*

愛犬が熱中症になったら

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬の病気, 犬の豆知識


98c7c5a8cb82c945efa18751381fbdf7_s

 

 

犬は暑さに弱いので

気温が高くなるこれからの季節は

熱中症になりやすくなります!

 

 

犬の様子で

・呼吸が荒くなる

・ふらつく

これらが見られた場合は

熱中症の可能性があるのですぐ対処しましょう!

 

 

 

まず、大切なのは体を冷やし

体温を下げてあげることです。

 

 

犬のお腹など

被毛が少ない部分を触って

体温が高いと感じたら

すぐに直射日光のあたらない

涼しいところへ愛犬を移動させましょう。

 

 

 

次に濡れたタオル

お腹や脇などにあてたり、

水をお腹の地肌に直接かけて

体温を下げましょう。

 

 

 

そして、水を飲ませ

しっかり水分補給をさせます。

 

 

▼吸収しやすいハイポトニック水「ハイドロチャージ」▼

0000000014552

 

 

ここで愛犬の様子に異常がないようなら、

落ち着くまで涼ませれば大丈夫ですが、

ふらつくなどの異常がみられる場合

獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

 

最悪、熱中症で意識をなくす犬もいます。

倒れて動けなくなるなど重症な場合は

お腹を中心に体を冷やしながら

すぐに病院へ連れて行ってください。

 

 

 

もし近くに水場がある場合は

顔だけを出して

全身を水につけて冷やしてあげましょう。

 

 

 

時間との勝負になることもあるので、

暑いこれからの季節

外出する場合は近くに動物病院があるか調べ、

連絡先や住所

また行きつけの動物病院の電話番号なども

メモしていつでも確認できるようにしておきましょう!

 

 

 

これからの季節は

車など密閉された空間

すぐに気温が高くなり

短時間でも犬が熱中症を起こす危険性があります。

 

 

 

少しの時間とはいえ

車の中で留守番させるなど

愛犬を置き去りにしないようにしてあげてください。

 

 

 

 

愛犬の命を守るためにも

ぜひ、意識してみてくださいね!

本日もありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしのアイテムを取り扱う通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

db33fab17f5ae2a5d6784762908c8899_s

オオカミからなぜ犬がうまれたの?

  犬の祖先はオオカミ… というのは皆さんご存知かと思います♪

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_s

人とは違う?犬の妊娠と出産について

  犬も私たちと同じ哺乳類なので お母さんのお腹から産まれてきます。

記事を読む

dfff278b31ed1d5bb300248e7525a12f_s

犬が蜂に刺されたら

  暖かくなると色んな生き物が活動的になりますね。 春になると蜂もあら

記事を読む

7c0fc0ed26f2a1e4a0e5b20ded9eb839_m

犬が甘えてる時のサインとは?

  愛犬に甘えられると嬉しいですよね(*^^*) かまって~♪というア

記事を読む

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

犬と蚊とフィラリア、これってどんな関係?

    夏になるとやっかいなのが 蚊ですよね 人

記事を読む

no image

老犬介護の食事サポート

  犬も高齢化が進み 愛犬に老犬介護が必要なご家庭も増えてきました。

記事を読む

DSC_0124

愛犬にも虫よけ対策を

  あたたかくなると 虫もたくさん出現してきますね・・・ 犬はど

記事を読む

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

犬の肥満とダイエット!

  肥満になると 人間でも健康診断で注意を受けますね(^_^;)

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

老犬のアンチエイジング

  愛犬は1日1日歳をとり いずれは高齢犬となります。 私たちに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>