*

犬とクリッカーの上手なお付き合い♪

公開日: : 犬のしつけ


3733a9cdc12cf597e5cb2c36d9e36529_s

 

クリッカー…

これが何か分からない方も多いと思います。

いわゆる犬のトレーニングで利用されるアイテムなのですが、

簡潔に説明すると

「これだよ」と犬に教える合図を送るアイテム♪

…と、いってもピンとこないですよね(^_^;)

 

▼ペットベリーのクリッカー▼

pgrna133c1_2

クリッカーは上のような形のアイテムで

通常ボタンのようなものが1つついてるはずです。

これを押すことで「カチッ」と音がなります。

そう、この「カチッ」という1つの音を出すだけのアイテム。笑

しかし、これが重要なのです!

 

私たちは犬とのトレーニングの際に

犬が私たちが求めた行動をとったとき

「褒め」の言葉と場合によっては「ご褒美」を与え

「その行動が良かった」と伝えますよね。

しかし簡単に聞こえてこれが難しい。

なにしろ犬にとっては褒められた瞬間が大事なので

その瞬間がずれてしまえば

私たちが褒めたと思った動作と

違う動作を「褒められた」と勘違いしやすいのです。

 

と、いっても

その瞬間にすぐに褒めるって難しいですよね。

声で「良し」ということは瞬間にできますが、

しかし人の声というものはその時によってトーンも違いますし

声の大きさや高さによって多少変化してしまいますよね?

そのため犬に確実に伝わらない場合もあります。

 

またご褒美で褒める場合は更に

コマンドが出来る→褒める→ご褒美をあげる

この流れでタイムロスが生じてしまいます。

こうなると犬はどの時点で褒められたのか

いまいち分からない…という場合が多いのです(>_<)

 

上記の説明ではピンとこないでしょうか?

では私たちに置き換えてみましょう!

人から「今のよかったよ!」と、褒めていただけたとします。

…が、今のセリフだけだと

「どれがよかったですか?」

と聞き返すことが多くないでしょうか?

一方で

「あそこのあれが良かったよ!」と言ってもらえれば

一発で何をほめていただいたのかわかりますよね♪

犬も同じなのです(*^^*)

 

ただ、残念なことに犬には

私たちの言葉を正確に理解することはできません。

あそこのあれが良かった…は通じないのです(_ _;)

 

そこで活躍するのがクリッカー!

クリッカーは常に「一定の音」であるため、

「それ!」というピンポイントの動作を教えるのに適しています(*^^*)

しかも日常でありふれた音ではない(慣れていない音)ので、

反応しやすいという利点もあります♪

この「聞き覚えのない音」が「一定の合図」となるのは

犬にとってはとてもわかり易い目印となってくれるのです!

 

 

さてここで重要になってくるのは

クリッカーの音=褒められた

という結びつけをしっかりすること♪

この音が褒められたとわからなければ

もちろん鳴らしても褒めたことにはなりませんからね(^_^;)

 

と、いうことで

まずはクリッカーの音を好きになってもらいましょう!

方法は単純で

クリッカーを鳴らすと同時にご褒美を与えます。

これを繰り返すことで

クリッカーの音=ご褒美

と犬が覚えるのです(*^^*)

 

犬がクリッカー音をご褒美と認識したかを見分けるのは

犬がご褒美を持つ手ではなく

クリッカーを押す手を見るようになったら

クリッカー=ご褒美と認識した証拠です♪

ここからクリッカー音を「褒め」として利用できるようになります。

 

 

では例えば「アイコンタクト」を教えるのに

クリッカーを利用したとしましょう。

 

まずは犬の名を呼んで目を見たら

視線があった瞬間にクリッカーを鳴らし、ご褒美を与えます。

(クリッカー音が鳴った時点で褒められたと認識しています)

名前を呼んでも視線があわない場合は

最初はオヤツなどで誘導しながら目が合うようにして

視線があったらその瞬間にクリッカーを鳴らすようにし

徐々に名前を呼んだ時に視線があうようにしていきます。

 

…とはいえ、ずっとクリッカーを鳴らし続けるわけにもいかないので

名前を呼んだら目を見てくれるようになったら

クリッカーの頻度を徐々に減らしていきましょう。

クリッカーを鳴らさない時は音の代わりに

優しく声掛けによる「褒め」をしてあげて

徐々にクリッカー無しでも目が合うようにします。

 

 

クリッカートレーニングで大切なのは

クリッカーを鳴らす回数は1回ということと

鳴らした後にご褒美を与えるということ♪

 

クリッカートレーニングの良い点は

犬が「どうすればクリッカーが鳴ってご褒美がもらえるんだろう?」

と自分で考えて行動すること!

犬にとってこれは遊びの一貫なので

楽しくトレーニングをすることができるのです(*^^*)

 

 

またもう1つ大切なのは【トレーニングの時間】

頭を使うのは犬にとって楽しくて大切なことですが

しかし長時間すれば集中力もきれてきます(^_^;)

なので1回に長時間トレーニングをするのではなく

1回は5~10分くらいにして

2回目を行う場合は

間隔を充分にあけて脳を休憩させてからにしましょう♪

 

実は何時間も通してトレーニングするのは

覚えた内容を忘れやすいので非効率!

そもそも1日で覚えさせようと考えるのはNG…

何日かかけて、愛犬と遊ぶ感覚で

少しずつトレーニングをしてくださいね♪

 

実はこの頭を使うということは

高齢犬や老犬にとっては脳の活性にもなり

感情の起伏もうまれるため

ボケ(痴呆)防止にはとても効果的なのです♪

ぜひぜひ、愛犬のトレーニングに

クリッカーを取り入れてみてくださいね(*´∀`*)

今日もありがとうございました!

 

▼クリッカーもご用意しています!ペットベリー▼

ペットベリー本店

関連記事

220c1179b3525cb9f562fac7d25e87d0_s

高齢犬・老犬のための室内トイレトレーニング

  前回の記事で 明日ご紹介と言っていたのに 遅れてしま

記事を読む

4361657908_452837299a_o

愛犬のトイレのしつけポイント♪

  愛犬の躾で困ってる方の多くが トイレの躾でのお悩み… どうし

記事を読む

IMG_3475

お留守番中に愛犬がイタズラ?それは分離不安かも!

  可愛くて大好きな愛犬とは 片時も離れていたくない! お出かけ

記事を読む

sigone_02

愛犬の歯みがき練習

  犬も毎日の歯みがきがとても重要! 犬は歯垢が歯石へと変わるのが早く

記事を読む

img_4924s_pic1

愛犬が雷や花火を怖がるときは?

  犬はとても音に敏感な生き物です。 それは私たちよりも優れた聴覚を持

記事を読む

dc55cbd466453cb605eabdf6a5fa8d32_s

愛犬とドッグカフェで上手に過ごすには?

  犬と一緒に訪れることができる施設が増えましたね。 その代表

記事を読む

DSC_0034

愛犬が分離不安になってしまったら?

  前回、愛犬の分離不安についてご紹介しました。 今日はもし愛犬が分離

記事を読む

00c7641ab6c2ba3724635005ab49fab4_s

老犬と難聴、上手な付き合い方

    愛犬が歳をとり 高齢犬・老犬になっていくにつれ

記事を読む

IMG_2866

理由もなく噛む犬はいない!!

  人を数人噛んでしまった犬が殺処分となる 悲しいニュースがありました

記事を読む

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_m

愛犬のヤキモチ対策!

  愛犬が飼い主さん大好きでべったり♪ というのは 飼い主さんに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>