*

犬と紫外線の注意点

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬の病気, 犬の豆知識


NEC_0034

 

 

日中は日差しが強い日も増えてきましたね。

この季節から気になるのが紫外線です。

私たちにとって

この紫外線は悪いイメージしかありませんね。

 

 

 

しかし、実は紫外線は

体の表面の殺菌作用

体内のビタミンDを作るために必要!

そのため

人のみならず、犬にとっても

生きる上で紫外線は必要なものでもあります。

 

 

 

ただ、近年は温暖化が騒がれているように

環境破壊が進み

オゾン層が破壊されていることによって

紫外線の量がどんどん増えています・・・

 

 

 

適量の紫外線は必要ですが

長時間の紫外線の浴びすぎ

犬の体にも悪影響を及ぼしてしまうのです

 

 

 

紫外線で肌が日焼けしますよね。

紫外線の刺激が強いと

犬の皮膚が炎症を起こして赤くなったり

軽いやけどのようになって

水ぶくれのような症状を起こしてしまうこともあります。

 

 

 

私たちは

洋服や紫外線カットのクリームなどを利用して

紫外線の刺激から皮膚を守りますね。

同じく犬も

被毛によって紫外線から皮膚を守っています。

 

 

 

犬の被毛はお腹など薄いところもありますが、

実はこういった被毛が薄い箇所

紫外線への抵抗力を持っていると言われています!

ちゃんと考えられているのですね。

 

 

 

ただし、普段被毛があるところに限っては

逆に抵抗力が低くなっているため、

夏の暑さ対策として

愛犬をサマーカットしている場合は注意が必要です。

 

 

 

被毛がサマーカットにより薄くなる分、

紫外線の影響を受けやすくなります。

そのため、皮膚が紫外線ダメージを受けやすくなるのです!

 

 

 

では、

サマーカットなのに

犬は夏にサマーカットにしないほうがいいのか?

というと

サマーカットには他の利点があります。

 

 

 

犬はサマーカットをすると

毛の中が蒸れるのを抑えることができ、

皮膚の衛生管理をしやすくなります。

 

 

 

そのため、夏にサマーカットをした犬の場合は

暑そうに見えるかもしれませんが、

外出の際、つまり紫外線を多く受けそうな場合は

UVカット素材の犬服を着せるなどして

紫外線対策をしてあげましょう!

 

▼夏素材が涼しい犬服 パプー▼

0000000009782000000000978_1_thumb

 

 

また、これからサマーカットに挑戦したい場合、

いきなり極端に短くする

紫外線への抵抗力がまだできていない皮膚が

炎症やアレルギー症状を起こす危険性があります。

 

 

 

サマーカットに挑戦する場合は

急に肌が見えるほど短くするのではなく、

徐々に短くしていく

肌も紫外線への抵抗力ができやすくなるためオススメです。

 

 

 

 

また紫外線の犬への影響は

皮膚だけではなくにも悪影響があります。

 

 

 

犬の目は強い刺激

つまり紫外線の影響を受けすぎると

白内障になりやすくなったり

白内障の進行を進めてしまう危険があるとも言われています。

 

 

 

高齢犬や老犬になると

白内障になる犬は増えてきますので、

より、紫外線の目の影響は考慮したいところですね。

 

 

 

できれば紫外線が強い季節の

犬のお散歩や外出は

日中、紫外線量が多い時間ではなく、

少ない時間帯を狙ってあげましょう。

 

 

 

紫外線は12時半くらいがピークとなり

その前後で少しずつ紫外線量が少なくなると言われています。

そのため、朝や夕方のお散歩や外出がおすすめですね。

そのくらいの時間の方が

地面の温度も下がり犬が歩きやすくなるうえ、

気温も落ち着き犬の体にも負担がかかりにくいです。

 

 

 

また、今は犬用のUVカットサングラスなどもあるので、

紫外線による目への刺激が気になる場合は

そちらを慣らしながら利用するのもいいかもしれません。

 

▼UVカットする犬用サングラス▼

Screenshot_1

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬を紫外線から守ってあげるために

ぜひこれらを意識してみてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼夏も一緒に乗り切りましょう♪犬用品サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

seibutu085

犬の気持ちがわかる「カーミングシグナル」

  犬と人は 残念ながら言葉でコミュニケーションをとることができません

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

犬の避妊手術と去勢手術

  犬を飼っていると悩むのが 子供を産ませるかどうか そして去勢

記事を読む

inu26

犬のヘルニアってどういう病気?

  ウェルシュ・コーギーや ダックスフンドのように 足の短い犬は

記事を読む

8f0235115db7566f4d09f457fb586890_s

老犬が気をつけたいクッシング症候群

      みなさんは クッシング症候

記事を読む

2d28ec453697cc36feb7c87b2396035e_s

愛犬と安全にドライブを楽しむために♪

  愛犬とお出かけをするには丁度いい気温になりましたね。 そうなるとお

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る