*

高齢犬と白内障

公開日: : 犬の病気


31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

 

高齢犬になると多く見られる症状の1つに

「目が白っぽくにごる」というものがあります。

これは白内障という病気で

実はけっこう深刻な病気です…

 

白く濁っているのは目の水晶体という部分で

悪化すれば目が見えなくなってしまう病気でもあります(>_<)

 

そのため、白く濁ったのは高齢犬だから~

と楽観視せずに

ちょっとにごってきた?と思ったら病院へ!

早期発見・早期治療が大切な病気なのです!!

 

 

白内障になる原因は主に3つあり、

1つ目は先天性…つまり生まれつきの場合のものがあります。

これは遺伝的奇形と呼ばれるもので

お母さん犬のお腹にいる胎児の時に

目の水晶体がうまく形成されず

にごったまま生まれてしまう場合があります…

 

 

2つ目は若年性の場合。

この場合は6ヶ月齢~2歳半までに症状があらわれます。

この原因は遺伝的なものである場合もあるのですが、

生活環境の変化が原因である場合もあるのです!

例えば寒さが厳しく、

日光が当たりにくい環境で暮らしてきたシベリアンハスキーは、

熱くて紫外線の多い環境である日本で生活することで

体がその変化に対応できずに

白内障になってしまう場合もあるのです(>_<)

これは寒い地域で生活をしてきた目の色素の薄い犬種に多い傾向にあるようですね。

 

最後に3つ目は老年性の場合。

いわゆる高齢犬になるために起こるケースです。

犬は老犬になる毎に水晶体の端から徐々ににごっていきます。

濁り始めてからは半年ほどで一気に症状が悪化するケースが多いようです(>_<)

確かに老犬・高齢犬に多く見られる症状ではありますが、

放っておかずに早期発見時に

点眼薬や内服薬で治療をすることで

症状の進行を抑えてあげることができます!

水晶体の濁り度合いが水晶体の1/3~1/2ほどなら

手術によって視力や視覚を回復することができるそうです♪

…ただ、それ以上に進行が進んでしまうと

手術でも快復はできない場合がほとんど…

本当に早期発見・早期治療が重要なのです!

 

 

さて、それではどんな症状が出たら気を付けたほうがいいのか??

もちろん目が濁ってきたらSOSのサインです!

その他に物にぶつかったり

よくつまずくようになったり

歩行が不安定な様子が見られたら要注意!

初期の段階では暗い場所でこのような症状がみられるようになり、

また目が見えにくい不安から

攻撃的な行動が多くなったり

夜鳴きをするなどの行動が見られるようになったりします。

 

そもそも犬は視力がとてもいいというわけではなく

聴覚や嗅覚なども使っているため

初期段階で目が見えにくくなってきていても

明るい場所ではそれほど違いがみられず

視力の低下は分かりにくいことが多いです。

そのため、住み慣れた家の中では

もしかしたら暗がりの中でさえ

支障なく動くことができることも多いのです。

だから小さな「あれ?」という変化に気付くのは大切!

最近つまずくな?ものにぶつかるな?

それは重要なサインなので見逃さないようにしてあげましょうね(*^^*)

 

愛犬と目線をあわせることで

瞳のにごりチェックをするのも大切ですね!

また、目に傷を付けないような生活の工夫も大切。

顔周りの毛が長い犬種は

毛が目に入って傷をつけやすかったり

目やにが出やすい犬種は

目の病気にかかりやすくなったりするので

目のケアや瞳に良い栄養をプラスすることも

愛犬の瞳を健康に保つためにオススメです♪

 

ぜひ愛犬がいつまでもキラキラな瞳でいられるように

高齢犬になるほど慎重に

瞳の観察をしてあげてくださいね(*^^*)

 

▼瞳の健康サプリも♪犬用通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

DSC_0124

マダニが犬の命を脅かす?!

  暖かくなると 様々な生き物が活発に活動を始めますね。 その中

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

犬の老化と酸化の関係

    あまり馴染みのない言葉ですが 物質を酸化する力

記事を読む

P1000171

夏は犬も食中毒にご注意を!

  これから高温多湿の夏がやってきますね… 梅雨になれば湿度はぐぐっと

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

8a17105824fa09d6224245fdec2fd32b_s

犬の皮膚トラブルを防ぐ乾燥対策

冬は乾燥の季節ですね。 暖房器具による防寒対策により 更に乾燥が気になります。

記事を読む

c23b35966e329e6277bac7f815d67027_s

犬と乳がん

  女性の病気として騒がれている「乳がん」 実はこれ、人間だけの病気で

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

4873186cea85721f76d192f120013ce9_s

犬の乳がん

女性が心配する病気の1つ、「乳がん」 これは人間だけでなく 犬もかかる病気です。

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_m

犬も虫歯になるの??

  食後は歯みがき! 怠れば虫歯になる… というのは私たちの中で

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る