*

冬の犬のしもやけにご注意を!

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 愛犬との暮らし, 犬のケア, 犬の病気


Screenshot_2

1d548e8d21d73f613341061bb9dcc90b_s

 

寒い季節になると

悩まされる「しもやけ」…

実は犬もこの「しもやけ」になると言われています!

 

痛痒いとか色々言われるしもやけですが

一体どういったものかご存知ですか?

正式名は「凍瘡」というもので、

冷えることで血液の循環が悪くなり

炎症が起こることを言います。

 

しもやけになりやすいのは主に「末端」です。

つまり手や足先、そして犬の場合は耳先なんかも

血流が滞りやすい箇所なので

しもやけになりやすいポイントになります!

 

血液循環が悪くなりやすいことと

免疫力が低下しがちな

高齢犬や老犬は要注意!

またビタミンEを主とした栄養不足の犬も

しもやけになりやすいので気をつけましょうね。

 

症状としては

炎症を起こすため痛痒かったり

腫れたりします。

犬もしもやけになると痛痒さから

足を舐めたり噛んだりして傷を作ってしまったり、

痛みから患部に触れようとすると

攻撃的になったりする可能性があります。

 

足裏の傷は治りにくく

一度傷を作ってしまうと

犬が足裏を舐めたりしないよう

酷いと包帯やエリザベスカラーの着用をするなど大変です。

犬も生活するうえで歩かないわけにはいかず

患部を安静にするのが難しいので

しもやけにならないよう気を配ってあげる必要がありますね。

 

▼手足の怪我から愛犬の足を保護するメディカル用靴▼

Screenshot_1

 

 

しもやけは勿論寒い季節になるものですが

それは雪に触れなければ滅多にならない

…というわけではありません!

実はしもやけは

皮膚や被毛が濡れたり蒸れてしまった時、

その気化熱で皮膚の上面温度が下がり

しもやけになってしまうのです(>_<)

そのため気温が5度くらいの

日中と夜とで気温差が大きい時に起こりやすいとされています。

 

この季節で犬がしもやけにならないよう気をつけたいのは

雪や雨、そして湿気などで

足先や耳が濡れたり湿ったりしたとき!

お散歩にでかけて湿った皮膚被毛をそのまま放置すると

気化熱でグッとその部分の温度が下がり

しもやけになりやすくなります!

 

そのためお散歩から帰宅したら

まずは冷えて血液循環が悪くなった足先を

温かいお湯で拭いて暖めてあげましょう♪

ただ、お湯で洗った後放置すれば

せっかく暖めても気化熱で冷えるのは同じこと。

温めた後はしっかり水気を拭きとって

できればドライヤーなどでしっかり乾かすのがオススメです!

この時しっかり毛の根元から乾かしてくださいね!

 

お湯で洗って乾かすのが大変な場合は

お湯を固く絞ったタオルや蒸しタオルを利用すると

濡れ過ぎないので乾かすのが楽ですよ♪

上記のホットタオルや蒸しタオルは

足先だけでなく耳先も温めてあげるのにもオススメ(*^^*)

寒い外から帰宅したらぜひ試してみてください♪

 

しもやけ予防のために

マッサージなどで血行促進をするのも効果的!

温め&マッサージで

しもやけ予防をしてあげてくださいね(*^^*)

 

 

また「しもやけ」だけでなく「あかぎれ」も

この寒くて乾燥する冬は起こりやすいです。

こちらは乾燥が大敵なので

毎日の肉球クリームケアで

肉球の保湿をしっかりしてあげましょう♪

 

▼愛犬の肉球を乾燥から守るたっぷり保湿クリーム▼

pgpha113c1

 

 

また、足裏を濡らさないために

雪や雨の寒い日は犬用の靴を利用するのもオススメです!

靴を嫌がってしまう犬は多いですが

靴を履くことに慣れておくと

足を怪我した時などに

足を覆われるガーゼや包帯などを嫌がりにくくなったり、

震災の際に足を怪我しないよう靴を履いて歩かせることが出来ます(*^^*)

 

▼愛犬の足を守る犬用のシューズはこちら▼

Screenshot_2

 

湿度が高かったり

雪や雨で体が濡れやすい日は

しもやけ予防のためにも

お散歩後の

「温め」「乾燥」「血行促進」「肉球クリーム」

この対策でしもやけ・あかぎれを撃退してあげてくださいね♪♪

 

 

▼その他さまざまなアイテムをご用意☆ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

愛犬の便秘、どうすればいい??

  人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」! 実は犬も便秘になるってご

記事を読む

P1050098

犬もレム睡眠をする?

  私たちの睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですが、 実

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬のアレルギー~環境アレルギー~

  前回は食物アレルギーを中心にお話しました。 しかし犬のアレルギーは

記事を読む

0b10a4715f6d597ebef6bb291e64306b_s

犬にある感情、無い感情

人に色んな感情があるように 犬にだって感情があります。 しかし、 私たちが

記事を読む

4873186cea85721f76d192f120013ce9_s

犬の乳がん

女性が心配する病気の1つ、「乳がん」 これは人間だけでなく 犬もかかる病気です。

記事を読む

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s

高齢犬と白内障

  高齢犬になると多く見られる症状の1つに 「目が白っぽくにごる」とい

記事を読む

inu26

犬のヘルニアってどういう病気?

  ウェルシュ・コーギーや ダックスフンドのように 足の短い犬は

記事を読む

35

老犬と白内障

愛犬の目が光の加減で濁って見えたりしませんか? 老犬になると 目が白く濁ってしま

記事を読む

a61a30f87277c07d82e71ad2106d6004_m

犬にもストレスがかかってる!愛犬のストレスとは?

  人間社会はストレス社会だなんて言葉がありますが、 犬たちだってスト

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>