*

犬のヘルニアとその種類

公開日: : 犬の病気, 犬の豆知識


inu26

 

 

コーギーやダックスなど

足の短い犬はヘルニアになりやすい・・・

というのはよく聞く話だと思います!

 

 

 

実際なりやすくはありますが、

しかしどんな犬でも

ヘルニアになる恐れは充分にあるのです!!

 

 

 

そもそも

ヘルニアとはどんな病気かというと

腸などの臓器

体内から脱出する現象のことを言うのです!

 

 

 

脱出した臓器によって

他の臓器が圧迫されてしまう

様々な機能障害を引き起こしてしまいます・・・

 

 

 

と、言ってもちょっとわかりにくいですね(^^;

 

 

 

短足の犬のヘルニアのイメージは

椎間板ヘルニアというもので

その他ヘルニアにはいくつか種類があります。

 

 

 

例えば

足の付け根の隙間が広がってしまい、

お腹の臓器が脱出するヘルニアを「そけいヘルニア」と言います。

脱出したお腹の臓器が膀胱の場合は排尿障害を起こし

また、の場合は腸閉塞を起こしてしまいます。

 

 

 

お臍から内臓が脱出してしまうヘルニアを「臍ヘルニア」といい、

これはいわゆる「でべそ」というやつです。

お腹に圧力が強くかかることで起こると言われています。

 

 

 

肛門周辺の筋肉の間から

お腹の臓器が脱出してしまうヘルニアを「会陰ヘルニア」といい、

これは肛門周辺の筋力が低下することで発症をすると言われ、

5歳以上の雄犬によく見られます。

 

 

 

このように、お腹の臓器が脱出する場所によって

ヘルニアの種類が分けられているのです!

 

 

 

ここまで聞くと

想像していたヘルニアと大分違うのではないでしょうか?

そうです、短足犬おなじみの「椎間板ヘルニア」

 

 

 

これは今まで紹介したヘルニアとは少し違っています。

これはお腹の臓器が脱出して起こるものではなく、

激しい運動や老化現象が原因で

椎間板が変性したことによって起こってしまいます。

 

 

 

これにより脊椎のクッションの役割をしている

脊髄という神経が圧迫され、

段差の上り下りを嫌がった

抱っこを嫌がるほか、

立ったり立ち上がることが困難になったり

足を引きずるようになったりします。

 

 

 

椎間板ヘルニアの場合は

段階を追って進行していく病気のため、

軽ければ段差を嫌がる程度で

薬による治療で大丈夫な場合もありますが、

重症になれば立つこともできなくなり、

この場合は手術や術後のリハビリがなければ

立てなくなってしまうこともあるのです。

 

 

▼愛犬の歩行リハビリに!犬用車椅子わんだふるウォーカー▼

kurumaisu

オーダーメイドで作る犬用車椅子が2万円台~作れます!

 

 

 

愛犬が椎間板ヘルニアにならないためには

日々の生活の見直しがとても重要です!!

 

 

 

まず、短足犬が椎間板ヘルニアになりやすいのは

短足ゆえ足腰に負担がかかりやすいから。

そのため、体重管理を徹底する必要があります。

肥満にならないようカロリーコントロール運動を心がけ、

適正体重をキープしましょう!

 

 

 

また、激しい運動

高い段差の上り下りを避けてあげることで

背骨に強い衝撃がかからないようにしてあげましょう。

 

 

 

短足犬に限らず

小型犬は飛び跳ねる動作が多いですが、

これも腰に負担をかけやすいので

なるべく高いところから飛び降りた

跳ね続けたりしないようにしてあげましょう。

 

 

▼高いところからのワンステップになるペットステップ▼

0000000015282

 

 

 

椎間板ヘルニアになると

治療のためには安静が重要になりますが、

なかなか犬は安静にしてくれないため治療は困難です。

 

 

 

そうならないためにも、

普段の予防の心がけが大切ですね♪

 

 

 

椎間板ヘルニアを重点的にご紹介しましたが、

もちろんその他のヘルニアになる危険性はあります!

日々の愛犬とのコミュニケーションを通して

お臍や足の付け根、肛門周りをチェックし

しこりやふくらみがないか確かめましょう!

 

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との生活をよりよくするお手伝いをする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

 

関連記事

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s

愛犬が上手に留守番できない?

愛犬との暮らしの中で お留守番は避けて通れません。 長時間お留守番をさせる必要が

記事を読む

062f139e73b9db324e3ad500e0bdff10_s

犬と肥満と糖尿病

  可愛い可愛い愛犬が ちょーだいと可愛くおねだりするままに お

記事を読む

inu24

老犬が下痢になったときの対処法

  老犬が下痢になりやすい原因は 前回の記事にてご紹介しました。

記事を読む

12086750cd24ddd222ebf056550d45ed_s

犬の肥満は危険信号!負担のかからないダイエットとは?

      犬は基本的に食欲が旺盛です。

記事を読む

NEC_0034

犬の雪目と紫外線!

  皆さまあけましておめでとうございます! 2016年がスター

記事を読む

CSC_1044

犬もものもらいになるの??

  朝起きてびっくり いつもなら一重もしくは奥二重なのに パッチ

記事を読む

P1000272

犬の食中毒にご注意を

    日本の夏は湿度が高いです。 梅雨の季節から

記事を読む

aa883ea7662cf3db2bfb1bdfea6ec58a_s

老犬とワクチン

    愛犬を様々な病気から守るため 定期的に「予防接

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_s

人とは違う?犬の妊娠と出産について

  犬も私たちと同じ哺乳類なので お母さんのお腹から産まれてきます。

記事を読む

4873186cea85721f76d192f120013ce9_s

犬の乳がん

女性が心配する病気の1つ、「乳がん」 これは人間だけでなく 犬もかかる病気です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>