*

犬もしゃっくり??

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識


439939886_c9202633b9_o

 

 

なんか愛犬が奇妙な鳴き声をあげてる?!

…あれ、これってもしかしてしゃっくり??

ということありませんか??

実は犬もしゃっくりをするのです(笑)

特に子犬によく見られるそうですよ(*^^*)

 

 

そんなしゃっくりの原因は色々とありますが、

一般的には早食いが原因となることが多いようですね。

私たち人間にとっては

早食いでしゃっくりってあまり想像できないと思います。

しかし犬の場合、早食いというのは

焦ってがっついて食べるため

空気を一緒に飲み込んでしまうことが多いのだとか…

それが原因で横隔膜が刺激され

しゃっくりが起こりやすくなるのだそうですよ!

あまり頻繁にしゃっくりをする場合は

今はフードボウルの底に突起がある早食い防止ボウルがあったりするので

早食いをしない工夫をしてみてください♪

 

 

また、早食いの他に

原因が「ストレス」である場合もあります(>_<)

環境の変化があったり

何か怖い思いをしたり不安を覚えたりするなど

犬になんらかのストレスがかかった際に

しゃっくりをしてしまう場合があるようです。

原因が思い当たる場合は

まずは愛犬を安心させてあげることが大切!

優しく撫でたり声掛けをして落ち着かせ

ストレスの原因の除去に努めましょう!

 

子犬の頃は新しい刺激がおおかったり

興奮状態になりやすく

そのため疲労しやすくもあるため

これがしゃっくりに繋がることもありますが、

あまり興奮させすぎないよう気をつけることと

これは成長とともに起こらなくなるそうなので

それほど心配することもないようですね(*^^*)

 

 

また、犬は気温の変化に弱い生き物です。

体温調節がうまくできない犬は

気温の変化に体が対応できずにしゃっくりを起こす場合があります。

老犬などは特に体温調節機能が低下しているので

しゃっくりを起こしやすくなるかもしれません。

しゃっくりってしている間は息がうまくできず苦しいですよね(>_<)

犬も同じで、しゃっくりを起こすと呼吸が乱れ

呼吸による体温調節がうまくできないこともあります。

その場合は体温調節の手助けをするなどして

早めにしゃっくりをとめてあげましょう。

 

 

実は病気のサインとしてしゃっくりをする犬もいます。

寄生虫がお腹に入り腸内異常を起こした場合や

喘息や肺炎、心臓病や心臓肥大、

呼吸器トラブルや胃捻転、そしててんかんなど

さまざまな病気がもとでしゃっくりを起こしている場合もあるのです。

 

 

しゃっくりが多くおかしいな?と不安に思ったら

獣医さんに相談してみてください。

しゃっくりの状態を見てもらいたくても

病院に行った時にしゃっくりをしているとは限りませんよね?

その場合はしゃっくりの様子を動画に撮って見せるのもオススメです。

しゃっくりをしていて、様子もおかしいなと感じる場合は

ぜひ病院へ行ってみてください。

長時間続くようだったり

くしゃみと一緒に咳やくしゃみもしていたり

その他体調不良の症状が見られるようだったら

早めに獣医さんに相談しましょう。

 

 

さて、様々な原因を挙げましたが

病気ではないしゃっくりの場合

これは放っておいていいものなのでしょうか?

様子をみてしばらくして落ち着くなら大丈夫です。

しかしやっぱり

しゃっくりをしているのは苦しそうで

早くとめてあげたい…という気持ちになりますよね(^_^;)

 

方法としては

愛犬のみぞおちの辺りを手のひらでゆっくり押さえたり

餌をあげたり水を飲ませるほか

愛犬の喉や胸のあたりを優しくマッサージすると

比較的しゃっくりはとまりやすいそうですよ♪

 

 

いかがでしょうか?

最初しゃっくりを目撃した時は

おそらくみなさん驚くと思います(笑)

しゃっくりと気付けばその姿も愛らしく見えるかと思いますが

あまり頻繁に起こるようだったり

あわせておかしな症状が見られる場合は

ぜひ病院に行って相談してみてくださいね。

 

 

▼愛犬との楽しい生活を応援♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

f623423f19ca6dff7caad1c6e89148b6_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(メスの場合)

  人にはない、犬の体のサイクルの1つである「発情期」 聞きにくい部分

記事を読む

NEC_0034

犬の雪目と紫外線!

  皆さまあけましておめでとうございます! 2016年がスター

記事を読む

4383cc1c8f0b6b9cb55495d47336ca3e_s

犬のおもちゃ、種類と特徴♪

    犬はおもちゃで遊ぶのが大好き♪ もちろん「遊ぶ

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

愛犬を老化させる「酸化」って何??

    よく犬の健康についての記事で 「酸化」が良くな

記事を読む

1 (2)

今から気をつけたい犬の熱中症!

  まだまだ大丈夫と油断しがちですが、 急激に気温も上がるこの季節

記事を読む

0ae56c3bc10eb5f5286b3631c8a423e3_s

胴長犬が長生きするポイント♪

  「小型犬が長生きするポイント」 「中・大型犬が長生きするポイント」

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_m

犬に扇風機は暑さ対策になる?

    暑くなってくると 活躍するのが冷房機器ですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>