*

愛犬の歯みがき練習

公開日: : 犬のしつけ, 犬のケア


sigone_02

 

犬も毎日の歯みがきがとても重要!

犬は歯垢が歯石へと変わるのが早く

それがもとで歯周病になると

菌が血管に入り様々な病気を引き起こします(>_<)

 

 

犬の歯みがきは勿論歯ブラシが一番ですが、

最初から歯ブラシで磨ける犬はほとんどいません(^_^;)

そのため少しずつ歯みがきに慣れてもらう必要があります!

毎日の歯みがき習慣のため、

今からでもぜひ開始してみてください(*^^*)

 

 

まず愛犬の歯みがき練習の前に大切なのは

飼い主さんがリラックスをして行うということ!

 

実は犬の歯みがきは難しいため

飼い主さんが力んでしまっているパターンが多いです。

するとその緊張が犬にも伝わってしまい

犬も身構えてうまく磨けない場合が多いのです。

 

そこでまずは飼い主さんが力を抜いて

リラックスした状態で磨くことを意識しましょう♪

 

 

次に大切なのは

歯みがきは長時間行わずに

犬が飽きる前にやめるということ。

慣れない内から全ての歯を一度に磨こうとすると

時間がかかるうえに犬が飽きて嫌がりやすくなります(^_^;)

 

それを回避するためにも

慣れないうちは

今日は前歯、明日は左奥歯、明後日は右奥歯…など

磨く歯を何日かにわけるのがオススメです♪

 

そして最後のポイントは

必ずご褒美をとりいれるということ!

歯みがきを嫌がらなくするためには

犬に歯みがきが楽しくて良いことが起こると認識してもらう必要があります。

 

そこで歯を磨く練習の中で

小さくちぎったおやつなど

ご褒美をこまめにあげることで

歯みがき=ご褒美

これを印象付けてあげましょう(*^^*)

(人間は歯磨き後の食事は基本NGですが、犬は気にしなくて大丈夫です)

 

 

さて、上記の内容を意識して

愛犬の歯みがき練習をスタートしましょう♪

 

 

まずは口を触られるのに慣れることから。

実は口元を触れられるのを嫌がる犬は多いので

ここからスタートという場合も多いのです。

顔周りを撫でつつ口周りもタッチして

触れたら優しく褒めながらご褒美♪

徐々に唇をめくったりできるように練習しましょう。

 

口をタッチできるようになったら

今度は口の中を触る練習です。

まずは唇をめくって見える歯をタッチ。

これも触れたら褒めてご褒美をくり返します。

この時犬用の歯みがきペーストを利用するのがオススメ。

これは犬が好む味のついたペーストなので

それを舐めさせつつ口を触りやすくなるのです(*^^*)

飼い主さんの指にペーストをのせて

その指を舐めさせながら口の中をタッチし

徐々に歯を指でこすれるようにしていきましょう。

 

 

次に指ではなくガーゼなどの布で歯を擦る練習をします。

水で濡らしたガーゼに歯みがきペーストをつけて

まずはこれを舐めさせます。

舐めさせながら歯をタッチし

徐々に口の端なども触れられるよう練習し、

これも徐々にタッチから歯をこすれるように練習しましょう!

 

 

いつまでも口を閉じたままでは

奥歯まで磨くことができませんね。

続いては犬の口をあけさせる練習です。

口のサイドを人差し指と親指で持ち

唇を巻き込むようにすると自然と口を開けやすくなります。

少しでも口をあけたらすかさず褒めてご褒美を♪

「あーん」など声掛けをしながら口をあける練習をしてください。

 

口を開けられるようになったら

少しずつ指やガーゼで口内をタッチできるよう

歯みがきペーストなどを利用しながら練習してくださいね(*^^*)

 

 

ここまででガーゼでの歯みがきができるようになったら

ついに歯ブラシを導入してみましょう。

 

まずは歯ブラシを濡らしてペーストをつけ

これを舐めさせることから始めます。

こうすることで「歯ブラシは美味しいもの」と思ってもらうのです。

 

歯ブラシが怖くなくなったら

まずは口を閉じたままでいいので

歯ブラシで歯をタッチする練習をし

少しずつこすれるようにしたり

口の奥歯の方まで触れられるように慣らします。

 

それもできるようになったら

あーんをしながら歯ブラシで歯の裏側や

奥歯にタッチできるように練習してください。

 

 

ここまで長い道のりでした…

これをまさか数日で行おうとしないでくださいね(^_^;)

犬が少しでも歯ブラシがイヤだと感じたら

今までの頑張りも水の泡です。

 

とにかく少しずつ

徐々に練習をしていくことが大切です!

確実に慣れたと感じたら次のステップに進むようにしてください。

 

練習の途中で

飼い主さんが集中しすぎて力が入ったり

褒めるのを忘れてしまうことが多いです!

必ずリラックスをして

愛犬を褒めながら歯みがき練習をしましょう(*^^*)

 

 

最初にお話しましたが

犬が嫌がってもダメですが

飽きるのにも要注意です。

歯みがきができるようになった最初のうちは

部分磨きをして数日で全体を磨くようにしましょう!

 

むしろ飼い主さんの方が飽きてしまいそうな歯みがきトレーニングですが

愛犬の健康のためにもぜひ少しずつ練習をしてみてくださいね。

 

▼デンタル用品も充実!ペット用品を扱う通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

3ad84c237c727bba9243f22143fe4de7_s

愛犬の上手な褒め方♪

         

記事を読む

2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?

    愛犬が可愛くて 留守番が心配でたまらない・・・

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

fc61c11390544cbd69b4e21d6a30e505_s

犬の結膜炎とちょっとした目のお話。

    嗅覚や聴覚が私たちよりも良いとされる犬ですが

記事を読む

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s

犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。 そんな犬との外出手段として

記事を読む

cee178f43a53977352e3b3d72d62c234_s

高齢犬・老犬もトレーニングがおすすめな訳とは?

高齢犬・老犬になってまでトレーニング? と思う方も多いですね。 また高齢

記事を読む

8d58fc7eb82cf5c4ca69d1f2e981b9c2_s

犬もヤキモチをやく?

    他の犬と触れ合おうとすると 愛犬がヤキモチをや

記事を読む

d980e717caf0377534822f7eabedb1e3_s

老犬のおむつ活用法!

    老犬になると介護が必要な犬が増えてきます。 ま

記事を読む

e9738e0634cb82f99c399868adbb426a_s

犬の皮膚に健康的なこととは?

    冬は乾燥の季節ですね… 女性の皆さま、お悩みで

記事を読む

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

DSC_0398
愛犬に合ったクレートとクレートトレーニング

  愛犬用のクレートは みなさん持ってい

8c0bdd98c3d25a34fb4b9c541ecc22b6_s
犬が車酔いするときは?

春になると 愛犬と出かける機会も増えるかと思います。

cdd4b94a03f0284794583d2a742b82c3_s
引っ越しなどによる環境変化と犬のストレス

春がどんどん近付く気配がしますね。 3月~4月は引っ越し

DSC_0179
災害から愛犬を守る4つのこと

震災の恐怖は いつ自分の身にふりかかってもおかしくありま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
犬には胴輪と首輪、どちらがいい?

愛犬の命綱ともいえるリード。 これをつないでいるのは

→もっと見る