つに

「目が白っぽくにごる」というものがあります。

これは白内障という病気で

実はけっこう深刻な病気です…

 

白く濁っているのは目の水晶体という部分で

悪化すれば目が見えなくなってしまう病気でもあります(>_<)

 

そのため、白く濁ったのは高齢犬だから~

と楽観視せずに

ちょっとにごってきた?と思ったら病院へ!

早期発見・早期治療が大切な病気なのです!!

 

 

白内障になる原因は主に3つあり、

1つ目は先天性…つまり生まれつきの場合のものがあります。

これは遺伝的奇形と呼ばれるもので

お母さん犬のお腹にいる胎児の時に

目の水晶体がうまく形成されず

にごったまま生まれてしまう場合があります…

 

 

2つ目は若年性の場合。

この場合は6ヶ月齢~2歳半までに症状があらわれます。

この原因は遺伝的なものである場合もあるのですが、

生活環境の変化が原因である場合もあるのです!

例えば寒さが厳しく、

日光が当たりにくい環境で暮らしてきたシベリアンハスキーは、

熱くて紫外線の多い環境である日本で生活することで

体がその変化に対応できずに

白内障になってしまう場合もあるのです(>_<)

これは寒い地域で生活をしてきた目の色素の薄い犬種に多い傾向にあるようですね。

 

最後に3つ目は老年性の場合。

いわゆる高齢犬になるために起こるケースです。

犬は老犬になる毎に水晶体の端から徐々ににごっていきます。

濁り始めてからは半年ほどで一気に症状が悪化するケースが多いようです(>_<)

確かに老犬・高齢犬に多く見られる症状ではありますが、

放っておかずに早期発見時に

点眼薬や内服薬で治療をすることで

症状の進行を抑えてあげることができます!

水晶体の濁り度合いが水晶体の1/3~1/2ほどなら

手術によって視力や視覚を回復することができるそうです♪

…ただ、それ以上に進行が進んでしまうと

手術でも快復はできない場合がほとんど…

本当に早期発見・早期治療が重要なのです!

 

 

さて、それではどんな症状が出たら気を付けたほうがいいのか??

もちろん目が濁ってきたらSOSのサインです!

その他に物にぶつかったり

よくつまずくようになったり

歩行が不安定な様子が見られたら要注意!

初期の段階では暗い場所でこのような症状がみられるようになり、

また目が見えにくい不安から

攻撃的な行動が多くなったり

夜鳴きをするなどの行動が見られるようになったりします。

 

そもそも犬は視力がとてもいいというわけではなく

聴覚や嗅覚なども使っているため

初期段階で目が見えにくくなってきていても

明るい場所ではそれほど違いがみられず

視力の低下は分かりにくいことが多いです。

そのため、住み慣れた家の中では

もしかしたら暗がりの中でさえ

支障なく動くことができることも多いのです。

だから小さな「あれ?」という変化に気付くのは大切!

最近つまずくな?ものにぶつかるな?

それは重要なサインなので見逃さないようにしてあげましょうね(*^^*)

 

愛犬と目線をあわせることで

瞳のにごりチェックをするのも大切ですね!

また、目に傷を付けないような生活の工夫も大切。

顔周りの毛が長い犬種は

毛が目に入って傷をつけやすかったり

目やにが出やすい犬種は

目の病気にかかりやすくなったりするので

目のケアや瞳に良い栄養をプラスすることも

愛犬の瞳を健康に保つためにオススメです♪

 

ぜひ愛犬がいつまでもキラキラな瞳でいられるように

高齢犬になるほど慎重に

瞳の観察をしてあげてくださいね(*^^*)

 

▼瞳の健康サプリも♪犬用通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_m

犬も虫歯になるの??

  食後は歯みがき! 怠れば虫歯になる… というのは私たちの中で

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

70d85abf757f19aa6370436164f33063_s

犬のしっぽは骨折する!

      犬といったら その尻尾を振

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

短頭犬種が気をつけること!

    パグちゃんやフレンチブルドッグちゃんなど ファ

記事を読む

a49077be64e968b4c3017feb3271c6ad_s

犬とデトックス

  私たち人間も健康のために 体内から毒素を出す 「デトックス」

記事を読む

454bd41e7c5bfde08a9828520e067c8c_s

犬が地面にお尻を擦りつけるのは何故?

      愛犬が何やらゴソゴソ・・・

記事を読む

35

犬のドライアイ

    人は10秒間以上目をあけていられなかったり 目

記事を読む

1

高齢犬がかかりやすい病気とは??

  犬も高齢になると 体力や免疫力の低下から 様々な病気にかかり

記事を読む

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

犬の肥満と糖尿病のリスク

    犬は可愛くてたまりませんね。 おねだりされたら

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る