*

犬が咬むのには必ず原因がある!

公開日: : 愛犬との暮らし, 犬のしつけ


109775d19367050a0424ae9a58a8f770_s

 

 

犬を子犬から飼育していると

甘噛みをされる時期があります。

もちろんこれにはいろんな意味があります。

そのまま放っておけばいずれやめるだろう・・・というのは危険です。

それが成犬になっても噛み癖が残ると大変なことになりますね。

なぜ咬んでいるのかをしっかり理解し

咬むことはいけないことだと犬に教える必要があります。

 

 

 

まず子犬の場合は

人のように乳歯が抜けて永久歯に変わる時期があります。

このころ新しい歯が生える際に

痒くて何かを咬みたくなる場合があるのです。

 

 

 

このような場合は

人の手を咬ませるのではなく

おもちゃなどを与えて咬ませることで対応しましょう。

 

 

▼痒い歯におすすめ!天然の木のおもちゃ「Chew for more trees」▼

0000000010682

梨の木と桜の木があります♪

 

 

 

▼夏におすすめ!冷やして遊べる新感覚おもちゃ「アイスキャンディ」▼

item_main3

 

 

 

次にストレスが原因の場合があります。

むしゃくしゃするとつい攻撃的になってしまうのは

人も犬も同じです。

ストレスがたまることにより

それを発散させるために吠えたり何かを咬んだりすることがあります。

 

 

 

この場合

叱りたくなるのはやまやまですが

それだと余計にストレスとなり悪化する可能性があります。

まずは何がストレスなのかをつきとめることが大切。

散歩の量は足りているのか

1人の時間が長くて愛情不足になっていないか

飼い主とのスキンシップの時間が不十分ではないか

これらを注意して見直してみましょう。

 

 

 

そして多いのが

「遊び」感覚で咬んでしまうこと。

人と遊ぶことでつい興奮して咬んでしまうことがあります。

犬同士での遊びでもこのような現象が見られますが

お互いに咬みあうので痛いことを学び

そのうちしなくなることが多いです。

 

 

 

しかし人が相手だと

咬むことが痛いことだと教えることができません

そのため、なかなか噛み癖が抜けない犬が多いのです。

 

 

 

こんな時に効果があるのは

(もちろん飼い主が愛犬に噛みつくのではなく笑)

甘噛みをしてきたら遊びをやめて無視するということ。

さらにおもちゃを使用していたならそれをとりあげてしまいます。

 

 

 

また遊んでいて咬まれた際に飼い主が騒ぐ

それが痛がっている行動であっても犬に伝わらず

その反応が楽しくてさらに咬む場合があります。

このような場合も、かまれたら騒ぐのではなく

上記のように無視したり

その場からいなくなるなどを繰り返すことで

咬むという行為が楽しくないものだと認識させましょう。

 

 

 

そして犬が咬むのをやめたら

またかまってあげましょう。

おもちゃを咬んでいるときに褒めてあげる

人ではなく、おもちゃを咬むと

かまってもらえるし、褒めてもらえると教えるのです♪

こうすることで

咬むと遊んでもらえなくなる、

かまってもらえなくなると学び

徐々に咬まなくなっていきます。

 

 

 

▼イレギュラーバウンドが愛犬を惹きつける♪たまごちゃん▼

0000000010472

咬みやすく安全なラテックスゴムで

この独特の顔が犬に大人気!!!!

 

 

 

危険なのは上下関係を確かめるために咬むこと。

特に遊んでいる延長でもなく

犬が咬んできた場合は

それは家族内での自分の順位を確かめている場合もあります。

 

 

 

この場合はきちんと愛犬を叱りましょう

叱り方も重要です。

もちろん叩くなどの体罰はいけません

犬が飼い主への信頼を失った

触れることへ恐怖を覚える可能性があります。

 

 

 

叱る際は低い声で一言「ダメ(叱る言葉を決めて統一させます)」と言いましょう

この時、遊んでいるときのテンションと差をつけることが大切。

失敗する叱り方で多いのが女性の叱り方で、

声高に「ダメでしょ!」と興奮しながらいっても

犬は遊んでいるときの声と区別がつかず

それが「遊んでいる」「かまってもらってる」と余計に咬むことがあります。

叱る際は飼い主が興奮した状態になってはいけません

冷静に、いつもとは違う低い声で叱るのが効果的なのです。

 

 

 

 

犬種の中には

動くものに咬みついてしまう本能がある犬もいます。

狩猟犬などで多いのですが

急に動くものを見るとつい咬んでしまう場合があるのです。

そのため、人が急に動いた際などに

よく動く手や足につい咬みついてしまう場合があります。

この場合、本能なので叱るのは可哀想ではありますが、

本能だからと咬ませていいということにはできません。

やはり咬んでしまったら上記のように叱り、

咬んでいいものと悪いものの区別をつけさせましょう

 

 

 

 

いかがでしょうか?

一口に咬むと言っても色々な理由がありますね。

それぞれをしっかり見極めることで

犬の咬み癖も直すことができます!

逆に間違えた対応をすると

咬み癖が悪化することもあるので気を付けてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼高齢犬でも楽しめるおもちゃも♪犬用品が充実している「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

439939886_c9202633b9_o

犬としゃっくり

    しゃっくりをしたことない人っていないと思います。

記事を読む

NEC_0034

犬の雪目と紫外線!

  皆さまあけましておめでとうございます! 2016年がスター

記事を読む

23be127192df6d399b2078175300ccd6_s

老犬のためのアンチエイジングって?

  愛犬が歳を取るのは当たり前のことで そして避けられないことですね

記事を読む

図1

老犬のマットは低反発?高反発??

  老犬になると寝ている時間も増えてきて、 筋力の衰えなどが進むと

記事を読む

DSC_0048

ダニは愛犬の命にかかわる?

    暖かくなってきました。 すると活発になる虫・・

記事を読む

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

老犬介護の仕方

  ペットの医学も発達し、 特に犬の平均寿命はのびています。 ペ

記事を読む

b1f0ee334f2b6a63a292df28c0c7f8cf_s

老犬介護のバリアフリー

  人が高齢になると体が思うように動かなくなるように 老犬も今までのよ

記事を読む

犬用車椅子_装着

犬用車椅子って、どんな時に必要?

  テレビでよく取り上げられるようになり だいぶ世間で有名になってきた

記事を読む

536dbcf3aa78f170efb5853215d60706_m

絶対に迷子犬にさせない!愛犬の鑑札は義務です。

  うちの子は大丈夫。 …そう思いやすい愛犬の迷子。 なぜそう思

記事を読む

sigone_02

愛犬の歯みがき練習

  犬も毎日の歯みがきがとても重要! 犬は歯垢が歯石へと変わるのが早く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>