*

犬のヘルニアとその種類

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識


inu26

 

 

コーギーやダックスなど

足の短い犬はヘルニアになりやすい・・・

というのはよく聞く話だと思います!

 

 

 

実際なりやすくはありますが、

しかしどんな犬でも

ヘルニアになる恐れは充分にあるのです!!

 

 

 

そもそも

ヘルニアとはどんな病気かというと

腸などの臓器

体内から脱出する現象のことを言うのです!

 

 

 

脱出した臓器によって

他の臓器が圧迫されてしまう

様々な機能障害を引き起こしてしまいます・・・

 

 

 

と、言ってもちょっとわかりにくいですね(^^;

 

 

 

短足の犬のヘルニアのイメージは

椎間板ヘルニアというもので

その他ヘルニアにはいくつか種類があります。

 

 

 

例えば

足の付け根の隙間が広がってしまい、

お腹の臓器が脱出するヘルニアを「そけいヘルニア」と言います。

脱出したお腹の臓器が膀胱の場合は排尿障害を起こし

また、の場合は腸閉塞を起こしてしまいます。

 

 

 

お臍から内臓が脱出してしまうヘルニアを「臍ヘルニア」といい、

これはいわゆる「でべそ」というやつです。

お腹に圧力が強くかかることで起こると言われています。

 

 

 

肛門周辺の筋肉の間から

お腹の臓器が脱出してしまうヘルニアを「会陰ヘルニア」といい、

これは肛門周辺の筋力が低下することで発症をすると言われ、

5歳以上の雄犬によく見られます。

 

 

 

このように、お腹の臓器が脱出する場所によって

ヘルニアの種類が分けられているのです!

 

 

 

ここまで聞くと

想像していたヘルニアと大分違うのではないでしょうか?

そうです、短足犬おなじみの「椎間板ヘルニア」

 

 

 

これは今まで紹介したヘルニアとは少し違っています。

これはお腹の臓器が脱出して起こるものではなく、

激しい運動や老化現象が原因で

椎間板が変性したことによって起こってしまいます。

 

 

 

これにより脊椎のクッションの役割をしている

脊髄という神経が圧迫され、

段差の上り下りを嫌がった

抱っこを嫌がるほか、

立ったり立ち上がることが困難になったり

足を引きずるようになったりします。

 

 

 

椎間板ヘルニアの場合は

段階を追って進行していく病気のため、

軽ければ段差を嫌がる程度で

薬による治療で大丈夫な場合もありますが、

重症になれば立つこともできなくなり、

この場合は手術や術後のリハビリがなければ

立てなくなってしまうこともあるのです。

 

 

▼愛犬の歩行リハビリに!犬用車椅子わんだふるウォーカー▼

kurumaisu

オーダーメイドで作る犬用車椅子が2万円台~作れます!

 

 

 

愛犬が椎間板ヘルニアにならないためには

日々の生活の見直しがとても重要です!!

 

 

 

まず、短足犬が椎間板ヘルニアになりやすいのは

短足ゆえ足腰に負担がかかりやすいから。

そのため、体重管理を徹底する必要があります。

肥満にならないようカロリーコントロール運動を心がけ、

適正体重をキープしましょう!

 

 

 

また、激しい運動

高い段差の上り下りを避けてあげることで

背骨に強い衝撃がかからないようにしてあげましょう。

 

 

 

短足犬に限らず

小型犬は飛び跳ねる動作が多いですが、

これも腰に負担をかけやすいので

なるべく高いところから飛び降りた

跳ね続けたりしないようにしてあげましょう。

 

 

▼高いところからのワンステップになるペットステップ▼

0000000015282

 

 

 

椎間板ヘルニアになると

治療のためには安静が重要になりますが、

なかなか犬は安静にしてくれないため治療は困難です。

 

 

 

そうならないためにも、

普段の予防の心がけが大切ですね♪

 

 

 

椎間板ヘルニアを重点的にご紹介しましたが、

もちろんその他のヘルニアになる危険性はあります!

日々の愛犬とのコミュニケーションを通して

お臍や足の付け根、肛門周りをチェックし

しこりやふくらみがないか確かめましょう!

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との生活をよりよくするお手伝いをする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまり知られていない?犬とガンの関係

  私たち人間はもちろん 今では犬の間でも恐れられている「ガン」

記事を読む

6620ff719af3d45190fbb573d2fdf815_s

春に気を付けたい犬にストレスがかかる特徴

  地域によっては とっても暖かくなってきましたね。 むしろすで

記事を読む

1 (2)

高齢犬の暑さ対策に クールダウンの方法

    最近急に暑くなってきましたね! とはいえ、

記事を読む

ea0cdb11a84c679026a8571e2abee1ec_s

老犬にDHAとEPA、どんな働き?

    DHAとEPAは 現在はよく耳にしますね。

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬もしゃっくり??

    なんか愛犬が奇妙な鳴き声をあげてる?! …あれ

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

80fd01676401016c97cef886e2ea245d_s

湿度が重要!犬の暑さ対策

      日本の夏は暑いですね。 気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>