*

老犬とワクチンについて考える

公開日: : 最終更新日:2017/05/25 犬の病気


3095212850_22a31cac82_o

 

愛犬の健康を守るため

ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとんどかと思います。

 

そもそも「ワクチン」とは何なのか

みなさんはご存じですか?

病気を予防するために定期的に受けるもの…

くらいの認識の方も多いと思います。

 

あながち間違いでもないのですが、

実は犬にワクチンをうてばうつほどいい…

という考えは間違いです!

ワクチンの本質を知ることで

タイミングや回数など

犬によって必要回数が違うことがわかります。

 

 

そもそもワクチンとは

病気予防のために菌を殺すお薬…というわけではありません。

実はワクチンとは

毒性をなくす…もしくは弱めた病原体のことなのです。

 

「え、病原体そのものなの?!」

 

と驚かれる方もいらっしゃるでしょう(^_^;)

なぜそんなことが予防に繋がるのかというと

免疫機能に秘密は隠れているのです。

 

私達や犬を含める生き物には

病原体から体を守る「免疫」という働きが備わっています。

しかしこの機能は

初めて体内へと潜り込んだ病原菌や強い病原菌には

効力がとても弱いものなのです。

 

だから予め、毒性をなくしたか弱めた病原体を体内に入れて

その病原菌に対する抗体をつくります。

こうすることで実際にそれらに感染した際に

体が「あ、こいつ知ってる!」といち早く反応し

免疫がすばやく機能することができるのです♪

 

 

病気に対する免疫を作るためにも

やはりワクチンの接種は大切なことです。

しかし多く打てばそれだけいいというものでもありません。

毒性を弱めたとはいえ

病原体を体内にいれるのは

それだけ犬の体にも負担となります。

 

現在の日本では1年に1回のワクチンを薦められることが多いですが

実はこれは「多すぎる」という意見が

近年では言われているのです!

 

 

ワクチンの過剰接種によって体調を悪くしたり

最悪亡くなってしまう犬もいます。

 

それでも今まで1年に1度受けるのが良いとされていたのは

犬の免疫メカニズムに理由があります。

 

犬がワクチンで作ることのできる抗体は

体内で持続できる時間が人より短いとされているのです。

とはいっても3年ほどはもつとされているので

パピーの頃に必要なワクチンとして

生後2ヶ月、3ヶ月でそれぞれ1回と、その1年後に1回、

それが終われば3年のサイクルで接種するのがいいと言われています(*^^*)

 

ただし狂犬病予防については

現在1年に1回が法律で定められていますね。

これはルールなのでちゃんと守りましょう(^_^;)

ただし、この「1年に1回は多い」という意見は

現在日本にも広まりつつあります。

その内狂犬病注射についても

もしかしたら期間が変わる可能性だってあるみたいですね♪

 

 

ワクチンの過剰摂取によるデメリットは

犬のホルモンバランスを崩す危険があるほか

アレルギーの原因になることもあるそうです(>_<)

ワクチンの過剰接種で病気にかかりやすくなる…なんて

本末転倒もいいところですよね(^_^;)

 

 

これを聞いてワクチンが怖くなってしまうかもしれませんが

けしてワクチンは悪いものではないのです!

犬にワクチン接種をすることは

恐ろしい病気から愛犬を守るのに大切なことです。

ただ、その接種回数とタイミングに気をつける必要があるのです!!

 

たとえば最初のワクチンである生後2ヶ月ですが

これより前にうつのは危険です。

感染症などの予防に…といわれることもあるそうです。

確かに生まれたばかりの仔犬は免疫システムが発達してないので

感染症などの危険性は高くなるかもしれませんが、

それは母犬の初乳や母乳によって抗体を受け取り

免疫力を得ているのです♪

だから生後2ヶ月前のワクチンは危険なのです(>_<)

 

 

また、老犬は体力が低下してきているので

ワクチンが体に与える負担も大きくなります…

そのため、10歳を過ぎた老犬の場合

ワクチンの接種は回数を控える必要があります。

 

老犬のワクチン接種の際は

体調が万全であることや

病気の際は獣医さんと相談することが大切!

必要最低限の回数で済ませるために、

抗体検査を受けて

以前受けたワクチンの抗体がまだ持続しているかを検査し

残っていない場合だけ追加接種をする…

という形がオススメです。

 

また、今まで過剰接種をしてきた犬の場合は

体内で抗体を作りにくくなってしまっている場合があります。

また犬によっては抗体がつくりにくい体質の犬もいるので

その場合は3年に1度より頻度は早い方がいいケースもあります。

 

こういうケースなどの見極めのためにも

老犬だけでなく抗体検査を受けることで

愛犬の体内に現在ある抗体をチェックするのがいいのかもしれませんね(*^^*)

 

 

ワクチンの回数も大切なのですが

接種後の様子をしっかり観察するのも重要です。

 

ワクチンは犬の体にとってはいわば「異物」です。

これに対して免疫機能が過剰に反応してしまう

「アナフィラキシーショック」という症状の危険性が有ります。

(よくハチに刺される時に心配されるアレですね)

これは命を脅かす危険のある症状なので

いざという時すぐに処置してもらえるよう

接種後は30分位病院の近くで様子をみておくのが安全です。

 

また体内に病原菌を入れるので

元気がなくなったり食欲が低下することが少なからずあります。

ワクチン接種後は過剰な運動や興奮させること、

そしてシャンプーなどは接種後24時間はしないようにしてください。

 

 

愛犬の命を守る「ワクチン」だからこそ

適切な形で受けさせることが大切ですね(*^^*)

ぜひ参考にしてみてください。

 

▼シニアドッグとの暮らしをサポートする通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

743924ef18ccc5928ac37c447f0748f6_s

見極めが大事!愛犬の下痢の原因と対策

寒くなると 犬もお腹をこわして下痢になりやすくなります。 そもそも 犬が下

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

「愛犬が風邪っぽい」は要注意?

  愛犬が咳やくしゃみをしたり鼻水がでたり… そんな症状が出て

記事を読む

33cdb3b35a915c9ab0994dafb0a37ae7_l

筋肉痛は犬もなる??

  運動が大好きな犬たちは 広いドッグランなどで バビュンバビュ

記事を読む

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

愛犬のフィラリアは飼い主が100%防げる!

  フィラリアは犬を飼育する飼い主さんなら 必ず耳にしたことがある病気

記事を読む

0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

犬に野菜、調理法にも注意が必要?

  健康のために 野菜をたくさん食べる!! というのは私たちの常

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬も口内炎になるの??

  これから夏バテなどを起こして 体調不良になりやすい季節となりますね

記事を読む

IMG_3428

犬の鼻が乾くのは病気なの??

  犬の嗅覚はすごいのはきっと周知の事実ですが、 ではどのくらいすごい

記事を読む

NEC_0034

犬と紫外線の注意点

    日中は日差しが強い日も増えてきましたね。 この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る