*

老犬と難聴、上手な付き合い方

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 愛犬との暮らし, 犬のしつけ, 犬のケア, 犬の病気


00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

 

 

愛犬が歳をとり

高齢犬・老犬になっていくにつれて

犬の性格が頑固になったり

いうことをきかなくなる…

という話をよく聞きます。

 

実はこれ、

頑固になっていうことをきかないのではなく、

そもそも聞こえていないため

反応することができず

そう見えているだけ…という場合も多いのです(^_^;)

 

例えば大きな音や

飼い主の呼びかけに反応しなかったり

以前はインターホンなど

来客に対して吠えたりしていたのに

反応を示しにくくなっていたり。

はたまた、雷や花火などの音に怯えていたのに

それが見られなくなったなど…

 

一見それは性格が歳とともに変わったようにも見えますが

そもそも「音が聞こえにくくなっている」としたら

上記の反応は納得がいきませんか?

 

犬は高齢犬・老犬になるごとに

様々な機能が衰えていきますが、

聴覚もその中の1つです。

いわゆる【難聴】になってしまう犬も多く、

10歳を過ぎると犬の聴覚は徐々に衰えるケースが多いそうです。

 

そのため10歳を超えた高齢犬・老犬は

物音に対して反応が鈍くなる傾向にあります。

これが見方によれば

何を言われてもいうことをきかない

「頑固者」と捉えられがちなのですね。

しかしこれ、いうことをきかないのではなく

気付いていないというケースである場合も多いのです!

まずは「ちゃんと聞こえているのか」

これを確かめてみてあげましょう(*^^*)

 

 

耳の聞こえ具合って

目に見えるものではないため分かりにくいですね。

実は知らない間に愛犬の難聴が進行していることもあります。

最近ちょっと反応がわるい?

と感じたら

まずは犬の後ろに立って手を叩いてみましょう。

すぐに反応して振り返るなどすれば聴覚は正常です♪

しかし反応するそぶりはあってもそれが曖昧な場合は

全く聞こえていないわけではないものの

難聴が進行している可能性があります(>_<)

そして全く反応しない場合は

もしかしたら耳が聞こえていない可能性があるので

獣医さんに診てもらってください。

 

 

犬の難聴の原因は

老化である場合はもちろん多くありますが、

病気が原因である場合も当然あります!

難聴が始まっているなと感じたら

それが老化が原因だと決めつけず

獣医さんに原因を判断してもらいましょう。

 

たとえば内耳炎や中耳炎など

耳の病気が原因で難聴を起こしている場合もあります。

このように耳トラブルで聴覚が衰えないよう

1~2週に1回程度

定期的に耳そうじをして

耳の中などに異常がないかチェックしてあげてください(*^^*)

 

例えば耳垢が異様にたまっていたり

黒っぽくなっている

もしくは赤く炎症が起こっているなどの

見た目の変化をチェックしたり

異臭がするなどニオイの変化も気をつけてあげましょう!

 

耳垢や耳の中の毛などが原因で

聞こえにくくなっている場合もあるので

耳のケアだって大切ですよ!!!

 

 

…とはいえ

犬は老化によって

高齢犬や老犬は難聴になりやすく

聴覚が衰えていくことは確かです。

そうなってもコマンドが通じるように

聞こえているうちに

ジェスチャーでコマンドが伝えられるよう

トレーニングをするのはオススメです♪

いずれ耳が聞こえにくくなった際に

犬が飼い主さんの手の動きでコミュニケーションがとれるので

意思の疎通がとりやすくなります(*^^*)

 

 

また、犬は耳が聞こえにくくなっても

高周波の音は比較的聞き取りやすいとも言われています。

そのため、高い音の出るクリッカーや犬笛など

アイテムを利用したトレーニングもいいかもしれませんね♪

 

 

犬は難聴が進むことで

神経質になり

攻撃的になったりする犬もいます。

確かに、聞こえていたものが聞こえにくくなるのは

周囲の気配を感じにくくなるということであり

犬にとっては不安になる場合も多いと思います。

その場合は

なるべく犬を驚かせないように

後ろから急に触れたり現れたりしないよう工夫することで

愛犬に安心感を与えることができますね(*^^*)

つまり、驚かせない工夫です!

犬が音を聞き取りにくいということを念頭に

接し方を考えてみてあげてください。

 

犬は私たちの想像以上に歳をとるスピードが早いです。

見た目の老化はなかなか感じにくいかもしれませんが

10歳をすぎれば

身体機能の低下は確実に進んでいるはず…

変化に気付くこと、

そしてそれが「何故そうなったのか」に気付くことは

愛犬と良好な関係を気付くためにも

そして愛犬をサポートするためにも大切なことですね(*^^*)

ぜひぜひ、意識してあげてください!

 

▼耳のケアアイテムも充実☆ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは考えないですよね(^^;

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬の痙攣はなぜ起こる?

  老犬が急に痙攣をおこせば もちろん飼い主さんは驚き、不安になります

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり知られていない?犬とガンの関係

  私たち人間はもちろん 今では犬の間でも恐れられている「ガン」

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬に良いお手入れ術!

  愛犬のケアって日常的なものですが 高齢犬になると ケ

記事を読む

35

老犬と白内障

愛犬の目が光の加減で濁って見えたりしませんか? 老犬になると 目が白く濁ってしま

記事を読む

7f796d293291997b852ea63cf5161662_s

犬に温泉って効果があるの?

  私たちは温泉で体を癒したりしますが では犬はどうでしょう?

記事を読む

IMG_2898

犬は飼い主の笑顔を認識できる?!

  私たちは相手が「笑ってる」って どうやって識別しているでしょう?

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_m

犬も虫歯になるの??

  食後は歯みがき! 怠れば虫歯になる… というのは私たちの中で

記事を読む

DSC_0009

愛犬とドライブのポイント♪

  今週末はあたたかい地域が多いようですね(*^^*) みなさんはお出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る