*

愛犬が熱中症になったら

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の病気, 犬の豆知識


98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

 

 

犬は暑さに弱いので

気温が高くなるこれからの季節は

熱中症になりやすくなります!

 

 

犬の様子で

・呼吸が荒くなる

・ふらつく

これらが見られた場合は

熱中症の可能性があるのですぐ対処しましょう!

 

 

 

まず、大切なのは体を冷やし

体温を下げてあげることです。

 

 

犬のお腹など

被毛が少ない部分を触って

体温が高いと感じたら

すぐに直射日光のあたらない

涼しいところへ愛犬を移動させましょう。

 

 

 

次に濡れたタオル

お腹や脇などにあてたり、

水をお腹の地肌に直接かけて

体温を下げましょう。

 

 

 

そして、水を飲ませ

しっかり水分補給をさせます。

 

 

▼吸収しやすいハイポトニック水「ハイドロチャージ」▼

0000000014552

 

 

ここで愛犬の様子に異常がないようなら、

落ち着くまで涼ませれば大丈夫ですが、

ふらつくなどの異常がみられる場合

獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

最悪、熱中症で意識をなくす犬もいます。

倒れて動けなくなるなど重症な場合は

お腹を中心に体を冷やしながら

すぐに病院へ連れて行ってください。

 

 

 

もし近くに水場がある場合は

顔だけを出して

全身を水につけて冷やしてあげましょう。

 

 

 

時間との勝負になることもあるので、

暑いこれからの季節

外出する場合は近くに動物病院があるか調べ、

連絡先や住所

また行きつけの動物病院の電話番号なども

メモしていつでも確認できるようにしておきましょう!

 

 

 

これからの季節は

車など密閉された空間

すぐに気温が高くなり

短時間でも犬が熱中症を起こす危険性があります。

 

 

 

少しの時間とはいえ

車の中で留守番させるなど

愛犬を置き去りにしないようにしてあげてください。

 

 

 

 

愛犬の命を守るためにも

ぜひ、意識してみてくださいね!

本日もありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしのアイテムを取り扱う通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

1399294413886

静電気が犬に及ぼす悪影響!

  乾燥の季節になると フワフワ被毛の犬も セーターを着ている私

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

81fc6fc245b8ee82b9fcd5215026060e_s

老犬の認知症

  犬も高齢化が進むことで 老犬が認知症(痴呆)にかかる場合が増えてき

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり知られていない?犬とガンの関係

  私たち人間はもちろん 今では犬の間でも恐れられている「ガン」

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

高齢犬の食事で注意すること

    高齢犬は寝ている時間が増え また運動量が減る傾

記事を読む

b8d2281159020c6392f7526d70c9d728_s

愛犬とのお散歩のお悩みあるある!

  こちらの地方は久々のお天気です♪ さて、犬にとってもやっとお散歩日

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

2d28ec453697cc36feb7c87b2396035e_s

愛犬と安全にドライブを楽しむために♪

  愛犬とお出かけをするには丁度いい気温になりましたね。 そうなるとお

記事を読む

57beb2d0d418446cefc787768c78ce18_s

犬もインフルエンザになる?

  インフルエンザが大流行していますね。 みなさま予防はバッチリですか

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

犬の避妊手術と去勢手術

  犬を飼っていると悩むのが 子供を産ませるかどうか そして去勢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>