*

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬のケア, 犬の病気


0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

 

私たち人間も

「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

色んな体格、性格の人がいますね。

しかしそれ以上に個体差が大きいのが犬!

なんといっても犬種によって

大きさや体格、毛の長さ、色などの外見はもちろん

性格だってそれぞれ違います。

同じ犬という種族であっても

これほど個体差が激しい種族も少ないですよね笑

 

 

さて前置きが長くなりましたが

つまり大きくわけて考えると

犬の大きさによってかかりやすい病気というのも変わってきます。

高齢犬や老犬はどうしても病気にかかる割合が増えますので

そのかかりやすい病気を意識するのは

愛犬が長生きするためにも大切なことですね。

 

今回はその中でも小型犬にかかりやすい病気をご紹介します!

 

 

トイプードルやチワワ、ヨークシャテリアなど

小柄で愛くるしい小型犬は

その小ささと体格から骨が細いです。

これは身軽だという利点もありますが

どうしてもその分高いところから飛び降りる犬が多く、

また体重も軽いので簡単に抱っこすることができ、

その分落としてしまうという危険性もあります。

これらの衝撃が原因で、

その骨の細さからも骨折をし易い傾向にあります。

 

小型犬の高齢犬・老犬は

骨が細いうえに、更に骨が弱りやすい…

そのことからも骨に異常が起きやすいというのが注意点です。

 

 

骨折の他に起こりやすい骨のトラブルは【膝蓋骨脱臼】です!

これは膝にあるお皿の骨である膝蓋骨がずれてしまう病気(>_<)

身軽な小型犬はジャンプも得意で

フローリングが多い現代の室内でも

跳びはねる割合が他の犬種より格段に高い!

そのため高いところから飛び降りたり

滑りやすいフローリングで踏ん張ったりした際に

足に大きな負担と強い衝撃が加わり

関節を保護する膝靭帯が緩んでしまい

膝蓋骨がずれてしまうのです(´;ω;`)

 

これを予防するためにも

できるだけ高いところから飛び降りないようにさせたり

ジャンプさせるのを控えさせたりするのが良いのですが

実質問題、小型犬にそれらをやめさせるのは不可能に近いです(^_^;)

そこで大切なのが

少しでも高い場所から飛び降りる機会を減らすこと。

なるべく低いソファーにしたり

興奮して跳びはねる場合は

落ち着かせるようオスワリやフセなどのコマンドを出したり

抱っこした後に降ろす際、

衝撃がかからないよう高いところからはなすのではなく

ゆっくり地面に置いてあげるなどを意識してあげてください(*^^*)

 

高齢犬や老犬の場合

小さな段差でも負担や衝撃となりやすいので

段差にはステップやスロープを設置してあげて

なるべくバリアフリーを意識した住環境にしてあげるといいですね♪

 

▼ペットの足腰に優しいステップ・スロープ▼

pgroa113c1

 

また、フローリングは滑りやすく

踏ん張りがききにくいため足腰に負担がかかります。

マットやカーペットを敷くことで

なるべく滑りにくく工夫をするのがオススメ!

 

▼ペットのスリップ防止室内用ワックス▼

pgsaa100c1

部屋全体にマットを敷くのは難しい場合にオススメ♪

 

 

 

また、犬のツメをこまめに切って伸びないよう注意したり

足裏の肉球の間の毛が伸びすぎないよう

定期的にカットするのも

足元が滑りにくくなるポイント!

加えて愛犬の肉球の滑り止め効果をアップするため

肉球クリームなどでケアをしてあげるのもオススメです(*^^*)

高齢犬や老犬は肉球の滑り止め効果も低下しやすいので

毎日ケアしてあげるとグリップ力が復活しますよ!

 

▼老犬の足にも優しい肉球クリーム▼

pgtka118c1

 

小型犬になりやすい、で盲点なのが「吠えぐせ」!

これはどんな犬にも見られそうなのですが

実は臆病な気質の犬が多い小型犬によく見られる問題行動です。

更には小型犬の場合、

対象物に向かって吠えるにはどうしても顔を上げる必要があるため

その姿勢で吠え続けると喉周辺へ負担がかかってしまいます…

これが原因で気管虚脱という、

気管が変形して呼吸が荒くなったり

呼吸困難になったりする病気になる危険性があるのです!

これは高齢犬や老犬にも多い病気のため

小型犬はぜひ気を付けてください(>_<)

 

 

気管トラブルも起こしやすい小型犬…

とくに高齢犬や老犬は

できれば首輪よりも胴輪(ハーネス)を利用するほうが

気管を圧迫しにくくなるのでオススメだそうです(*^^*)

 

いかがでしょうか?

小さくて可愛い小型犬が

健康な高齢犬・老犬であるために。

そして長生きをするためにも

これらのポイントを意識してみてくださいね♪♪

 

▼高齢犬の暮らしのサポートに♪ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

DSC_0179

4年…犬の防災対策を改めて考える

  私たちの心に大きな傷を残した 東日本大震災から4年。 その傷

記事を読む

1

老犬の病気のサイン

  愛犬を観察していると 「あれ、いつもと違う?」 という違和感

記事を読む

4095209044_31f9aa2aef_o

老犬介護の仕方~老犬のシャンプー~

  老犬介護をしていると 体を思うように動かせないため 食事の食

記事を読む

2afc86fa8773cc624925d961e407af22_s

老犬の生活環境を見直すクオリティーオブライフ!

  パピーだった愛犬が老犬になるのはあっという間ですね。 高齢犬…いわ

記事を読む

1

高齢犬がかかりやすい病気とは??

  犬も高齢になると 体力や免疫力の低下から 様々な病気にかかり

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬にも温泉の効果?

  GWはみなさんどこかお出かけしましたか? 日々の疲れを癒しに温泉に

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

愛犬の便秘、どうすればいい??

  人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」! 実は犬も便秘になるってご

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

9deac7c2cbb55d361f329aed985f0bb0_s

知らないとトラブルの原因に?犬の発情期(オスの場合)

女の子の犬の発情期サイクルについてご紹介しましたが、 今回は男の子の発情期について。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>