*

犬の風邪、どうすればいい?

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 犬の病気


aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

 

気温が上がったり下がったり・・・

体調を崩しやすい季節ですね。

この時期に風邪をひく方も多いのでは?

 

そもそも体調が悪いと風邪ひいたって言いますけど

風邪とは何なのでしょう??

 

実は風邪というのは正式な病名というわけではないそうです。

主にウィルスが原因で起こった呼吸器疾患を

総称して「風邪」と呼ぶそうですね

 

もちろん犬の場合も

ウィルスによる呼吸器感染症はあります。

しかしやはり獣医学的にも「風邪」という病名はないので、

正式には呼吸器感染症と診断されるそうですね。

ただ、私たちにとっては風邪という言い方が身近なので

わかりやすく「風邪ですね」と言ってくれる獣医さんもいらっしゃいます。

 

 

これからの寒くなる季節は

どうしても体力や免疫力が落ちてしまいやすくなります。

くわえて空気が乾燥しやすくなるため

呼吸器疾患を起こしやすい気候にもなります。

するとウィルスに感染する確率が高くなりますね。

だから、いわゆる「風邪」をひきやすくなるのです。

 

 

犬が風邪をひいた場合の症状として多いのは

・鼻水

・くしゃみ

・せき

・発熱

人と同じく、これらの症状が見られますが、

重度になった場合は

・下痢

・嘔吐

これらの症状も見られるようになります。

 

水っぽい鼻水が垂れるようになったな・・・

最近くしゃみをするようになった?

そう感じたら風邪のひきはじめの可能性があります。

あたたかくしてあげて、

消化に良い栄養バランスのとれた食事を与え、

症状が改善されない場合はすぐ獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

犬がせきをする場合、

風邪かなと思っていたら恐ろしい病気だった!

ということもあります。

 

 

せきが症状の病気として考えられるものに

ケンネルコフや犬ジステンパーなどがあります。

 

 

特にケンネルコフは

発熱やせきなど風邪と同じ症状が出るので要注意。

症状が軽い場合は10日ほどで治ることが多い病気ではありますが、

高齢犬や老犬など体力があまりなく、

そして抵抗力も低い犬の場合は

肺炎に繋がる危険性もあります(>_<)

 

 

犬ジステンパーは

痙攣など神経症状を引き起こしてしまうこともあるので、

おかしいな?と感じた場合は

獣医さんに相談するのが一番です。

 

 

これらのウィルス性疾患は

混合ワクチンを接種しておくことで予防ができます。

ほとんどが混合ワクチンに含まれているものなので

予防接種をちゃんと受けることも大切ですね。

 

 

ただ、ウィルスによる疾患はこれだけではないですし、

体力のない高齢犬や老犬は

ワクチンをあえて受けない場合もあるかもしれません。

ワクチンに関しては

「老犬とワクチンについて考える」

こちらもご覧ください(*^ ^*)

 

そもそもウィルスに強くなるためにも

風邪の予防としての対策は大切ですね!

 

 

 

まず1つとして環境作り♪

風邪は多くが飛沫感染で

病原体が空気中にただよっていることが多いです。

寒いとどうしても部屋を閉め切りがちになりますが、

この悪い空気を閉じ込めないためにも

ぜひ空気の入れ替えをして、

またこまめな掃除もすることで清潔な生活環境にしましょう!

 

 

 

2つめとして温度・湿度管理♪

室内犬が多くなってきた現代では

温度管理は高性能な暖房器具が行ってくれますが

外と室内の温度差が大きい場合は

外出の際の温度変化に犬の体がついていけず

免疫力低下の原因になりやすいので注意が必要です。

 

また難しいのが湿度管理ですが

空気が乾燥するとウィルス感染を起こしやすくなるので

加湿器の利用や濡れタオルを部屋に干すなどして

部屋の空気が乾燥しないよう工夫をしましょう。

 

 

 

3つめとして食事管理♪

消化が良くて栄養の良いものを与えましょう!

特にビタミンは免疫機能を維持して

粘膜を健康にする効果があるので良いそうです。

また、ビタミンCなどには抗酸化作用があり

これは病気の予防として効果があるので

ぜひ意識して与えたいですね♪

0000000005962

 

 

最後に腸内環境の改善♪

愛犬がウィルスに対抗するための

免疫力を維持したりアップするためには

腸内環境を改善するのも重要です。

なんと免疫細胞の7割は

腸に存在していると言われているのだとか!

腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、

健康な腸を目指しましょう♪♪

0000000005702

 

 

いかがでしょうか?

飼い主さんも、その愛犬も、

風邪に負けず健康に過ごすために

よかったら参考にしてみてくださいね(^▽^)/

 

 

▼高齢犬用品もたくさん!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬のストレスサインとストレス解消法

      人は暮らしの中でストレスを感じる

記事を読む

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s

犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同じで 犬はいくつになって

記事を読む

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは考えないですよね(^^;

記事を読む

DSC_0542 (2)

犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「ナッツ」ですが、 では犬

記事を読む

CSC_1044

犬もものもらいになるの??

  朝起きてびっくり いつもなら一重もしくは奥二重なのに パッチ

記事を読む

12086750cd24ddd222ebf056550d45ed_s

犬の肥満は危険信号!負担のかからないダイエットとは?

      犬は基本的に食欲が旺盛です。

記事を読む

3c92765e14087e49ee82a3ce8be5ca32_m

愛犬を老化させる「酸化」って何??

    よく犬の健康についての記事で 「酸化」が良くな

記事を読む

70d85abf757f19aa6370436164f33063_s

犬のしっぽは骨折する!

      犬といったら その尻尾を振

記事を読む

582e53fcb0f9141774668061bf33cfab_s

犬はなぜ、夏においやすい?

      最近お天気が微妙な日が続きますね

記事を読む

2396bc7690d50b72bf072f50213c750e_s

愛犬の便秘、どうすればいい??

  人も多くの女性が悩まされる問題「便秘」! 実は犬も便秘になるってご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る