*

留守中の犬のいたずら、分離不安かも?


2c26236df2f2b6ec3581e687a43f2b50_s

 

 

愛犬が可愛くて

留守番が心配でたまらない・・・

片時も離れたくない!

そんな飼い主さんの心情はわかります!

 

 

・・・が、

 

 

間違えると

犬が飼い主依存症になってしまい、

後々、いろんなトラブルの原因となる危険性があります!

それは最終的には犬のストレス

飼い主さんの負担にも繋がるので

注意が必要です!!

 

 

 

そのサインの1つとして

飼い主の留守中にいたずらをする犬がいます。

 

 

 

例えば

帰宅すると家が荒らされていたり、

普段は大丈夫なのに

留守中だけトイレを失敗したり、

飼い主さんが離れている間

ずっと吠え続けたり、

留守中だけ自傷行為をしてしまったり・・・

 

 

 

これらに共通して言えるのは

飼い主さんがいないところでトラブルを起こすこと。

これが「分離不安」の症状です。

 

 

 

この分離不安になるのは

犬の性格というよりも

飼い主が犬に構いすぎることが原因。

 

 

 

しかもやっかいなのが

犬が可愛くてしかたなくて

愛犬と信頼関係を築きたくて必死な場合や

責任感が強くて一生懸命な飼い主さんの場合

愛犬を分離不安にさせてしまうことが多いのです(^^;

 

 

 

愛犬への愛情があることが原因になりやすいとは

分離不安とはとてもやっかいですね・・・

 

 

 

よかれと思って過剰に世話をしたり

過保護に飼育してしまうと、

犬の自立を妨げてしまいます

すると飼い主と離れるだけで

犬が不安でたまらなくなってしまう・・・

そのため不安やストレスから問題行動を起こす

分離不安になってしまうのです(>_<)

 

 

 

私がなんでもしてあげなくては!

私がいないとダメだから!

というお世話はよくないということですね・・・

 

 

▼寂しさ、ストレス緩和の犬用アロマ「ミッシング・ユー」▼

0000000018242

留守中にケアしてあげられない、

留守番時の寂しさやストレスを緩和するためのブレンド!

コンセントにさすだけなので楽ちんペットアロマです♪

 

 

 

愛犬が分離不安にならないためには

いくつかポイントがあります。

 

 

 

たとえばお出かけをする際に

ついつい「待っててね」という思いを込めて

過剰に触れ合いたくなりますし、

帰宅したら「寂しい思いさせてごめんね」と、

これまた過剰にスキンシップをとりたくなります。

 

 

・・・・が!!!

 

 

ここはグッとこらえましょう。

出かける15分前からは

あまり愛犬とは関わらないようにし

できるだけあっさりと外出をします。

そして帰宅したら

愛犬が落ち着くまでかまわずに無視をするのです。

 

 

可哀想に見えるかもしれませんが、

飼い主さんの外出、

飼い主さんと離れることが

犬にとって「特別」であると

なるべく認識させないようにするのです。

 

 

 

その他に、

外出前に決まった行動をとらないようにし、

行動パターンがよまれないようにするのもポイントです。

外出前にコートを着るとか

飼い主さんが出かけることを察知しにくくすることで

犬がハプニングに動じにくくなります!

 

 

 

そして子犬の頃から社会科をさせるというのも

大事なポイントの1つです。

生後3か月までに、

なるべく多くの人や犬と触れ合わせ

様々な環境へと連れて行き、

色んな音やにおい、ものに触れ合うことで

犬が社会を学び、

突然の刺激にパニックを起こしにくくなります!

 

 

 

もう生後3か月を過ぎてしまったし

分離不安の行動を起こしてしまう・・・

そんな場合も諦めてはいけません!

 

 

分離不安は治ります!!

 

 

治す方法については

次回の記事にてご紹介します♪

まずは、

愛犬がもしいたずらをするなら

それはどんな時なのか?

もしかして飼い主さんがいないときだけではないのか?

その場合は分離不安の可能性があります。

分離不安が原因なら

そのいたずらは叱っても直らない可能性が高いです!

 

 

 

分離不安って

愛犬を可愛がっている場合に起こりやすいので

なんだか悲しいですよね・・・

しかし「なぜ」なってしまうのかを理解すれば

きっと素敵な信頼関係を築けるはず!!

ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

▼愛犬との暮らしを楽しむ通販「ペットベリー」▼

ペットベリー本店

関連記事

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

老犬のブラッシングと注意点

      愛犬のシャンプーやグルーミングは

記事を読む

IMG_2866

理由もなく噛む犬はいない!!

  人を数人噛んでしまった犬が殺処分となる 悲しいニュースがありました

記事を読む

439939886_c9202633b9_o

犬もしゃっくり??

    なんか愛犬が奇妙な鳴き声をあげてる?! …あれ

記事を読む

2c78dc6d33514602258b323afe55d00c_s

交通事故から愛犬を守るのは??

    犬にだって交通事故の危険はありますね。 どんな

記事を読む

582e53fcb0f9141774668061bf33cfab_s

犬はなぜ、夏においやすい?

      最近お天気が微妙な日が続きますね

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_l

犬のあまがみ・噛み癖、どうすればいいの??

  仔犬の時の噛みはそんなに強くもないですし 痛痒いくらいで見過ごしが

記事を読む

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

老犬介護の仕方

  ペットの医学も発達し、 特に犬の平均寿命はのびています。 ペ

記事を読む

3f774b4a9e201e949c2c917c4d9602d0_s

犬も筋肉痛になる

    人は激しい運動をすると 多くの方が筋肉痛になり

記事を読む

46d918e2ce13f81fbb2c4a2ea5588274_s

人とは違う?犬の妊娠と出産について

  犬も私たちと同じ哺乳類なので お母さんのお腹から産まれてきます。

記事を読む

6620ff719af3d45190fbb573d2fdf815_s

春に気を付けたい犬にストレスがかかる特徴

  地域によっては とっても暖かくなってきましたね。 むしろすで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ebe8631a5cd4c9c31cacce96da7bc517_s
犬にアルコールの危険性!

お酒は20歳になってから・・・ 子供にお酒はダメなのと同

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s
犬と梅干し、中毒は起こさなくてもここに注意!

日本の食卓で大活躍する「梅干し」 実は栄養面でとても優秀

27e3361b77682721c6e3a52a50f5faf5_s
犬の家シャンプー、顔の洗い方は?

温かい季節や暑い季節は 湯冷めになる心配も少ないですし

8e5046858720b5be926a5a89943908ca_s
犬にとっても大切な「肝臓」の病気

愛犬の健康のことは気になりますが 意外と臓器のことまでは

e36b938d8543a60c787f2f73b0a1b5a9_s
犬にお米っていいの?悪いの?

日本人の主食となるお米、 昔は犬のご飯といったら

→もっと見る