*

犬のあまがみ・噛み癖、どうすればいいの??

公開日: : 犬のしつけ


46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_l

 

仔犬の時の噛みはそんなに強くもないですし

痛痒いくらいで見過ごしがちですが

そのまま「噛み癖」がついてしまうと

後々大きく成長した時に

犬がそれを「悪いこと」だと理解できず

痛い思いをしたり、怪我をしてしまう危険性もあります!

 

 

そもそも犬にとっては

噛むという行動は本能としてインプットされた行動です。

とはいえ、私たちとの生活では

その本能を出してもらっては困ります。

小さい時からトレーニングをして

噛むのは私たちとの暮らしでは「いけないもの」ということを

犬に覚えてもらう必要があるのです。

 

 

犬が噛むという行動を起こす理由にはいくつかあります。

愛犬の噛み癖がいったいなにが理由なのかということによって

それを直す方法も違ってきます。

まずは一体なぜ犬が「噛む」のかを見定めましょう!

 

 

理由の1つとして

まず「歯がかゆい」というものがあります。

これは歯が生え変わる時期(生後2ヶ月から半年くらいまで)に

口の中がかゆくなるため

何かを噛んで誤魔化そうとしているのです。

 

これが原因の場合は

とにかく痒い時に噛むのにベストなものを与えます。

ロープや木などの硬いオモチャやガムなどを与えることで

痒さからくる噛みたい欲求を満たしてあげましょう。

間違っても飼い主さんの手をあまがみさせて満足させてはいけません(^_^;)

 

 

また、これも若くて好奇心が旺盛な時期(およそ3歳くらいまで)に多いですが

遊びとしてじゃれてるつもりであまがみすることが多いです。

犬は仔犬の時に、兄弟犬に噛まれたり噛んだりして遊びます。

これによって「強く噛めば痛い」ということや

叱られてしまうことを親兄弟から学び、

次第に噛むという行動が減っていくのです。

 

これはとても大事な犬による教育ですが

ほとんどの犬がこれを経験せずに飼い主さんのもとへきてしまいます。

そのため、人へ同じようにあまがみをして遊び始めても

その時に犬に正しいしつけをしないと

その噛むという行動が減らずに残ってしまうことがあるのです(>_<)

愛犬に「噛む」という行為が「いけないこと」と教えるのは

親兄弟の変わりである飼い主さんの重要な責任ですよ!

 

ここで失敗しやすいのが

噛まれた時に「ダメでしょ」と騒いだり

噛まれている手を大げさにひいたりすることです。

これだと犬は余計に興奮してしまったり

むしろ「遊んでもらっている」と勘違いしてしまい

よけいに噛み癖が悪化してしまうことがあります!

 

これが噛み癖が残ってしまう意外な原因の1つなんですね(^_^;)

 

叱るときは甲高く「だめでしょ!」とか「痛い!」とか

騒ぎ立ててはダメです。

これでは犬にとっては構ってもらったも同然(^_^;)

低く大きい声で、一言「ダメ!」とか「NO!」と言って叱ります。

犬の吠え方を思い出してください。

怒っている時は「ウー」って低い声ですよね?

この「低い声」が犬にとっては「叱られる声」なのです。

 

こうして低く叱った時に

犬が噛むのをやめたら成功!

それは犬が「叱られた」と認識しています(*^^*)

ただ、余計に興奮したり噛み続けるなら

それは構ってもらったと勘違いしている可能性があります(_ _;)

 

叱る方法でもなかなかあまがみが直らない…

そんな時に効果的なのは、

犬に噛まれた瞬間に一時的に構うのをやめて

そっぽを向くなど【無関心】になること。

犬が噛んできたらすぐに構うのをやめて、

それでも興奮が収まらない場合は

犬をひとりきりにして部屋を出て行ってしまうのも効果的です。

この時声掛けもせず目も合わせないまま出ていきます。

そして少ししたら部屋へもどり

その後もある程度は愛犬を構わず普通に過ごしてください。

 

犬は大好きなな飼い主さんに構ってもらえないのが一番の罰です。

だから「噛むとかまってもらえなくなる」と覚えさせると

「噛む」=「楽しくないこと」「楽しい時間が終わる」と理解するのです。

 

 

愛犬の噛みたい欲求は

けして飼い主さんを始め

人や家具で満たしてはダメです。

噛みたい盛りの頃は固いオモチャを与え

それで遊んでいる間たっぷり褒めて構ってあげます。

少しでも飼い主さんを噛んでしまったら

その遊びはおしいまい。

さらに無視したり部屋を出て行ってしまえば

犬にとって楽しいのは

人の手や家具を噛むことではなく

オモチャで遊ぶことだと覚えてくれますよ♪

 

いけない叱り方は飼い主さんが興奮すること。

そして噛まれた手をやたらと動かして避けようとしたり

逃げ出そうと動くこと。

これは犬にとって「遊んでもらっている」ようにうつります。

 

また、噛まれた痛みからつい手をあげたくなりますが、

犬を叩いたりしてしまうのはNG!

人の手は犬にとって怖いものになってはいけません。

人の手は優しく撫でてくれるものであり、

美味しいものを与えてくれるもの

犬達を愛し、いたわるためのものでなくてはならないのです。

 

叱るときに手をあげてしまうと

撫でようと手を近付けるだけで怯える様になるなど

手に怖い印象を抱いてしまう危険性があります。

噛まれた痛みでついつい…とならないように

気を付けてくださいね(>_<)

 

 

「噛む」という行為は

犬にとって本能的なものでありながら

噛み癖がついてしまうと人間界で肩身の狭い思いをします…

そうならないためにも

「噛む」というのが「いけないこと」だと

犬達に教えられるのは飼い主であるみなさんだけです!

犬のしつけは1人で頑張っても効果が表れません…

ぜひ家族みなさんが協力して

噛み癖がつかないようトレーニングしてくださいね(*^^*)

 

▼犬のしつけのサポートも!「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

cee178f43a53977352e3b3d72d62c234_s

高齢犬・老犬もトレーニングがおすすめな訳とは?

高齢犬・老犬になってまでトレーニング? と思う方も多いですね。 また高齢

記事を読む

IMG_2866

理由もなく噛む犬はいない!!

  人を数人噛んでしまった犬が殺処分となる 悲しいニュースがありました

記事を読む

db33fab17f5ae2a5d6784762908c8899_s

視線をあわすとどうなる?愛犬とのアイコンタクト!

  私たちの間では 目を合わせるというのは一種のコミュニケーションです

記事を読む

b8d2281159020c6392f7526d70c9d728_s

愛犬とのお散歩のお悩みあるある!

  こちらの地方は久々のお天気です♪ さて、犬にとってもやっとお散歩日

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

img_4924s_pic1

愛犬が雷や花火を怖がるときは?

  犬はとても音に敏感な生き物です。 それは私たちよりも優れた聴覚を持

記事を読む

dc55cbd466453cb605eabdf6a5fa8d32_s

愛犬とドッグカフェで上手に過ごすには?

  犬と一緒に訪れることができる施設が増えましたね。 その代表

記事を読む

3ad84c237c727bba9243f22143fe4de7_s

愛犬の上手な褒め方♪

         

記事を読む

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_m

愛犬のヤキモチ対策!

  愛犬が飼い主さん大好きでべったり♪ というのは 飼い主さんに

記事を読む

3733a9cdc12cf597e5cb2c36d9e36529_s

犬とクリッカーの上手なお付き合い♪

  クリッカー… これが何か分からない方も多いと思います。 いわ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>