*

愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング


DSC_0398

 

愛犬用のクレートは

みなさん持っていますか?

室内犬が多くなっていますが

サークルを設置しない家庭も多く

犬のスペースをあえて作らないことも多いと思います。

 

 

 

しかし

クレートやキャリーバッグなどは

動物病院へつれていったり

お出かけする際には必須のアイテムですね。

 

 

 

それだけではなく

そのスペースを犬が落ち着ける空間にすることも

実は大切なトレーニングとなります。

 

 

 

犬をクレートに入れるのは可哀想…

そう感じる飼い主さんも多いかと思いますが

実はそんなことはありません。

 

 

 

クレートに入れる機会は

ペットホテルに預けるときや

動物病院に入院するとき

震災の非難の際

ドライブの時など

重要な時が多いです。

 

 

 

この時に

犬がクレートに慣れていると

外出先のどこでも

クレートが犬にとって落ち着く空間を作ることができます。

 

 

 

特に病院での入院や

震災での避難の際は

犬も見知らぬ場所で不安をかかえやすくなります。

そんな時

安心スペースがあることで

犬にかかる負担やストレスの軽減につなげることができるのです!

 

 

 

さて

普段ただクレートを使用しているだけでは

なかなか犬にとって

クレートが安心スペースになることは難しいです。

 

 

 

多くが

動物病院へ行く際や

車が苦手な犬にとっては

嫌な場所へ行くイメージがつきやすく

クレートに入るのを嫌がる犬もいます。

 

 

 

愛犬にクレートを好きになってもらうには

クレートに慣れてもらうことと

良いイメージを持ってもらうことから!

 

 

 

中に入るのを嫌がる犬の場合は

まずはクレートの前でご飯やおやつを与え、

慣れたらクレートの入り口付近で与え、

そしてクレートに入ってすぐのところで与え…

と、徐々に中に慣れさせていき、

最終的にはクレートで問題なく食べれるようにします♪

 

 

 

クレートの中には

愛犬がいつも使っている毛布や

飼い主さんのにおいがついたもの、

お気に入りのおもちゃなど

愛犬が好きなものをいれてあげて

クレートの入り口は常に

犬が好きに出入りできるように開けておきましょう。

 

 

 

犬が自らクレートに入ったら、

優しく声をかけて褒めてあげてくださいね!

 

 

 

こうしてクレートに入ることに慣れてきたら

次は「ハウス」のトレーニングをしましょう。

 

 

 

オヤツなどをもって誘導し

「ハウス」と言いながらクレートの中へ入ることができたら

ご褒美を与えて褒めてあげましょう。

 

 

 

こうやって「ハウス」でクレートに入れるようになったら

クレートに犬が入った後で

ご褒美を与えて入り口を閉め、

褒めてからすぐに開けてあげます。

 

 

 

これを繰り返し

少しずつ扉が閉まっている時間を延ばしていき

扉が閉まっていても落ち着いていられるように慣らします。

 

 

 

大切なのは

クレートの中にいることは

怖いことでもなんでもなく

楽しいことがある、良いことがあると覚えてもらうこと!

 

 

 

今までは病院へ行くなどマイナスイメージしかなかった場合は

よりこのイメージをしっかり愛犬に教えてあげてくださいね。

 

 

 

たまに

お留守番の時だけ入れたり

叱った後のお仕置きとして

クレートに愛犬を閉じ込める方がいますが

それはマイナスイメージの原因になります。

 

 

 

ハウスというコマンドは

お留守番やお仕置き部屋にしないで

愛犬が安心して落ち着ける空間にしてあげてください!

 

 

 

愛犬にあったクレートの大きさのポイントは

広さは大体、

犬が体の向きを変えたり

寝返りを打てるくらいの

愛犬が伏せて丁度収まるくらいがオススメ。

 

高さは、

愛犬が立った時に

頭が天井につくかつかないかくらいが

丁度いいと言われています。

 

持ち運びのことを考えると

クレートは折りたたみできるタイプもオススメです。

 

 

▼新カラー登場!車に固定もできるキャリーバッグ▼

pgrca316c1_1pgrca316c1_3

 

 

 

 

いかがでしょうか?

必ず持っているはずのクレートやキャリーバッグですが

愛犬のためには

ぜひそれを愛犬のお気に入りスペースにして

いつでもどこでも

愛犬が安心できる空間作りを意識してみてくださいね!

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

▼愛犬との暮らしをサポートする「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

図1

老犬のマットは低反発?高反発??

  老犬になると寝ている時間も増えてきて、 筋力の衰えなどが進むと

記事を読む

cddea91f55042cdf93e2697d9491c931_s

寒い時季の犬の水分補給

    気温が下がり寒くなると 愛犬の防寒対策をする飼

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

犬も防災対策が必須!愛犬の命を守ろう

  少し先にはなりますが 9月に入れば防災の日がありますね! 地

記事を読む

c8611581dd6aec11ee7beed374c7f5af_s

犬にお豆腐は大丈夫か

      夏は冷奴が美味しいお豆腐

記事を読む

73ce992f81ff57771c53dc2bebfe2f05_s

犬と夏のドッグラン

    お天気のいい日は 愛犬とお出かけする方も多いで

記事を読む

70d85abf757f19aa6370436164f33063_s

犬のしっぽは骨折する!

      犬といったら その尻尾を振

記事を読む

seibutu085

犬の気持ちがわかる「カーミングシグナル」

  犬と人は 残念ながら言葉でコミュニケーションをとることができません

記事を読む

cee178f43a53977352e3b3d72d62c234_s

高齢犬・老犬もトレーニングがおすすめな訳とは?

高齢犬・老犬になってまでトレーニング? と思う方も多いですね。 また高齢

記事を読む

a0b6da06a517fc4e0f7a0ac010bb431c_s

愛犬が老犬になるということ

  はじめましての方も、そうでない方も、こんにちは! ペット用品サイト

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬もしゃっくり??

    なんか愛犬が奇妙な鳴き声をあげてる?! …あれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る