*

愛犬にも虫よけ対策を

公開日: : 最終更新日:2017/05/24 愛犬との暮らし, 犬のケア, 犬の病気


DSC_0124

 

あたたかくなると

虫もたくさん出現してきますね・・・

犬はどうしても

緑が多いところが大好き。

草原に突撃していくのが好きな犬も多いです。

 

 

そんな飼い主さんは

そろそろノミダニが気になりますね。

 

 

これらは犬にも害を及ぼすとして

今はもう飼い主さんたちにも有名ですよね。

 

 

 

蚊によって感染するのは「フィラリア」です。

最悪命を落とす危険な病気なので

蚊の季節はかならず毎月フィラリア予防を行いましょう。

 

 

 

ノミやダニは

吸血行動による皮膚炎貧血の恐れがあります。

室内犬だとしても

基本的にどんな犬でも

お散歩コースにノミやダニは潜んでいるので

帰宅後に被毛のケアと一緒にしっかりチェックしましょう。

 

 

 

ノミやダニ、蚊のほかにも

実は気を付けたい虫はいます。

 

 

 

私たちも気付いたら虫に刺されてた

・・・ということは多いですよね。

しかも何に刺されたというのではなく、

まあ、虫に刺されたんだろう、みたいな。笑

 

 

犬も同じく

気付けば何かの虫に刺されていた

・・・というのは多くあります。

 

 

じゃあどんな虫がいるのかというと

例えばブヨアブハチなども考えられます。

 

 

犬は皮膚が人間よりとても薄いので

私たち以上に刺されると皮膚トラブルになりやすいです。

 

 

私たちは刺されたところをかかないようにできますが

犬は違和感があればひっかいた

噛んだりしていじってしまいます。

そのため、よけいに悪化しやすいので注意が必要です。

 

 

こうなってしまったら獣医さんにお薬をもらって

刺されたところを刺激しないように

エリザベスカラーにしたり

服で覆って触れないようにするのが

早く治る近道ですね。

 

▼全身を覆うカバーオールなので傷のカバーにもおすすめ!▼

Screenshot_1

縫い目が表の服なので、肌にも優しい!

 

 

とはいえ、できれば虫刺されを避けたいのが本音。

そこで必要なのが虫よけ対策です!

 

 

 

まずはお散歩場所ですが、

虫をできるだけ避けたいなら

犬の大好きな草むらや森林、河川敷などは避けることです。

・・・が、好きなところには連れて行ってあげたいですよね(^^;

 

 

 

できれば虫にさされないよう

露出する皮膚の部分を減らすため

服を着せる・・・というのも対策の1つです。

特に被毛という防御壁のない

スムースヘアーなど短毛の犬

犬服を着せたほうが刺されにくくなります。

 

 

 

また、虫よけスプレーを利用するのも

虫よけ効果があるためおすすめです。

 

 

 

これはお散歩に行く前全身にスプレーをするだけ。

特に被毛の少ないお腹部分などは必須です。

 

 

 

現在の犬用虫よけスプレーは

天然成分でできているものが多いため

犬の皮膚にスプレーしても

害がないものが多いので安心です。

 

 

 

例えばこちらの

【LENEEM】虫よけ&毛艶スプレーレニーム 622円

0000000016482

 

こちらの虫よけスプレーは

ミラクルハーブとして注目される「ニーム」が主原料で

100%天然植物エキスの虫よけスプレーなので

犬がなめても人に付着しても安全です。

 

 

 

また、こちらの

【A.P.D.C.】ニーム&シトロネラスプレー 972円

0000000016492

 

こちらは虫を寄せにくくする成分をブレンドし

植物由来成分のみで作られています。

さらにバニラの香りになっているため

犬も嫌がりにくいスプレーです。

 

 

 

そして

ペットニーム バグオフスプレー 972円

0000000016622

 

こちらは一般的な生成方法の約2倍の有効成分が含まれ、

また効果の持続時間が約6~8時間と長時間。

香料無添加でほぼ無臭のため犬が嫌がりません。

加えて天然抗菌成分配合

雑菌からも犬を守ってくれます。

もちろん天然成分100%なので安心です。

 

 

 

 

今は犬の安全面に注目した虫よけも増えているので

お出かけの際に利用するのもオススメです。

 

 

 

 

このように虫から愛犬を守るには

 

・あまり虫が多い場所へ愛犬を潜り込ませない

・外出後はケアをしながら虫の付着、虫刺されのチェックをする

・被毛が短い犬種は服を着せるなどして露出を少なくする

・外出前に虫よけスプレーをする

 

これらを意識してあげてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼防虫対策ページも掲載中!「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

3d943ebd89338c39427892574027930b_m

犬の肥満とダイエット!

  肥満になると 人間でも健康診断で注意を受けますね(^_^;)

記事を読む

b3d079967d12d9b2b1743ef9eb7fa8af_s

犬種別、老犬の長生きの秘訣!

  「犬」とひとくくりにしても 私達以上に犬には個体差があります。

記事を読む

1

高齢犬がかかりやすい病気とは??

  犬も高齢になると 体力や免疫力の低下から 様々な病気にかかり

記事を読む

c7e733835ed4267f6b3870c4dccf6a19_s

犬の老化と酸化の関係

    あまり馴染みのない言葉ですが 物質を酸化する力

記事を読む

8d58fc7eb82cf5c4ca69d1f2e981b9c2_s

犬もヤキモチをやく?

    他の犬と触れ合おうとすると 愛犬がヤキモチをや

記事を読む

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s

愛犬の冬のシャンプーのポイント!

  だいぶ気温が下がってきたこのごろ。 愛犬のシャンプー 夏より

記事を読む

12086750cd24ddd222ebf056550d45ed_s

犬の肥満は危険信号!負担のかからないダイエットとは?

      犬は基本的に食欲が旺盛です。

記事を読む

inu26

犬のヘルニアとその種類

    コーギーやダックスなど 足の短い犬はヘルニアに

記事を読む

0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_m

犬に野菜、調理法にも注意が必要?

  健康のために 野菜をたくさん食べる!! というのは私たちの常

記事を読む

458c74d4b3df5742739792fd88f04665_s

老犬のために考えたい「湿度」

  土日は暑かったですね。 このままジメジメ暑い梅雨になるのでしょうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る