*

視線をあわすとどうなる?愛犬とのアイコンタクト!

公開日: : 犬のしつけ


db33fab17f5ae2a5d6784762908c8899_s

 

私たちの間では

目を合わせるというのは一種のコミュニケーションですね。

相手と会話をする際は

視線をあわせるというのが一般的です。

 

一方犬たちはどうでしょう?

プイと視線を逸らされるという話もよく聞きますね。

これは私たちの感覚だとそっけなくされたようで

愛犬にされると寂しく感じます(^_^;)

 

しかしこれ、実は一概にそっぽを向かれたという訳ではないのです。

犬はもともとジーっと長時間視線を合わせる生き物ではありません。

というのも、視線を合わせる行為は場合によっては

相手に敵意を示すものだからなのです。

だから私に敵意はないですよ~という意味を込めて

視線をそらすという場合もあると言われています。

 

もしかしたら飼い主さんからの視線が熱すぎて

敵意と勘違いされてしまったのかも?笑

場合によっては、真剣な眼差しをずっと向けることで

犬にプレッシャーを与えてしまっているのかもしれませんね。

 

しかし実は

犬もアイコンタクトによってコミュニケーションをとると言われます。

群で狩りをするイヌ科のグループは

単独で狩りをする傾向にあるグループと比べ

視線を合わせる回数こそ同じだったものの

視線を交わす時間が長いという研究結果があるそうです。

狩りの時など相手に気付かれないよう仲間との連絡に視線が使われている、

・・・とも考えられますよね♪

 

そのように群での狩りの経緯もあってか、

それとも私たち人間とともに暮らすようになったからなのか、

犬は飼い主とも視線コミュニケーションをとる

という研究もされています。

 

 

つまり、

じーーーっと見つめられてしまうと、

本能的に逸らすことも多いかもしれませんが、

実は犬は飼い主さんと視線をあわせることで

コミュニケーションをとっている可能性も高いのです。

 

何かを訴えたい時

犬から見つめられることはありませんか?

名前を呼ぶと

しっぽを振って見つめられたりしませんか?

 

これは私たちが犬とコミュニケーションをとる際に

自然と目をあわせているということや

目線があった時飼い主さんが嬉しそうにしていたなどを

犬が「視線をあわせる=いいこと」と学習している可能性もあります。

 

逆に叱る時ばかり視線をあわせていると

視線をあわせると怒られてしまうと覚え

なかなか目を合わせてくれなくなる可能性もあります(^_^;)

 

 

犬と視線についての研究の話はさておき、

犬とアイコンタクトをとることは

トレーニングによってできるようになります。

(トレーニングというとちょっと固く聞こえますが…)

ここでいうアイコンタクトは

名前を呼ぶことで飼い主の目を見ることができるということ。

そしてそれが犬にとってマイナスイメージではないということです。

 

愛犬とアイコンタクトができると様々なメリットがあります。

それは名前を呼ぶことでまず飼い主に注意を向けることができるため、

コマンドが通りやすくなるということです。

なにかあった時やいざという時、

そして犬が興奮しているのを沈める時など

アイコンタクトができると

まず犬の意識を飼い主に向けられるため

コントロールがしやすくなるのです。

 

また、犬とのアイコンタクトができるのは

愛犬から信頼されている証拠でもあります(*^^*)

 

 

さて、ではどうやってアイコンタクトを覚えるのか。

まずは名前を呼んだら目を合わせることを

良いことだと覚えてもらいます。

名前を呼ぶ→目を見る

これができた瞬間にご褒美を与えます。

 

けして愛犬の目を見ながら叱らないこと。

負のイメージを持たせないことが重要ですよ!

そして、名前を呼んで目をみなかったとき

叱ったり罰を与えるなどするのもNGです。

これではせっかくの名前を嫌いになってしまいます(>_<)

 

しつけやトレーニングで大切なのは

この「褒める(プラスイメージ)」と

「叱る(マイナスイメージ)」の使い方とタイミングです。

ざっくり簡単にイメージを言うと

「褒める」は良くも悪くもその瞬間の行動を増やします。

「叱る」は良くも悪くもその瞬間の行動を減らします。

今回は目線が合うのを「増やしたい」ですよね?

なので名前を呼んで目があった時に「褒める」のです♪

※ざっくりのイメージなのでしつけによってもっと細かい注意点があります

 

名前を呼んだら目があうようになったら

その環境を変えてもアイコンタクトができるようトレーニングしましょう♪

例えばそっぽを向いている時

遊びに集中して気もそぞろな時

外出先で、など

目が合う難易度を上げてもアイコンタクトができるよう

少しずつ練習をしていってくださいね(*^^*)

 

 

いかがでしょう?

たまに、ではなく

常に視線を逸らされる場合は

もしかしたら目を合わせて叱ってしまっていたり、

残念ながら犬からの信頼度がまだ低いのかもしれません。

 

愛犬との信頼関係を深めるためにも

ぜひアイコンタクト、練習してみてくださいね♪♪

 

▼犬のしつけなど、様々な犬情報を発信する通販サイト「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

img_4924s_pic1

愛犬が雷や花火を怖がるときは?

  犬はとても音に敏感な生き物です。 それは私たちよりも優れた聴覚を持

記事を読む

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_m

愛犬のヤキモチ対策!

  愛犬が飼い主さん大好きでべったり♪ というのは 飼い主さんに

記事を読む

DSC_0398

実は重要!犬のクレートトレーニング

  このブログで何度か「愛犬の安心スペース」という話をしたと思います。

記事を読む

IMG_2898

間違えやすい?愛犬の上手な褒め方!

  みなさんはどのように愛犬を褒めているでしょう? しつけにおいて、「

記事を読む

dc55cbd466453cb605eabdf6a5fa8d32_s

愛犬とドッグカフェで上手に過ごすには?

  犬と一緒に訪れることができる施設が増えましたね。 その代表

記事を読む

3ad84c237c727bba9243f22143fe4de7_s

愛犬の上手な褒め方♪

         

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

220c1179b3525cb9f562fac7d25e87d0_s

高齢犬・老犬のための室内トイレトレーニング

  前回の記事で 明日ご紹介と言っていたのに 遅れてしま

記事を読む

DSC_0340

愛犬がお留守番上手になるしつけ

  ご家庭によっては 1日中家に人がいるわけではない… というご

記事を読む

IMG_3475

お留守番中に愛犬がイタズラ?それは分離不安かも!

  可愛くて大好きな愛犬とは 片時も離れていたくない! お出かけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>