*

あまり知られていない?犬とガンの関係

公開日: : 犬の病気


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

私たち人間はもちろん

今では犬の間でも恐れられている「ガン」

いわゆる悪性腫瘍ですが、

実は犬の死亡率の1位はガンだと言われているのです(>_<)

なぜ、最近になって

犬のガンを耳にするようになったかと言うと

それは犬の平均寿命がのびたからだと言われています。

 

「え、寿命が延びたのにガンが増えるの?」

 

と、感じるかもしれませんが、

ガンの原因の1つとして

体の機能が低下したり

新陳代謝が下がったりすることが挙げられます。

つまり、高齢犬・老犬になるごとに

ガンになる確率は必然的に上がってしまうのです。

 

昔は犬の寿命ももっと短く

高齢犬や老犬となって体の機能が低下し

ガンにかかる前に亡くなるケースがほとんどだったのですが、

今は犬の暮らす環境がどんどん整い

犬の医療も発達したため

多くの犬が10歳を超え長生きをするようになりました。

そのため、ガンになるケースも増えてきたのです。

 

 

ガンが増えると聞くとイヤなことのように思えますが

愛犬の寿命が延びるというのはとても嬉しいことですね(*^^*)

では出来る限りガンにならないようにするためには、

老犬や高齢犬の健康サポートに注目する必要があるということです。

 

 

犬に出来る腫瘍で主なものは

体の表面の皮膚にできるものや

臓器や口の中など体内にできるもの、

そして骨にできるものが多いです。

ガンと一口に言っても

色々なタイプのものがあるのですね。

 

ガンの治療で大切なのは

なにはなくとも「早期発見」そして「早期治療」です!!

骨はなかなか難しいですが

目に見える範囲の腫瘍の場合は

愛犬との日々のスキンシップや

日常的に行うケアの際にチェックすることができます。

何か異変はないか?しっかり観察をしてくださいね!

 

…とはいえ、臓器や骨など目に見えない場所に関しては

早期発見は難しいものがありますよね…

これは獣医さんに頼るしかないので

できれば定期的に健康診断をしてもらうことがオススメです。

 

 

また、もちろん愛犬の行動やしぐさなどにも

「異変」が表れる場合があります。

そんなサインも見逃さないように

日々の愛犬とのコミュニケーションの時間をしっかりとりましょうね♪

 

 

では、出来る限りガンを遠ざけるため

予防についてもご紹介します!

 

まずは食事について。

犬は私たちが思う以上に

とても早いスピードで成長をします。

…が、それは一見目で見た感じではわかりません。

6~7歳から高齢犬と分類されますが、

2~3歳の頃とあまり変わりないようにみえますよね。

…しかし、それは見た目のお話。

体の機能などは歳とともに低下します。

これは当然のことです。

だから体が必要とする栄養も

年々変化しているのです。

 

だからこそ、愛犬の年齢にあった栄養バランスの食事

そして化学防腐剤や食紅など

人工的なものが出来る限り含まれない

高品質の食事を意識してあげることが

ガン発症率を低くすることに繋がります。

その代わり値段も上がりますし

賞味期限が短くなるというデメリットや

保存方法にも気をつける必要が出てきます。

しかし逆を言えば

賞味期限が長くて傷みにくい食事というのは

化学的な力を借りている場合が多いのです。

 

 

次に運動について。

病気にならないためには

体に備わった防衛システムを維持することが大事です♪

その1つがリンパですね。

このリンパは犬の健康のために重要な働きをしていて、

「免疫機能」「排泄機能」などの役割を果たします。

つまり健康なリンパを持つ犬は

体内に貯まる悪い物質を体外へと排出できます。

このリンパを健康にするために大切なのが運動!

日々の運動をまとめて解消するのではなく、

運動をするという習慣をつくることが大切ですよ(*^^*)

 

 

続いて睡眠。

ガンに対向する強力なホルモンと言われる「メラトニン」は

暗い場所で長い時間睡眠を摂ることで作られるそうです。

つまり、ただ睡眠をとればいいということではなく、

しっかり、夜に寝るという習慣が大切!

夜型の飼い主のもとではどうしても

夜の間も明かりが煌々としていて

犬が充分な睡眠をとれていないかもしれません…

これは飼い主であるみなさんのためにも

人も犬も生活リズムをしっかり整えましょう!

 

 

そしてストレス。

これは免疫力を低下させてしまう大きな原因の1つ!

免疫力が下がると様々な病気にかかりやすくなり

もちろんガンへの抵抗力も低下してしまうので、

なるべく犬の住環境からストレスを取り除けるように工夫してみてください!

 

 

最後に、去勢や避妊。

これは賛否両論があるところであり

子孫を残したい場合は対応が難しいものでもありますが、

乳がんや卵巣がん、精巣がんなど、

ホルモンの影響によって発症するガンも多くあります。

これは出来る限り早い段階で

避妊や去勢手術を行うことで防ぐことができるのです。

…とはいえ、やはり手術は犬の体に大きな負担がかかりますし、

早期すぎる手術は骨肉腫の危険を高める場合もあると言われています。

愛犬の年齢や体調、そして体質などを見極めて

手術を行うか判断をしてください。

 

 

 

いかがでしょうか?

ガンはよく聞く病気の1つではありますが、

改めて聞くと知らなかったことも多いのではないでしょうか?

愛犬をガンから守るためにも

ぜひ飼い主さんが意識してみてくださいね!

 

▼愛犬との暮らしを快適に♪犬用品通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

794e5050bfe81a4de830be44cacbbda6_s

短頭犬種が気をつけること!

    パグちゃんやフレンチブルドッグちゃんなど ファ

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

33cdb3b35a915c9ab0994dafb0a37ae7_l

筋肉痛は犬もなる??

  運動が大好きな犬たちは 広いドッグランなどで バビュンバビュ

記事を読む

inu26

犬のヘルニアとその種類

    コーギーやダックスなど 足の短い犬はヘルニアに

記事を読む

b3d079967d12d9b2b1743ef9eb7fa8af_s

犬種別、老犬の長生きの秘訣!

  「犬」とひとくくりにしても 私達以上に犬には個体差があります。

記事を読む

CSC_1044

犬もものもらいになるの??

  朝起きてびっくり いつもなら一重もしくは奥二重なのに パッチ

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

犬にもニキビができる?!

  若いころに悩まされたニキビ… 思春期の頃にお肌にプツンとあるのがイ

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

cb7e2fc4245f79710f7af20cc8b565c3_s

夏のダメージに気を付けたい、犬の肉球

    犬の肉球って 何とも言えない気持ちよさですよね♪

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>