*

老犬と白内障

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 犬の病気


35

愛犬の目が光の加減で濁って見えたりしませんか?

老犬になると

目が白く濁ってしまう犬が多いです。

これは目の病気で有名な【白内障】ですね。

 

犬の白内障は人と同じく

目の水晶体という部分が白くにごってくる病気です。

これの恐ろしい所は

症状が悪化すると失明する恐れがあるということ…

 

大事なのは

白内障は早期発見・早期治療をすれば

目薬や飲み薬で進行を抑えられるということです!

愛犬の目のチェックをして

にごってきたなど愛犬の目に異変を感じたら

すぐに獣医さんに相談しましょう!

 

 

白内障の原因は色々ありますが

大きく3パターンに分けられます。

 

 

まずは【先天性】の場合。

 

遺伝的奇形で、

母犬のお腹にいる際に目の水晶体がうまく作られず

白くにごった状態で生まれてきてしまうことがあります…

 

 

つづいて【若年性】のもの。

 

生後6ヶ月~2歳半くらいの年齢で発症します。

遺伝的である場合もあるのですが

実は生活環境が原因である場合もあるそうです!

 

たとえばシベリアンハスキーなど

寒くて日があまりあたらない地方でうまれた犬種は

目が紫外線に弱い傾向があり

日差しが強く紫外線の多い日本の環境で暮らすことで

白内障になりやすいということがあるのです(>_<)

瞳の色が薄い犬も紫外線には弱い傾向があるそうなので要注意ですね…

 

 

最後に【老年性】のもの。

 

この場合が多いですね…

つまり老犬が白内障になることがとても多いということです。

 

この場合の犬の白内障は

加齢に伴い、徐々に症状が進行していきます。

水晶体のまわりから少しずつ濁っていき

最悪の場合は失明してしまうこともあるのです…

 

早期発見だと目薬や内服薬での治療が可能で、

たとえ進行してしまっても

水晶体のにごり具合が1/3~1/2ほどなら

手術をすることで視力が回復することもあるそうです。

 

本当に早期治療が大切な病気ですね!

進行のスピードには個体差があるので

気付いたらすぐに獣医さんに診てもらうのがオススメです。

 

 

白内障のやっかいなところは

早期の段階ではあまり犬が不自由しないため

目が見えにくくなっているのが分かりにくいということ。

そのため発見が遅れやすいのです(>_<)

 

もともとわんちゃんは目があまり良くありません(^_^;)

その代わり嗅覚や聴覚がするどいので

全くというわけではありませんが、

あまり視力に頼って生活していないのですね。

 

それでも症状が進行して視力が低下すると

物にやたらぶつかりやすくなったり

段差につまずきやすくなったり

歩行がふらふらしたりするようになります。

 

ただ、自分が慣れ親しんだ室内などでは

部屋の家具の位置を覚えていたり

聴覚や嗅覚が見えないぶんを補って歩けたりしてしまいます(^_^;)

さらにふらつくのは老犬になったから…という印象もあるため

飼い主さんがなかなか視力の低下に気付かない場合も多いです。

 

しかし老犬の場合は嗅覚や聴覚も低下するため

盲目になると警戒心が強くなって攻撃的になったり

神経質になって臆病になったりする傾向もあります。

 

それはそうですよね…

周囲に何が有るかも誰がいるかもわからなくなれば

必然的に物事に敏感になり

恐怖から怯えたり

身を守るために攻撃的になったりするのは当然です(_ _;)

 

後ろから近付いたり

急に触れた際に異常に驚かれたら

もしかしたら目が見えていない可能性があるので

獣医さんに相談してみましょう。

 

いくら犬があまり視力には頼っていないからといって

盲目になれば不自由になることもあるので

やはり見えるというのは大切なことです。

 

実は犬の白内障予防は難しいです…

しかし、目の健康を考えた栄養サポートなど

老犬になって白内障にならないように

目の健康維持に配慮してあげることは大切なことです。

そして早期発見のためにも

日々のチェックで変化を見逃さないようにしてくださいね。

 

▼獣医師監修のもと作られた瞳きらきらボーロ▼

dsbra100c1_2dsbra100c1

ブルーベリーエキスや抗酸化ビタミンなど

目の健康維持に配慮した12種類の栄養が眼病予防に効果的!

 

▼老犬の栄養サポートアイテムもたくさん!犬用品通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

b3d079967d12d9b2b1743ef9eb7fa8af_s

犬種別、老犬の長生きの秘訣!

  「犬」とひとくくりにしても 私達以上に犬には個体差があります。

記事を読む

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

「愛犬が風邪っぽい」は要注意?

  愛犬が咳やくしゃみをしたり鼻水がでたり… そんな症状が出て

記事を読む

743924ef18ccc5928ac37c447f0748f6_s

見極めが大事!愛犬の下痢の原因と対策

寒くなると 犬もお腹をこわして下痢になりやすくなります。 そもそも 犬が下

記事を読む

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは考えないですよね(^^;

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻は濡れているのがいいの?

  犬の鼻は湿っていることが多いですが、 人の鼻は湿っていませんね(笑

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

犬の風邪、どうすればいい?

  気温が上がったり下がったり・・・ 体調を崩しやすい季節ですね。

記事を読む

12086750cd24ddd222ebf056550d45ed_s

犬の肥満は危険信号!負担のかからないダイエットとは?

      犬は基本的に食欲が旺盛です。

記事を読む

919b7aff1d99548d8821f6f16579efb6_s

犬の便秘とデトックス

人は汗をかくことで 体内の毒を排出してデトックスします。 しかし犬の場合は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>