*

犬と肥満と糖尿病

公開日: : 犬の病気


062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s

 

可愛い可愛い愛犬が

ちょーだいと可愛くおねだりするままに

おやつやらをおすそ分けしていたら…

随分ふくよかになってしまった(^_^;)

…という犬が多いですね笑

 

ふっくらした犬は

もちろんそれでも愛らしいのですが

如何せん健康面に多大なリスクをかかえるので

肥満はぜひとも避けていただきたいところ…

 

その中で本日ご紹介するのは

肥満によって起こりやすいとされる「糖尿病」

私たち人間の病気でもポピュラーな糖尿病ですが

実は現在、犬もこの糖尿病にかかるケースが増えているのです(>_<)

 

 

糖尿病を簡単に説明すると

体内で糖を吸収するためのホルモン「インスリン」

これが不足したり効きが弱くなってしまうことで発症し、

吸収できなかった糖が尿に出てしまうという病気…

 

それが原因で

代謝できない糖分を体外に出そうと

オシッコの回数が増えるようになります。

そのため喉が乾いてお水をやたら飲むようになったり、

タンパク質も多く排出してしまうため食欲が増加するにもかかわらず

糖は吸収できないので脂肪やタンパク質も蓄えられなくなり痩せてくる…

などの症状が表れます。

 

さらに糖尿病になると

症状が進行することで

白内障や神経障害など

合併症を引き起こす恐れもあるのです(>_<)

 

 

糖尿病の治療方法は

インスリンを投与することと

食事療法が基本です!

初期段階での治療の場合は

食事療法と適度な運動での肥満改善で大丈夫ですが

進行が進んでいればインスリンの投与が必要になります。

 

糖尿病の恐ろしいところは

発症すれば完治が難しい病気であるということ。

犬の場合、インスリン注射を障害にわたり続けなくてはなりません…

それだけではなく、このインスリンをしっかり効かせるために

肥満改善や避妊手術などを行うなど

さまざまな治療や対策を一緒に行う必要があります。

 

食事にも細かな制限がつくようになり

回数や内容などにも気をつける必要があります。

 

このように、

糖尿病はとても恐ろしい病気で

そして犬はもちろん飼い主さんにも

様々な負担がかかる病気なのです!

 

愛犬が糖尿病で苦しまないためにも

適度な食事と運動をし

肥満にならないよう気をつける必要があります。

当たり前のことかもしれませんが

実は気がつけば肥満に…のパターンは

意外と多くあり

現在の犬はとても肥満になりやすい環境にいるのです。

 

実は糖尿病は

高齢犬や老犬にも多く見られる病気でもあるので

シニアになったら

食事内容の見なおし

無理のない適度な運動

これは常に意識してあげてくださいね!

少しでも異変を感じたら

すぐに獣医さんに相談してください。

 

糖尿病は私たち人間はもちろん

犬にとっても怖い病気なので

ぜひ、予防を心がけましょう!

 

▼低カロリーのフードも充実♪犬用品通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

P1020081

焦げる?暖房器具と犬の低温やけど

  春の陽気かと思いきや 冷たい風で寒さを感じる日が続いていますね。

記事を読む

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s

犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同じで 犬はいくつになって

記事を読む

0ae56c3bc10eb5f5286b3631c8a423e3_s

胴長犬が長生きするポイント♪

  「小型犬が長生きするポイント」 「中・大型犬が長生きするポイント」

記事を読む

eab4ab0c5483b5f54fdae468b6abb70a_s

老犬と難聴。原因と対策は?

      犬も高齢化の時代ですね。

記事を読む

1ca917e8a22203e74c3bebf419768c1f_s

犬もドライアイになる?!

  ドライアイの人、多いですよね。 どうやら目を10秒間瞬きせずあけて

記事を読む

DSC_0048

ダニは愛犬の命にかかわる?

    暖かくなってきました。 すると活発になる虫・・

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

582e53fcb0f9141774668061bf33cfab_s

犬はなぜ、夏においやすい?

      最近お天気が微妙な日が続きますね

記事を読む

73458dd628eaa8d60e6841f9a9fa7887_s

知っておきたい犬とカルシウムの関係

    皆さんの犬のイメージって 丈夫ですか?それとも

記事を読む

NEC_0034

犬と紫外線の注意点

    日中は日差しが強い日も増えてきましたね。 この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る