*

犬もヤキモチをやく?


8d58fc7eb82cf5c4ca69d1f2e981b9c2_s

 

 

他の犬と触れ合おうとすると

愛犬がヤキモチをやく!

というケースが実は多くあります。

 

 

 

愛犬が自分にしか懐かないのは

愛情を感じて嬉しい一方で

自分以外の人や犬に敵意を見せてしまう場合

トラブルの原因になってしまいます。

 

 

 

愛犬のヤキモチが

「吠え」や「咬みつき」など

攻撃的な行動となって表れる場合は注意が必要です!

 

 

 

ヤキモチが攻撃的な行動になる犬の多くは

飼い主さんとの時間が密で

片時も離れなかったり

常にスキンシップをしている状態で

犬が一人の時間を過ごすことがほとんどない場合。

また、愛犬の要求をすべてそのまま聞いてしまい

飼い主に主導権がない場合に多いです。

 

 

 

ヤキモチが攻撃的になるということは

飼い主がとられてしまうかも!という心配が強いから。

ヤキモチの対象が

もしかしたら自分よりも序列が上になるかもしれないという

不安から攻撃的になることが多いのです。

 

 

 

そのため愛犬のヤキモチ対策として効果的なのは

飼い主がリーダーシップをとれるようになること

主従関係と言ってしまうと

なんだか言うことを無理やり聞かせるようで聞こえが悪いですが、

愛犬のリーダーになるということは

信頼関係を築くこと

愛犬に信頼される飼い主になるということです!

 

 

 

愛犬に信頼されていれば

飼い主からのコマンドは

犬は喜んで実行しようとします。

それは「やらされている」という気持ちではなく

飼い主のためにやってあげたい!という

とてもポジティブな気持ちからの行動です。

それは信頼あってこそですね。

犬は褒められるのが大好きです!

特に大好きな飼い主に褒められることは何よりも嬉しい!

そういう関係作りがとても大切なんです♪

 

 

 

愛犬に信頼されていて

コマンドによるコントロールができていると、

例えば吠えたときなどでも

飼い主のマテなどのコマンドで

吠えることをやめさせることができます。

 

 

 

このように、

いつでも飼い主の指示が通るように

トレーニングをして

愛犬との信頼関係を築いていくことが大切!

 

 

 

様々なおもしろい芸ができるようにならなくてもいいんです。

どんな状況でも「お座り」「待て」「伏せ」がちゃんとできる。

「ハウス」でクレートに入ることができる。

飼い主をひっぱらずに横について散歩ができる。

こういった基礎トレーニングが

愛犬との絆形成にも

愛犬との暮らしの中でもとても役立つのです!

 

 

 

特に、名前を呼んだら飼い主を注目することができるなど、

アイコンタクトのトレーニングは

信頼関係を築く上で効果的だと言われています!

いつでも飼い主の声1つで

愛犬に意識を向けてもらえると

様々なコマンドが通りやすくなるのです♪

 

 

 

 

とはいえ、

信頼関係ができれば

飼い主のコマンドによって

攻撃的なヤキモチ行動を抑制することはできますが、

犬にとって飼い主がとられちゃうかも!

大好きな飼い主がほかの子と仲良くしてるの面白くない!

というモヤモヤした嫉妬心がなくなるわけではありません(^^;

 

 

 

モヤモヤから問題行動をして

飼い主の気をひこうとしてる場合は

無視をして

問題行動をやめたら

ちゃんと褒めてあげましょう。

 

 

 

気を付けたいのは

家族が増えた場合の時のヤキモチですね。

 

 

 

犬が増える場合は

必ず先住犬を優先してあげることが大切です。

かまってあげるのも

餌をあげるのも先住犬が先!

そうしてあげることで

自分の序列を守ることになり

飼い主をとられるという不安を和らげてあげられます。

 

 

 

赤ちゃんが家族に加わる場合

犬の序列を上に、というわけにはいきませんね(^^;

赤ちゃんのお世話をすることはもちろん重要ですが

愛犬の存在を忘れないようにしましょう。

 

 

 

愛犬にちゃんと声をかけてあげたり

スキンシップも忘れずにとり、

ちゃんと愛犬との時間も過ごしてください

 

 

 

赤ちゃんを紹介する際は無理をせず

ヤキモチをやきそうな場合は

まずは飼い主が見ている中

そっと赤ちゃんを見せたり

赤ちゃんのにおいがついたものをかがせ、

また身近に置くことでにおいに慣れてもらい、

徐々に赤ちゃんに慣れさせていきましょう

 

 

 

赤ちゃんと仲良くできたら

たくさん褒めてあげて

仲良くすると良いことがあると教えることも大切です♪

 

 

 

いかがでしょうか?

愛犬がやきもちをやくのは

飼い主が大好きだからです!

とはいえ、それがトラブルになるのはとても悲しいことなので

飼い主がしっかりフォローをして

またしっかり信頼関係を築くことで

愛犬が安心しやすいようにしてあげてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしの手助けをする通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

3b70d6ac7ba670c8610d820902a6fee5_s

秋は犬も夏の疲れが出る?

    暑くなったり 涼しくなったり・・・ なん

記事を読む

1 (2)

今から気をつけたい犬の熱中症!

  まだまだ大丈夫と油断しがちですが、 急激に気温も上がるこの季節

記事を読む

d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s

愛犬のクールビズ??夏のための換毛期!

  暑くなってくると世間で言われる「クールビズ」 犬たちは毛皮を年中ま

記事を読む

inu26

犬の心臓マッサージと人工呼吸

  考えたくは無いことですが 犬にだって万が一という緊急事態はあります

記事を読む

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

犬が雷を怖がる時は?

      雷を怖がる犬は実は多いです。

記事を読む

0a3869d413099c40d1c1e15313d282e1_s

高齢の小型犬が長生きするポイント♪

  私たち人間も 「みんな違ってみんな良い」という言葉があるように

記事を読む

d1b6386f51a4f490c91c7ab4015c261b_s

高齢犬・老犬のおむつ活用法

  愛犬が歳を取り 高齢犬…老犬となってくると 排泄のトラブルが

記事を読む

220c1179b3525cb9f562fac7d25e87d0_s

高齢犬・老犬のための室内トイレトレーニング

  前回の記事で 明日ご紹介と言っていたのに 遅れてしま

記事を読む

9902f4fc39e8e11749d62f048aa0ecbb_s

老犬の徘徊

  老犬になると 足腰や筋力が衰え 歩行が困難になる犬が多いです

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_l

犬のあまがみ・噛み癖、どうすればいいの??

  仔犬の時の噛みはそんなに強くもないですし 痛痒いくらいで見過ごしが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

DSC_0542 (2)
犬にアーモンドなどナッツ類は大丈夫?

人間、特に女性の間では その美容効果などから人気にある「

→もっと見る