*

犬のヘルニアとその種類

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識


inu26

 

 

コーギーやダックスなど

足の短い犬はヘルニアになりやすい・・・

というのはよく聞く話だと思います!

 

 

 

実際なりやすくはありますが、

しかしどんな犬でも

ヘルニアになる恐れは充分にあるのです!!

 

 

 

そもそも

ヘルニアとはどんな病気かというと

腸などの臓器

体内から脱出する現象のことを言うのです!

 

 

 

脱出した臓器によって

他の臓器が圧迫されてしまう

様々な機能障害を引き起こしてしまいます・・・

 

 

 

と、言ってもちょっとわかりにくいですね(^^;

 

 

 

短足の犬のヘルニアのイメージは

椎間板ヘルニアというもので

その他ヘルニアにはいくつか種類があります。

 

 

 

例えば

足の付け根の隙間が広がってしまい、

お腹の臓器が脱出するヘルニアを「そけいヘルニア」と言います。

脱出したお腹の臓器が膀胱の場合は排尿障害を起こし

また、の場合は腸閉塞を起こしてしまいます。

 

 

 

お臍から内臓が脱出してしまうヘルニアを「臍ヘルニア」といい、

これはいわゆる「でべそ」というやつです。

お腹に圧力が強くかかることで起こると言われています。

 

 

 

肛門周辺の筋肉の間から

お腹の臓器が脱出してしまうヘルニアを「会陰ヘルニア」といい、

これは肛門周辺の筋力が低下することで発症をすると言われ、

5歳以上の雄犬によく見られます。

 

 

 

このように、お腹の臓器が脱出する場所によって

ヘルニアの種類が分けられているのです!

 

 

 

ここまで聞くと

想像していたヘルニアと大分違うのではないでしょうか?

そうです、短足犬おなじみの「椎間板ヘルニア」

 

 

 

これは今まで紹介したヘルニアとは少し違っています。

これはお腹の臓器が脱出して起こるものではなく、

激しい運動や老化現象が原因で

椎間板が変性したことによって起こってしまいます。

 

 

 

これにより脊椎のクッションの役割をしている

脊髄という神経が圧迫され、

段差の上り下りを嫌がった

抱っこを嫌がるほか、

立ったり立ち上がることが困難になったり

足を引きずるようになったりします。

 

 

 

椎間板ヘルニアの場合は

段階を追って進行していく病気のため、

軽ければ段差を嫌がる程度で

薬による治療で大丈夫な場合もありますが、

重症になれば立つこともできなくなり、

この場合は手術や術後のリハビリがなければ

立てなくなってしまうこともあるのです。

 

 

▼愛犬の歩行リハビリに!犬用車椅子わんだふるウォーカー▼

kurumaisu

オーダーメイドで作る犬用車椅子が2万円台~作れます!

 

 

 

愛犬が椎間板ヘルニアにならないためには

日々の生活の見直しがとても重要です!!

 

 

 

まず、短足犬が椎間板ヘルニアになりやすいのは

短足ゆえ足腰に負担がかかりやすいから。

そのため、体重管理を徹底する必要があります。

肥満にならないようカロリーコントロール運動を心がけ、

適正体重をキープしましょう!

 

 

 

また、激しい運動

高い段差の上り下りを避けてあげることで

背骨に強い衝撃がかからないようにしてあげましょう。

 

 

 

短足犬に限らず

小型犬は飛び跳ねる動作が多いですが、

これも腰に負担をかけやすいので

なるべく高いところから飛び降りた

跳ね続けたりしないようにしてあげましょう。

 

 

▼高いところからのワンステップになるペットステップ▼

0000000015282

 

 

 

椎間板ヘルニアになると

治療のためには安静が重要になりますが、

なかなか犬は安静にしてくれないため治療は困難です。

 

 

 

そうならないためにも、

普段の予防の心がけが大切ですね♪

 

 

 

椎間板ヘルニアを重点的にご紹介しましたが、

もちろんその他のヘルニアになる危険性はあります!

日々の愛犬とのコミュニケーションを通して

お臍や足の付け根、肛門周りをチェックし

しこりやふくらみがないか確かめましょう!

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との生活をよりよくするお手伝いをする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

e1c036361356b6f8921667d0f29e24d4_m

犬と蚊とフィラリア、これってどんな関係?

    夏になるとやっかいなのが 蚊ですよね 人

記事を読む

DSC_0124

愛犬にも虫よけ対策を

  あたたかくなると 虫もたくさん出現してきますね・・・ 犬はど

記事を読む

da5fbabfab59bc72a1133ae0125a52bb_m

犬もアトピー?知っておきたい対策

  犬は人間と同じような病気にかかりますが、 実はアトピーになる犬もい

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

犬の風邪、どうすればいい?

  気温が上がったり下がったり・・・ 体調を崩しやすい季節ですね。

記事を読む

seibutu085

犬の気持ちがわかる「カーミングシグナル」

  犬と人は 残念ながら言葉でコミュニケーションをとることができません

記事を読む

9db0b3ca6fb131e3dd221536d98698aa_s

犬にもニキビができる?!

  若いころに悩まされたニキビ… 思春期の頃にお肌にプツンとあるのがイ

記事を読む

a49077be64e968b4c3017feb3271c6ad_s

犬とデトックス

  私たち人間も健康のために 体内から毒素を出す 「デトックス」

記事を読む

P1000171

夏は犬も食中毒にご注意を!

  これから高温多湿の夏がやってきますね… 梅雨になれば湿度はぐぐっと

記事を読む

DSC_0340

犬の日向ぼっこと紫外線の効果

    犬は日向ぼっこ大好きですよね。 暑い夏でさえ

記事を読む

3095212850_22a31cac82_o

老犬とワクチンについて考える

  愛犬の健康を守るため ワクチンを定期的に愛犬に接種してる方がほとん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る