*

高齢の中・大型犬が長生きするポイント♪

公開日: : 最終更新日:2017/05/30 愛犬との暮らし, 犬の病気


06452db3753f2a84d248dbd2cefd42a8_s

 

昨日は「小型犬が長生きするポイント」をご紹介したので

今日は中・大型犬のポイントをご紹介します(*^^*)

 

 

ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーなど

その大きくしっかりした体格と存在感が魅力の大型犬!

そのぶん小型犬にくらべ

骨の太さや丈夫さは勝るのですが

代わりに体重も小型犬よりかなりあります(^_^;)

だからその体重分、犬の体にかかる負担も大きくなるため

【前十字靭帯断裂】にかかりやすいと言われています。

 

これは飛び跳ねた後などに

後ろ足を主に足に瞬間的に負荷がかかり

前十字靭帯が断裂してしまう病気です。

前十字靭帯は膝の関節前にある靭帯で

これが断裂すると膝に体重をかけることができないため

足をあげて歩くことになります。

愛犬がこのような仕草をしたら

この前十字靭帯断裂の可能性があるので

獣医さんに見てもらってくださいね。

 

高齢犬や老犬は特に靭帯が弱くなる傾向に有るため

前足をあげて立ち上がるなど

着地の際に後ろ足に負担がかかるような動きをさせないよう

気を付けてあげてください!

 

 

また、ただでさえ体重のある中・大型犬ですが

肥満になるとより足腰の関節にかかる負担は大きくなります。

そうすると体にかかる負担も大きくなり

様々な関節トラブルの原因にもなるので

食事のカロリーコントロールも意識してあげましょう♪

 

また、室内で中・大型犬を飼育している場合

フローリングなど滑りやすい地面には

マットを敷くなど滑り止めをしたり

肉球には保湿クリームを塗って

肉球の滑り止め効果の維持やアップをしてあげるのがオススメ。

こうすることで膝関節にかかる負担を軽減できるので

中・高齢犬の関節トラブルの予防に繋がります!

 

▼肉球のグリップ力アップ!肉球クリーム▼

pgtka118c1

 

▼ペット用フローリングワックス▼

pgsaa100c1

 

そして中・大型犬は

小型犬と比較して体格が大きいぶん

胴体部分の幅も広くなります。

これは胃が動きやすいというデメリットがあり、

【胃捻転】を起こしやすいとも言われているのです(>_<)

 

胃捻転とは体の中の胃が突然ねじれる病気で

胃がねじれているため吐くことができず

次第にお腹が膨れていき

最悪ショック状態になることもあるのです!

 

これは食後に激しい運動をしたり

食べ物やお水を一度に大量に摂取した場合、

もしくは早食いやあまり噛まずに一気飲みした場合に起こりやすいとされています。

胃捻転を起こすと大量によだれが出たり

呼吸を苦しそうにするなどの症状が表れるので要注意。

 

胃捻転にならないためにも

お散歩の前にごはんを与えたり

食後に走らせたり引っ張りっこで遊ぶなど

過度な運動をしないよう心がけましょう!

 

 

レトリバーなどは食欲旺盛な犬も多く

どうしても早食いになりやすい傾向にあります。

その場合は突起がついて一気に食べにくく工夫された食器などもあるので

それを利用するのもオススメです♪

また、1日の給餌量を基本朝晩の2回くらいにわけていると思いますが、

これをもっと細かく分けてあげることで

(1回の食事量を減らして1日にあげる回数を増やす)

1度に大量に食べ物を飲み込むのを回避するというのも手ですよ(*^^*)

 

 

また、飲み込むといったら

実は【誤飲】しやすいのも中・大型犬の特徴(^_^;)

小型犬より口が大きいため

けっこう色々なものを口に含むことができますし

体格が大きいと口や手が届く範囲も広まります。

愛犬の手がとどかないところに置いたつもりでも

油断するとゴクリと飲み込んでしまう危険性もあるので注意!

 

また中・大型犬は小型犬に比べ

噛む力も強くものを壊すのも得意(_ _;)

思いもよらない大きなものをご飲することもあるので

充分に気をつけてくださいね!

 

 

いかがでしょうか?

存在感のある中・大型犬は

包容力も抜群で本当に可愛いですよね!

しかし体が大きいがゆえに起こる危険もあるので

飼い主さんがぜひ気を付けてあげてください!

 

 

▼愛犬との暮らしをサポートする通販、ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

DSC_0398

愛犬が交通事故に合わないために

  交通事故。 それは私たちと暮らしをともにする犬にだって 起こ

記事を読む

inu24

老犬の更年期障害?

人間は40歳後半から50歳前半くらいの年齢を「更年期」としていて このくらいの時にホル

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

意外と知らない?犬の発情期!~オスの場合~

  昨日はメスの犬の発情期についてお話しました。 そこで今日はオスの発

記事を読む

a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_m

犬にもストレスがかかってる!愛犬のストレスとは?

  人間社会はストレス社会だなんて言葉がありますが、 犬たちだってスト

記事を読む

ff6309ffeb94804a1be36d43cb86f3c1_m

犬の外耳炎は繰り返しやすい!

皮膚疾患と同じく 犬がかかりやすい病気の1つである外耳炎。 発症件数が多く、

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s

愛犬のクールビズ??夏のための換毛期!

  暑くなってくると世間で言われる「クールビズ」 犬たちは毛皮を年中ま

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

犬も防災対策が必須!愛犬の命を守ろう

  少し先にはなりますが 9月に入れば防災の日がありますね! 地

記事を読む

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る