*

愛犬の便秘、どうすればいい??

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 愛犬との暮らし, 犬の病気


2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

 

人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」!

実は犬も便秘になるってご存知でしょうか?

犬のトイレの始末は飼い主がするので

その日ちゃんと排泄したかどうかは

自分のトイレ事情より把握しているかもしれませんね笑

 

犬の場合、犬種にもよりますが

通常ならば1日に数回排泄をするのが元気印。

そのため2日以上排便をしていないなら

その犬は便秘と考えていいでしょう。

人では数日出てない…というのをよく耳にしますが

犬の場合5日以上排便をしていないなら危険です!

大腸に便がたまって機能不全を起こす場合もあるので

獣医さんにすぐに診せてください。

 

毎日排便をしているといっても

それがとても硬くてコロコロした状態なら

それは便秘になりそうな危険信号だと思ってください。

この時点で対処して便秘になるのを予防しましょう!

 

 

犬の便秘の症状としては

排便をしない他、先程挙げたように便がコロコロと硬い状態であること。

またお腹が膨れたり

犬がトイレをする仕草をするものの排便をしなかったりし、

症状が進むと食欲が落ちる場合もあります。

 

 

さて、ではどんな時に犬は便秘になるのか?

その原因は様々ありますが

代表的なものを挙げると

まずは単純に「肛門周辺の毛が絡まっている」こと。

え?と笑ってしまうかもですが

長毛種の場合は意外とこの可能性もあります。

お尻部分の毛もしっかりとブラッシングしてあげましょう!

更に血液循環が悪いと便秘になるとも言われているので、

ブラッシングによる血行促進は

便秘対策としてもオススメです(*^^*)

 

 

便秘の原因の1つに「ストレス」があります。

これは引っ越しや家族構成の増減などの住環境の変化で起こりやすく、

犬の自律神経が乱れて腸の機能低下を起こしやすくしてしまいます。

出来る限りその変化をなくすよう気を配ってあげてください。

 

その他の原因として「水分不足」が挙げられます。

高齢犬や老犬は特にこの水分不足で便秘になりやすいと言われています。

いつでも新鮮なお水をたっぷり飲める環境づくりと

そのお水の管理が必須項目ですが、

これから寒くなるとお水を自ら飲んでくれない犬もいます…

犬は人と違い、「水分不足になるかも」と

自分でコントロールして水分補給をしてくれないので

飼い主が水分補給量を把握する必要があります(^_^;)

給水器の水の減り方などから

しっかり愛犬が水分をとっているか確認してくださいね。

もしあまり水を飲んでいない場合は

ドッグフードのたっぷりの水でふやかして与えたり

お肉や野菜の茹で汁、犬用ミルクなど

ニオイや味をつけて水分補給を促してください!

 

次に「運動不足」

室内飼いがほとんどとなってきている現代では

小型犬は特に運動量が不十分になりやすいです。

犬種によっては運動量が多く必要な犬もいるので

毎日お散歩に行っても運動不足になることがあります。

その犬に合った運動を意識してあげてくださいね(*^^*)

 

そして「食事内容」

もちろんこれは大きな理由の1つですね。

食事の栄養バランスが偏っていたり

カルシウムを過剰に摂取すると

便秘になりやすいと言われています。

今はカルシウム配合のオヤツやフードも多いので

知らないうちに過剰に摂取してしまってることもあるので

愛犬の食事内容には充分気を付け

栄養バランスの見直しをしてあげてください!

悪玉菌を減らし善玉菌を増やすなど

腸内環境の改善を意識すると

便秘の解消だけでなく健康面にも大きく影響するのでオススメです♪

 

最後に「病気」の可能性もあります。

上記原因に心当たりがなく

それでも便秘になっている場合は

獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

人も犬も

たかが便秘と考えがちですが

排便をしないというのは体に大きな負担がかかります。

これが原因で大きな病気にかかることもありますし、

なにより排便ができないというのは

犬は言葉にして伝えることができませんが

人と同じくとても苦しくつらい思いをします。

愛犬の健康のためにも

排便の回数のチェックをしっかりし、

便秘にならないよう気を付けてあげてくださいね(*^^*)

 

▼腸内環境改善に♪犬用の善玉菌サプリも☆ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

2afc86fa8773cc624925d961e407af22_s

老犬の生活環境を見直すクオリティーオブライフ!

  パピーだった愛犬が老犬になるのはあっという間ですね。 高齢犬…いわ

記事を読む

062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s

犬と肥満と糖尿病

  可愛い可愛い愛犬が ちょーだいと可愛くおねだりするままに お

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬もしゃっくり??

    なんか愛犬が奇妙な鳴き声をあげてる?! …あれ

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

47f9b379df7539d88225a1b487b3aa0a_s

高齢犬の食事 おすすめの食材とは?

  高齢犬になって 愛犬の食事の見直しをする方は多いですね。 嗜

記事を読む

fd47a008c0d769bf8641eb7c443e6646_m

犬に扇風機は効果がないの?

  これから暑くなると 様々な冷房器具が活躍しますね! まずはな

記事を読む

9deac7c2cbb55d361f329aed985f0bb0_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(オスの場合)

女の子の犬の発情期サイクルについてご紹介しましたが、 今回は男の子の発情期について。 &

記事を読む

33cdb3b35a915c9ab0994dafb0a37ae7_l

筋肉痛は犬もなる??

  運動が大好きな犬たちは 広いドッグランなどで バビュンバビュ

記事を読む

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る